Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス >  BMW325iツーリング ヘビーな車検

BMW325iツーリング ヘビーな車検

I様のBMW325iツーリング、入庫時からガラガラとエンジンから音を立ててました。
また、信号待ちでの発進時にエンストしてしまうとも。
その他、エンジン警告灯点灯、エンジンオイル警告灯点灯、ラジエター警告灯点灯もあり、相当の金額の車検となることは簡単に想像出来ました。

点検後にお見積もりをしまして、乗り換えも検討された様子でしたが、お見積もりから削りに削っての車検と整備となりました。


DSC_0341.jpg

エンジンがガラガラと音を出しているのは、エンジンオイル漏れ過多によるオイル量低下でした。
2リッターくらいしか入っていませんでした。
あまりにも音が酷く、作業場内を移動するにも焼き付きの心配がありまして、とりあえずはオイルを補充して移動。しかし1日経過すると、再びオイルが2リットルくらいしか残っていない状況。


DSC_0395.jpg

DSC_0396.jpg

DSC_0397.jpg

DSC_0399.jpg

定番のタペットカバー部分からのオイル漏れがかなり進行していました。
遮熱板にもオイルがベットリで、エンジンが暖まるたびに室内まで焼けたオイルの臭いが充満します。
その他、オイルフィルターヘッドからの漏れとVANOSホースからの漏れも相当でした。


DSC_0414.jpg

オイルレベルセンサーも機能しておらず、オイルを補充しても常時点灯したまま。


DSC_0342.jpg

ステアリングラックブーツもパックリと口を開けています。
こちらは直さないと車検は通りません。


DSC_0393.jpg

エンジン警告灯の点灯の原因のひとつ、混合気が薄いエラーが入力されていました。
エアインテークのホースが裂けて、二次エアーを吸い込んでいました。
これでエラーが消えるかと思いましたが、別の事態が判明。


DSC_0407.jpg

DSC_0409.jpg

ラムダセンサーが機能しておらず、排ガスが薄い時は超リーン状態。アイドリングでしばらく置いておくと今度は超リッチ状態。
4本あるうちの4本とも交換に至りました。


DSC_0400.jpg

DSC_0401.jpg

ステアリングを切ると、時々エンジンルームから苦しそうな音が出ていまして、原因はパワステフルード不足。
パワステホース全てからフルード漏れがありました。


DSC_0402.jpg

エアフィルターも、目一杯詰まって、四つ角が変形していました。


DSC_0410.jpg

DSC_0413.jpg

ロアアームブッシュも、抜けきっていまして、ブレーキを踏むとステアリングが振れてブレーキの効きに左右差が出ていました。
11万キロ走行していますので、キャリパーのオーバーホールも手を付けたいところですが・・・


DSC_0427.jpg

パワステラックブーツを交換する為、ステアリングタイロッドエンドを取りはずしましたので、アライメントの測定及び調整も実施しました。


その他、ラジエターサブタンクやラジエターホースなどもそろそろの時期でした。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです