Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス >  暗電流

暗電流

BMW320i(E46)にお乗りのT様。
バッテリー上がりでご来店でした。

最初の症状は、昨年の車検時期にバッテリー上がり。
バッテリーとオルタネーターのテストを実施して、バッテリーがお疲れ状態でしたので交換して対処。
オルタネーターは13.8Vの電圧を出してますのでノープロブレム。

年を越して、再びバッテリー上がり。
その後、月一でバッテリーが上がり、最近では2~3日もバッテリーがもたないとの事でした。
あらためてバッテリーとオルタネーターのテストをしてみましたが、数回上がったバッテリーは、補充電でビンビン状態に復活します。ちなみにBOSCH SILVER Xバッテリーです。いやいや、強いバッテリーですね。
オルタネーターテストでも、全く問題は見つかりません。
そうなると、「暗電流」の疑いがとなります。


DSC_2414.jpg

暗電流の発見には、BOSCHのスペシャル診断装置"FSA"が活躍します。
連続最大24時間のバッテリー電圧と消費電流を測定でき、しかもグラフ表示で記録することが可能です。
通常のテスターや診断機では、瞬間的な事しかわかりません。


DSC_2416.jpg

このような感じで、ひたすら記録し続けます。
"FSA"をセッティングして、電流が下がってくる状態を確認できます。
最初は、室内灯やトランクの照明が点灯していますので、2~3Aの電流を使用していますが、15分ほど経過すると次第に電流値が下がってきます。
まだコントロールユニット類で電気を消費していますので、0.5A~0.8Aほど電流値が出て、1時間も経過すれば0.05Aを下回ってきます。
写真は17分58秒の時点です。
結果は、1回目の測定では0.008Aまで電流値が下がり、全く問題が見あたりません。
電装品のメモリーバックアップ程度の消費ですね。
2回目の測定では、最大で0.04Aの消費が確認できました。が、ギリギリでセーフです。
基準では、0.05Aを超えた場合は疑い有りなんですよ。

その他、単発テストを数回行いましたが、異常は見あたりません。
よくあることなんですよね、お預かりすると異常が出ない・・・

その他、お預かり時に問診で、エンジンを停止して15分くらい経過してから、エアコンの風がなんとなく出ている状態があったそうです。
たしかに、エアコンのブロアレジスター不良で、気づかない時に送風していてバッテリーが上がる症状はあります。
できれば、診断中に確認したかったところです。

お預かり中に、エアコンの風量が不安定である症状は確認できましたので、T様にお話をし、原因であるブロアレジスターの交換作業のご依頼をいただきました。

これで全てが解決できれば結果往来となりますが。。。


他に、エンジンオイル漏れがありましたので、オイル漏れ修理をして納車となりました。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです