Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス >  BMW320i ディープな車検&BSP

BMW320i ディープな車検&BSP

長らくお預かりをしまして進めてまいりましたY様のE46。
ひととおり車検と整備が完了し、納車の運びとなりました。


ご依頼内容は、車検&BSP、その他部品交換やメンテナンスなど、盛りだくさんでした。



Y01.jpg

最初はいつものようにバッテリー診断から。
重ねてご説明させて頂いておりますので、詳しくは書きませんが、安定した電気あってのクルマです。


Y02.jpg

BSPの中で重要な部分のひとつが、排ガステストなんです。

「車検時に排ガスは測定するだろ」とつっこみが入りそうですが・・・
普通に排ガスの測定をする場合、COが多いとか少ないとか、HCがどうだとかで、車検を通過出来るかどうかを判断する程度で終わってしまいます。

BSPでは、排ガスのデータから様々な事を検証する事が出来ます。
もちろん、BOSCH製のエンジンアナライザーだから出来る事なのですが。
要は、検便や尿検査みたいなイメージです。
排泄したものから、いろいろな病気の予兆を判断出来ますよね。

今回は、状態は良好でした。


Y03.jpg

Y10.jpg

エンジンオイル漏れ、パワステフルード漏れ、ATF漏れはありませんでした。


Y04.jpg

ファンベルト回りは、劣化が進んでいました。


Y04-3.jpg

Y04-2.jpg

したがいまして、ファンベルト・エアコンベルトの他、テンショナーやベアリングは総交換となりました。


Y04-4.jpg

Y04-4-2.jpg

Y04-6.jpg

Y04-5.jpg

Y04-7.jpg

Y04-8.jpg

Y04-9.jpg

上から
ラジエター
サブタンク
ATサーモスタットと周辺部品
ヒーターバルブ
ラジエターホースとサーモスタット
ウォーターポンプ
ヒーターホース一式

水回り一式の交換でした。

走行距離が12万キロと、いいペースでお乗り頂いておりますので、この時期に全て手を入れるのは賢明な判断だと思います。

ウォーターポンプはLLC漏れが始まっていました。


Y06.jpg

ステアリングラックブーツは良好な状態です。
E46でも、最近は切れ始めているクルマが増えています。
こちらは、タイロッドボールジョイントを保護するブーツであることと、これが切れていたら車検は落ちてしまいます。


Y07.jpg

Y様からご連絡頂いておりましたタイロッドエンド、右側を一度ヒットさせて交換歴があるとの事でした。


Y07-2.jpg

バランスを考えて、左右を交換しました。


Y08.jpg

ロアアームとブッシュは状態良好でした。


Y09.jpg

リア足回りも問題ありません。


Y12.jpg

フューエルホースはそろそろ交換時期です。


Y12-2.jpg

Y12-3.jpg

劣化が始まったフューエルホースは、フューエルポンプと同時に交換のご依頼をいただきました。


Y13.jpg

ブレーキング時に、いわゆるジャダーの発生をお話しされておりました。
ローターの歪みを四輪順番にゲージで測定しましたところ、右前のローターが僅かに変形していました。


Y14.jpg

ローターが歪むのは原因がありまして、キャリパーを分解したらピストンが錆びていました。
錆がシールに引っかかって、ピストンの戻りが悪くなり、ブレーキ片効きの状態ですね。


Y15.jpg

Y15-2.jpg

距離も走っていますので、四輪のキャリパーをオーバーホール処置しました。


Y15-3.jpg

Y15-5.jpg

Y15-6.jpg

上から
ブレーキローター
ブレーキパット
パットセンサー
この三点セットは、ただいまキャンペーン中のAteでの交換ご依頼をいただきました。


Y15-4.jpg

同時に、古くなってプラスチック化しましたブレーキホースも交換となりました。


Y16.jpg

デフを下ろしています。


Y16-2.jpg

デフマウントの交換でした。
シワが出始めていますので、良いタイミングだと思います。


Y17.jpg

Y18.jpg

Y18-2.jpg

Y19.jpg

ATF交換は、WAKO'S HYPER Sにてご用命いただきました。
変速ショックが減り、スムーズな加速が楽しめる事と思います。


Y20.jpg

ドアウェザーストリップの交換作業中です。
ボディ側は引っ張れば取れますが、ドア側は両面テープが残ります。


Y21.jpg

手で両面テープをはがすと、手の皮がズレますので、ドリルを使用します。


Y21-2.jpg

ドア四枚分のウェザーストリップです。
室内を汚さないように養生し、丁寧にはずしていきますので、都合10日ほどの作業でした。


Y22.jpg

Injector flushをやって、

Y23.jpg

インテーククリーニングをやって、

Y24.jpg

ビルフラもやりました。

エンジンオイルは、パワクラの0W-40をご用命いただきました。
エンジン、良くなりますよ。


Y24-2.jpg

オイル警告灯点灯の元凶、レベルセンサーも替えてあります。


Y33.jpg

ベントバルブはチェックバルブの甘さがありました。


Y30.jpg

エンジンマウントとミッションマウントは、つぶれ気味でした。


Y26.jpg

エアコンフィルターは交換時期でした。


Y29.jpg

エアクリーナーも、フィルターが詰まったら変形しますので。


Y27.jpg

ワイパーラバーは定期交換。


Y28.jpg

トランクリッドダンパーは中が出ていました。


Y31.jpg

ブレーキペダルのカバー。


Y25.jpg

最後に、アライメント測定・調整で、足回りの位置を良いところに持って行きました。

他にもイロイロとやりましたがここらへんで。。。


http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです