Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  エンジン >  メンテナンスいろいろ

メンテナンスいろいろ

4月になると少しは落ち着くかと思ってましたが、相変わらずのドタバタぶりです。
ブログも、少し時間が空いてしまうと書くきっかけが無くなりますね。

毎日、さまざまなメンテや修理が入ってきます。




DSC_1466.jpg

DSC_1467.jpg

E46のO様は、Injector Flushとインテーククリーニングのご依頼でした。
どちらも、ピンポイントでの洗浄ですので、施工後の効果はわかりやすいです。




DSC_1375.jpg

Y様のアルファ145もInjector Flushです。
このあたりの年式になると、堆積した汚れも多く、お帰り時の違いがハッキリするのではないでしょうか。




DSC_1496.jpg

F様の135iにビルフラの施工でした。
スラッジが溜まってからのビルフラも効果がありますが、クルマが新しいうちに施工しておけば、定期的なメンテナンスで良い状態が続きます。




DSC_1462.jpg

DSC_1464.jpg

A様は、アルファ156にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンとWAKO'S RECSの施工でご来店くださいました。
10万キロを超えたエンジンですので、コンディションを取り戻すためには最適なメンテですね。




DSC_1362.jpg

A様のX5は、エンジン警告灯点灯で入庫でした。
エラーコードを読んで、諸々の処置をしました。
その後にRECSの施工ですが、思うところがありましてインテーククリーニングの機材を使用してRECSでした。

DSC_1363.jpg

その後、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでオイルラインを洗浄し、Power Cluster BiLENZAを入れました。

納車後、エンジンが激変したとのご連絡を頂きました。




DSC_1491.jpg

DSC_1492.jpg

S様のE90-320は、エンジン不調及び警告灯点灯での入庫でした。
"当店"では、頻繁に入庫するトラブルです。
原因は何かと言いますと、エンジンオイルの劣化です。
オイルフィラーキャップに堆積したスラッジでわかるとおり、エンジン内部のいたる所がこのような状態になっている事が推測できます。
今回はエンジンを開けて見てないですが、ビルフラ導入前はエンジンを分解して洗浄したこともあります。
オイル交換を2万キロごとなどは、ちょっと無理がありますね。


DSC_1493.jpg

このような状態のクルマは、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンで回復を図ります。


DSC_1495.jpg

DSC_1494.jpg

スラッジが溜まると何でエラーが入るかと言いますと、例えば今回のケースの場合、写真上の穴に写真下のVANOSソレノイドバルブが装着されているのですが、オイル通路をスラッジが塞いでしまって、VANOSソレノイドが動けない状態になります。
動けない状態で、無理に動こうとしますので、内部が故障してしまうわけです。

こうなってからでは遅いですよね。




DSC_1354.jpg

Y様がGOLF GTiで進化剤の施工にご来店くださいました。

名前は怪しさ満点ですが、効果あります。




DSC_1484.jpg

Y様が、アルファ156で進化剤の施工にご来店くださいました。

名前は怪しさ満点ですが、効果あります。




DSC_1485.jpg

T様が、GOLF TSIで進化剤の施工にご来店くださいました。

名前は怪しさ満点ですが、効果あります。




というわけでして、いろいろとやってます。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2014/04/13 11:18 ] エンジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです