Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  今日の出来事 >  去年の残り作業

去年の残り作業

皆様、あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

新年も始まって9日となりますので、いまさら~あけまして~では有りませんが。。。
今年は、1/5(月)が仕事始めでしたが、新年初日からレッカー入庫が3台。昨年からの部品未着でお預かりが6台。トラブルシューティングの続きが4台と、正月気分を味わえずに年を越したわけであります。
また、PCが何者かに乗っ取られたかのように、思った通りの作動をせず、ネットのブラウザとメールソフトが意味不明の動きで少々困りながらの年明けでもあります。

さてさて、年末はトラブルシューティングが相次ぎ、1台ずつにかかりきりで、ブログのUPも中途半端となりましたので、去年UPできなかった作業を書かせて頂きます。




DSC_3653.jpg

O様のメルセデスベンツW211がATF交換のご来店でした。


DSC_3649.jpg

DSC_3650.jpg

DSC_3651.jpg

作業の手順としては、ほとんどのクルマが同じです。
ATFを排出して、フラッシングをし、ストレーナー(フィルター)とオイルパンガスケットを交換し、ATFの充填。
定期的な交換で、スムーズなシフトフィーリングを味わえることは、BMWに限らずメルセデスベンツも同じです。


DSC_3652.jpg

追加作業で、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)もご依頼頂き、ミッションだけではなくエンジンもスルスル化となりました。




DSC_3665.jpg

Y様のE87は、12ヶ月点検及びその他作業です。
エンジンを軽くするため、WAKO'S RECSのご依頼を頂きました。

DSC_3666.jpg

ミッションオイルの交換もご依頼です。
かなりの鉄粉ですね。
走行条件によって、ミッション内部の摩耗が進行しているクルマがあります。
定期的な交換は、機械の保護につながります。




DSC_3657.jpg

BMW E39でご来店のK様、WAKO'S RECSを時間をかけてじっくりと施工。
というよりも、洗浄力を高めるため、規定量の1.5倍に増量して作業をしますので、かかる時間も1.5倍です。


DSC_3658.jpg

その後、Injector Flushとインテーククリーニングを洗浄液Wでご依頼頂きました。
終わったら夜でした。
お帰りは、トゥルっトゥルに回るエンジンとなったことでしょう。




DSC_3631.jpg

E60-M5のA様、BOSCH製のSDLを使用したフットワーク診断でご来店でした。


DSC_3633.jpg

フロントのサイドスリップを測定してサスペンションテスト。


DSC_3635.jpg

次にフロントのブレーキテスト。


DSC_3637.jpg

リアのサイドスリップを測定してサスペンションテスト。
リアのサイドスリップ測定、実は重要だったりします。


DSC_3638.jpg

最後に、リアブレーキのテスト。


結果はこちら。。。

img004_20150111083546451.jpg


こちらの車両、ブレーキは前後ともにブレンボを装着していますが、ちょっと制動力が落ちています。
また、リアのサイドスリップが8mmと、インに入りすぎですね。
アライメント調整をやると、直進性を残しながらタイヤの偏摩耗を防ぐことができます。


img005_20150111083615f94.jpg


前後ともに、ブレーキのグラフで波打つ部分があります。
パットとローターの当たり面に偏摩耗が出ています。
リアハブベアリングも摩耗気味ですね。


img006_20150111083648c03.jpg


左前のショックアブソーバーが、右と比べると仕事をさぼりがちです。

リアは、左右ともに路面粘着率が40%くらいまで落ち込んでいます。
13Hzあたりから18Hzまでの落ち込みが少し激しいですね。
左は少し動きが固めです。


img007_20150109084344ec4.jpg

コーナーウェイトバランスは良いですね。
クロスウェイトが15kgの差ですので、バランスがいいと思います。

SDLで診断すると、目視ではわからない事が次々と見えてきます。




DSC_3667.jpg

M様のE92-M3は、12ヶ月点検やDCTフルードの交換でした。


DSC_3669.jpg

すでにオイル漏れが始まっていました。
走行距離が5万キロ半ばですので、ちょっと早いですね。


DSC_3671.jpg

DCTフルードクーラーラインからの漏れでした。
クーラーラインの交換は、ミッションを下ろす作業が伴います。
少し大がかりです。


DSC_3672.jpg

フラッシングしたりして、オイルパンを外します。


DSC_3675.jpg

左が新品のストレーナー、右は取り外した旧品。


DSC_3676.jpg

左が旧品のオイルパンのマグネット。
右の新品と比較すると、どれだけ内部が摩耗しているかがご理解頂けると思います。
こういうクズは、ミッションの中に溜めていても良いことは何もありません。
定期的なフルード交換で、排出することで機械の保護につながります。


DSC_3677.jpg

交換の際のDCTフルードは、Power Cluster製をお勧めしました。
M-DCTの新油と旧油を分析し、最適なフルードをブレンドしてあります。




年内納車直前で、車両移動中にクラッチペダルが床に張り付いてしまったO様のポルシェ964。
急ぎ部品を調達し、なんとか年内納車が完了しました。
冷や汗かきました・・・

DSC_3656.jpg

マスターシリンダーの不良でした。
簡単な場所についてますが、ちょっとだけ時間がかかります。


DSC_3655.jpg

下が新品です。
上の旧品は、ブーツからクラッチフルードが漏れています。

他に、レリーズもグラグラだったので同時交換となりました。




預かり作業の進捗状況は、いずれ書ける時に書かせて頂きます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。



http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト
[ 2015/01/09 08:56 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(1)
Re: タイトルなし
135i乗り様

ご指摘、ありがとうございます。
急ぎ、直させて頂きました。

SDLは、単純に見ると測定装置ですが、道具の使い方を考えると、
様々なことがわかってきます。
是非、ご利用くださいませ。


> いつも楽しく拝見しています。
> 一部の画像で、車体番号とナンパーが表示されたままになっているのを見つけたのでコメントしました。
>
> 興味深い内容で、SDLもっている所でこのような情報を公開しているのは見たことないですね。
> 次の点検でやりたいと思います。
[ 2015/01/11 08:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです