Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス >  ヒューヒュー音の解消 BMW330Ci 12ヶ月点検とBSP 

ヒューヒュー音の解消 BMW330Ci 12ヶ月点検とBSP 

H様が12ヶ月点検とBSPでご来店くださいました。
ひととおり点検し、以前から気になっていたヒューヒュー音の解消も目的でした。


01DSC_2015.jpg

つい、手をつけやすいところから作業をしてしまいがちですが、まずはロボコンから着手しました。
もともと、冷えは悪くないエアコンでしたが、ガス量の減少でやや甘い効きですね。


02DSC_2014.jpg

ロボコンの後は、いつも通りのパワーエアコン注入です。
パワーエアコンは、洗浄分散性が高く、配管内の汚れを一カ所に留まらせることなくガス全体に分散させ、エキスパンションバルブやエバポレーターを詰まらせない役割があります。


03DSC_2046.jpg

作業を進めると、ファンベルトの劣化とテンショナーのガタ、ウォーターポンプからの冷却水漏れがありました。


04DSC_2052.jpg

また、アイドルアクチュエーターの内部コイルの劣化から、数値の乱れが出ていました。


05DSC_2053.jpg

冒頭に書きましたヒューヒュー音は、よく聞くと二種類の音が出ていて、ひとつがインマニ内部から音が響いています。
ここらあたりの音の解明は、共鳴してわかりにくく、一カ所ずつパーツをはずして音を探ることもできない難しい部分です。
インマニからの音は、走行中にエンジン回転が上昇するにつれて聞こえてきます。
もうひとつの音は、別の作業で解消となりますが、後に書きます。


06DSC_2059.jpg

07DSC_2063.jpg

08DSC_2065.jpg

09DSC_2067_201407010001196f5.jpg

リアの足回りでは、ブッシュ及びボールジョイントの劣化が目立ち、走行性能にも少し影響が出ていたようです。
E46の作業では、毎週のように入庫があり、やはりガタや亀裂によって走りにくさを感じている方が多い部分です。
フロントのブッシュやロアアームは、症状がわかりやすくご指定での交換後依頼が多いのですが、車両の直進性のほとんどを決定するのがリアのブッシュ類と思って頂いてもいいでしょう。


12DSC_2088.jpg

ラムダセンサー(O2センサー)も、交換時期が近くなっていました。
ラムダセンサーの判定基準は、きちんと指標がありますので測定して良否の判定をします。


14DSC_2104.jpg

ブレーキマスターシリンダーの奥の方にある部分、DSCプレッシャーセンサーでエラーが入力されていました。
左ハンドルのクルマは、特に手が入りにくく作業に難儀します。難儀すると言うことは、作業を慎重にということの裏返しですね。


16DSC_2137.jpg

17DSC_2135.jpg

BSPのご依頼も同時にいただいています。
BOSCH製の診断機"KTS"を使用して、コントロールユニット診断をします。
新しい車種ほど、各部をコンピューター制御としていますので、気づかないエラーがクルマの動きを妨げていることがあります。


18DSC_2139.jpg

排ガス測定から、エンジンの燃焼状態をモニターし、エラーとして記録されないわずかな不具合をあぶり出します。


19-2DSC_1984.jpg

最後に、BSPのメニューのひとつであるアライメント測定・調整で完了となりました。


スケジュールの関係から、一度納車をして再びご入庫いただき、ヒューヒュー音のもう一つの原因を改善しました。


20DSC_2347.jpg



もう一つのヒューヒュー音は、診断の途中でわかったものですが、原因はオルタネーターのベアリングでした。
シャラシャラ音が出ていることが多いですが、今回はヒューヒュー音となって耳障りなアイドリング音となっていました。


21DSC_2348.jpg

リビルトオルタネーターに交換して、いやな音から解放されました。



E46やE39は、車体の外観がしっかりしたクルマが多いですので、クルマの経年劣化気づきにくいですが、実は診断をしていくと思わぬ部分の不具合が見つかります。
まとめて手を入れると、気づいたらビックリする金額になりますので、まずは点検をしてメンテナンスの計画を立てていくことが長く乗る秘訣かもしれません。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです