Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  エンジン >  アルファロメオ156 V6

アルファロメオ156 V6

KT001.jpg

いきなりこのような写真から始まります。
先月、BSPで入庫されましたK様の156V6、オルタネーターの発電量が下がっていることが判明し、その後の処置となりました。


KT002.jpg

もともと作業性は良くないクルマですが、オルタネーターの交換のためにはエンジンを下ろす必要があります。
下ろさずに宙ぶらりんでも出来るなんていう話しもありますが、各部の点検も実施したいものですので、中途半端な状態ではなくキッチリと全てが見える状態で作業をします。


KT003.jpg

オルタネーターは、エンジンの後ろ側にあります。
作業の際にエンジンを下ろす理由は、オルタネーターブラケットのボルトが長く、ボルトを抜こうにもフレームに当たって抜けないのと、仮にボルトが抜けたとしても、オルタネーター本体を取り出すスペースがイマイチ見つからないと言うことです。


KT004.jpg

新しくしたオルタネーターです。


KT005.jpg

同時に、ウォーターポンプとタイミングベルト類の交換ご依頼もいただいております。

ウォーターポンプは、インペラ中心部分にクラックが出始めていました。


KT007.jpg

156のV6エンジンは、ウォーターポンプを取りはずすのも注意が必要です。
10本近くのM6ボルトで取り付けられていますが、ねじ穴が錆びて抜けないボルトがあったりします。
無理に回すと折れます。
ゆっくりと回し、ハンマーで軽く叩いて、またゆっくり回すという感じで丁寧にやればなんとか無事に抜けてくれます。

KT007-2.jpg

タイミングベルトとベアリング類も交換しました。


KT008.jpg

フロントのロアアームも交換しました。


KT009.jpg

交換理由は、ブッシュがこんな感じでグラグラになっておりましたので。


KT011.jpg

ボールジョイントがグラグラになっていたアッパーアームも交換しました。


KT012.jpg

ウォーターポンプ交換時に、同時に見ておきたい部分がサーモスタット。
このように、半開きになっている事が多いです。
高速走行時に水温が下がる原因は、半開きが99.9%くらいでしょうか。


KT013.jpg

バッテリーのプラス端子、これも悪さをしておりまして、前回BSPで診断時に不具合がわかった部分です。


KT014.jpg

ひととおりの作業が終了し、エンジンを乗せた後は、冷却水を入れたりエアコンガスを充填したりします。


KT015.jpg

サブフレームごとエンジンを下ろしましたので、一番最後にアライメントを調整し直して完了です。


http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2013/05/18 08:54 ] エンジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです