FC2ブログ

Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAのメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス >  BMW M3 車検でご入庫、状態が良く喫緊の作業が無いのでDCTフルード漏れ修理

BMW M3 車検でご入庫、状態が良く喫緊の作業が無いのでDCTフルード漏れ修理

DSCN0538_20200209133145e63.jpg

S様のBMW M3 (E90)が車検でご入庫でした。
ひと通り点検をしまして、一カ所を除いて修理等が必要なところはありませんでした。


DSCN0539_20200209133319f96.jpg

DCTからのオイル漏れだけありました。
最近多いです。

オイルパンからの漏れが目立ちますが。。。


DSCN0540_20200209133423d6f.jpg

オイルで濡れているところをたどると、トランスミッション上部に向かいます。


DSCN0541_20200209133510bd3.jpg

よくあるケースですが、トランスミッション上部にハーネス用のカプラーがあって、そこの部分のシール不良でオイルが漏れてきます。


DSCN0549_20200209133635ec7.jpg

作業のため、マフラーとプロペラシャフトを取り外す必要があります。


DSCN0548_20200209133725a2d.jpg

こんな感じのカプラーです。
トランスミッションの上じゃなくて横についてたら楽なんですけどね。


DSCN0543_20200209133818d4d.jpg

オイル漏れの原因は、左のOリング。
ゴムの劣化でシール不良となってしまいます。
右は新品。


DSCN0553_20200209133917f96.jpg

もう一カ所のオイル漏れの原因であるオイルパンの作業。
オイルパンの作業は、DCTフルード交換と同じ手順ですので、お得なセット価格で修理ができます。


DSCN0551_20200209134020e1d.jpg

オイル漏れの原因であるオイルパンを交換。
ガスケットだれの部品供給があれば、少し金額も安くなりますが、オイルパンまるごとの供給形態です。


DSCN0550_20200209134135533.jpg

マグネットには鉄粉も付着していますので、ある意味DCTフルード交換のよいタイミングですね。


DSCN0552_2020020913422651d.jpg

もちろん、ストレーナーも新調します。


DSCN0555_202002091343541bc.jpg

左が新油で、右が旧油です。
今回は、純正オイルのペントシンでの交換作業でした。

DCTフルードは、お好みによってオイルを選べます。

純正にこだわる方はペントシンがいいですね。
スコスコつながるのはPower Cluster。
熱に強いのはMoty'sです。




http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです

最新記事