Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  サス・ショック・ブッシュ・アライメント・足回り >  フットワーク診断 SDL

フットワーク診断 SDL

先月、BOSCHのフットワーク総合診断マシーン"SDL"を導入した事をお伝えしました。
その後、使用方法や分析結果の見方などのトレーニングを積み、少しずつですが稼働しております。

メニュー化も進み、

http://www.stella-motors.co.jp/maintenancemanu/sdl/sdl.html

HPにもUPしました。

さて、"SDL"では、具体的に何がわかるか。

導入後、N様がBMW アクティブハイブリッド3で早速ご来店くださいました。
走行距離は1011kmとほぼ新車です。
BILSTEIN B16を取り付けて間もない状態です。
少しバタバタ感があるそうです。


DSC_3466.jpg

最初に、フロントのサイドスリップテストです。
こちらは、車検時にも検査コースの一番はじめにあります。
1m進む間に、タイヤがどの程度の横滑り量かを測定します。
アライメントで言うトーを測定するわけで、単純にトーの測定といっても構成する足回りパーツの状態によっては、キャスター角の異常からトーに影響を与えるケースもあります。


DSC_3467.jpg

次にサスペンションテストが待っています。
ショックアブソーバーの機能を診断し、勘や定説に頼らない適切なショックアブソーバーの交換時期がわかります。
また、ショックアブソーバーの働きをグラフで確認できますので、減衰力調整式ショックアブソーバーの調整が、ダイヤルの数値に頼らない正確な状態となります。
コーナーウェイトバランスを測定しますので、車高調キットの適切なセッティングが可能です。
路面粘着率が数値化されますので、車両安定性と安全性を高めることができます。
足回りの異音測定により、走行時の異音発見にもつながります。


DSC_3468.jpg

その後、ブレーキテストです。
前後左右のブレーキの効きバランスがわかりますので、適切なブレーキメンテナンスが可能です。
ローターの振れや歪みがグラフ化されますので、ローターの偏摩耗やキャリパーのピストンが固着しているかなど、非分解で診断できます。
ハブベアリングの振れをテストしますので、勘に頼らない適切なメンテナンスが可能です。

という能書きはHPにも書いておきました。

この作業を、前輪が終わったら後輪の診断へ移ります。


調整前の診断結果は下記の通りです。

img3477.jpg

このグラフは、ブレーキテストの結果です。
さすが新車ですね、左右に差が無くきれいにブレーキが効いています。


img3478.jpg

こちら、サスペンションテストです。
前輪と後輪の重量バランス、フロントが921Kgでリアが937kg、さすがの重量配分ですね。
ウェイトバランスを見ると、
左前 425kg 右前 496kg
左後 448kg 右後 489kg
もう少し揃えたいなと、考えましたが。

ちょっと気になったのが、一番下のグラフ。路面粘着率です。
左側のグラフの前輪側。
赤と緑の折れ線グラフで前輪の路面粘着率が記されています。
赤は右で翠が左。
5Hzから10Hzまでの間は、ほぼ揃っていますが、12Hzを超えたあたりから差が出始めています。
5Hzから12Hzくらいまでは、一般道を走行している状態の効きと言いますか、大きな振動を与えている状態でどれだけショックアブソーバーが路面に追従しているかを表しています。
高速になるにしたがって、左右に差が出ています。
これは何とかしたいところですね。

BILSTEIN B16が装着されていますので、減衰力調整が可能です。
ちなみに、最初の診断時の減衰力ダイヤルは、
左前 Lv6 右前 Lv6
左後 Lv6 右後 Lv6
という調整でした。

で、いろいろと試しての結論は下のグラフです。


img3480.jpg

まず一つの結論を言いますと、車高を多少いじっても、コーナーウェイトの劇的な変化はありませんでした。
なので、車高は元の状態でベストということになり、戻してあります。

で、減衰力調整はなんと、
左前 Lv6 右前 Lv4
左後 Lv2 右後 Lv4
という調整でグラフが揃ってしまいました。

いやいや、これはビックリでしたね。
今までは、ダイヤルで合わせて完了していたのですが、かなりの衝撃でした。
とは言っても、こうなることは半分は想定していました。

今後は、ダイヤルに頼らないセッティングで送り出すことができます。


ひととおりの作業を終えて、アライメント測定/調整となりました。


DSC_3476.jpg


もっと足回りにこだわりたいと痛感しております。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです