Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  ブレーキ >  ALPINA B3 ブレーキオーバーホール

ALPINA B3 ブレーキオーバーホール

ALPINA B3にお乗りのO様。
・バックしてステアリングを切ると音が出る
・ブレーキ鳴きがある
・通常走行で鈴虫が鳴く様な音が聞こえる
などの症状でお預かりしました。

いろいろと点検しまして、ブレーキの引きずりなどが原因の様でした。


DSC_2998.jpg

走行会に参加され、その後に症状が現れたとのことでした。


DSC_2999.jpg

DSC_3000.jpg

前輪側はそうでもないのですが、後輪側はアームなどに少し錆があったりして、ここらへんがポイントかとも考えました。


DSC_3001.jpg

四輪ともブレーキキャリパーを取り外します。


DSC_3004.jpg

分解して、キャリパーシールとダストブーツを交換です。


DSC_3005.jpg

エアの圧力を利用して、ピストンを押し出します。


DSC_3006.jpg

シールは少し痩せて、ピストンの動きに影響が出始めていました。
このゴムの力で、油圧で押し出されたピストンを戻します。


DSC_3007.jpg

ダストブーツは、ピストンとキャリパー内部に、ゴミや水分が入らない様になっています。


DSC_3008.jpg

ブレーキって意外と簡単な構造になってます。
複雑な構造だと、トラブルを起こした時に重大な事故につながることが考えられますので。。。


DSC_3009.jpg

フロント側のピストンは、キズはほとんど無く、磨いてその後にブレーキの効きが良くなる魔法の液体を塗布して組み付けです。


DSC_3010.jpg

で、組み付けてダストブーツを取り付けます。


DSC_3012.jpg

フロントで使用したシール類はこちら。


DSC_3014.jpg

問題有りはリア側でした。
左右とも、キャリパー内部に錆が出始めていました。
この程度なら、丁寧な研磨でどうにかなってしまいます。


DSC_3016.jpg

フロントとリアでは、ピストンの材質が違うのですが、それにしても少しリアは汚れが激しい状態でした。


DSC_3018.jpg

洗浄すると、ピストンが錆びてますからね。


DSC_3020.jpg

錆を落として、きれいに磨き上げると、この状態まで復活できました。
磨きすぎるとコーティングが落ちてしまいますので、微妙なところまでゆっくりと時間をかけてやります。


DSC_3021.jpg

その間に、キャリパーの汚れを落として化粧直しのシルバーを吹き付けます。


DSC_3023.jpg

ブレーキパットは、DIXCELのサーキット対応。
今年に交換したばっかりで、まだまだ山高し。


DSC_3024.jpg

パット表面に、効きが良くなる物質を擦り込んで、1時間くらい乾かします。


DSC_3025.jpg

汚れているスライドピン。


DSC_3026.jpg

洗浄してグリスを塗ります。
キャリパーの動きがスルスルになります。


DSC_3031.jpg

パットの表面が乾いたら、キャリパーに組み付けます。


DSC_3032.jpg

DSC_3033.jpg

前後とも、キャリパーを化粧直しして、新品みたいな色になっております。


DSC_3028.jpg

ブリーダーポンプを取り付けて、ブレーキラインのエア抜きをしながらブレーキフルードを充填します。


DSC_3029.jpg

BOSCHの診断機"KTS"を接続して。。。


DSC_3030.jpg

ABSユニットを作動させながら、一輪ずつ順番にエア抜き作業となります。


作業完了後、テスト走行でブレーキの効きと異音が消えていることを確認して納車となりました。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2014/09/26 12:51 ] ブレーキ | TB(0) | CM(1)
こういう記事いいですね。
[ 2014/09/26 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです