FC2ブログ

Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAのメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2017年11月

BMW M135i KW Ver.1

DSCN0305.jpg

H様のBMW M135iは、KW Ver.1の取り付けでご入庫でした。
KW Ver.1は、車高調整式のサスペンションキット。
減衰力調整はありませんが、街乗りと高速走行が半々くらいの方にはベストチョイス。


DSCN0308_20171123091902975.jpg

セット内容はこちら。
加えて、アッパーマウントなども交換です。


DSCN0306_20171123092006cf6.jpg

DSCN0307_20171123092026560.jpg

ノーマルの足回り装着状態。


DSCN0312_20171123092058687.jpg

DSCN0313_201711230921194ae.jpg

フロントのショックアブソーバーとコイルスプリング。
純正と比較すると、ショックアブソーバーの形状が違い、スプリングも短いですね。


DSCN0309_201711230922245bb.jpg

DSCN0310_201711230922460b9.jpg

こちらはリア側。
リアは、スプリングの位置で車高を調整します。


DSCN0315_20171123092337665.jpg

DSCN0314_20171123092356d48.jpg

フロントとリア、ともに装着完了。

この後、アライメント調整とフットワーク診断、テスト走行で完了。

四輪の車高を変化させることが出来ますので、車両にあわせて輪重を変えて走行状態を調整することが可能です。





http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト



日帰りメンテ

日帰りメンテは、連日たくさんの方のご依頼があり、皆様がそれぞれ効果を体感されています。

何が何に効くのか、イマイチよくわからないというお問い合わせもいただきますので、簡単にご説明。


・BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)

まずは、エンジンオイルの役割から。
減摩作用---エンジン内部の摩耗を防ぎます
冷却作用---冷却水だけでなくエンジンオイルもエンジンの冷却を担っています
密封作用---精密に作られたエンジンも、クリアランスが少なすぎるとギシギシになりますので、緩めに作ってオイルで密封
洗浄作用---エンジン内部の汚れをオイルの分子で集めます

という四大作用があります。

すべての作用を満たすためには、エンジン内部をクリーンに保つ必要があります。
オイルの中にカーボンが溜まっていれば、カーボンが研磨剤の役割をしてしまい、「減摩作用」を果たすことが出来ません。オイルラインにスラッジが溜まっていれば、「冷却作用」が落ちてしまいます。
スラッジやカーボンが常に浮遊したエンジンオイルでは、「密封作用」が低下して燃費悪化や出力低下してしまいます。「洗浄作用」を高めるためには、エンジン内の汚れは、極力少ない状態であることが求められます。
今までは、オイルラインの清掃はエンジンの分解清掃(オーバーホール)無しには不可能でしたが、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンで"非分解"での洗浄が可能になりました。
「エンジンの回転がスムーズで無くなってきた」「燃費が悪くなってきた」「エンジンの音がうるさくなってきた」など感じられている方は、かなり改善が見られます。
新車の慣らし運転後のオイル交換時も、BILSTEIN R-2000スラッジクリーンで金属屑を取り除くことができます。
※施工後は、エンジンオイルとオイルフィルターの交換が必要です。
(弊社HPから抜粋)

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)は、このような内容です。


・Injector Flush

どの様な高性能のクルマも、新車時から2万キロくらいでインジェクター(燃料噴射ノズル)にはカーボンやガソリンのカスが溜まり、燃料の噴射状態が悪くなってしまいます。 本来は、きれいに霧状の燃料を噴射しますが、だんだん汚れが溜まると噴射状態が悪化してエンジン不調の原因にもつながります。
通常は噴射状態が悪くなると、インジェクターを交換するか、分解して洗浄する必要がありました。 いずれも部品代や作業工賃が高額で、10万円を超えるメンテナンスでしたが、専用の洗浄機材と洗浄液を使用する事により、費用を半分以下に抑える事が可能です。
(弊社HPから抜粋)


・インテーククリーニング

4サイクルエンジンの構造上、吸気系統には未燃焼ガスやエンジンオイルの混ざったガス(ブローバイガス)が戻されて溜まってしまいます。 たまり続けると汚れとなって、スロットルバルブの開度不良やアイドルアクチュエーターの作動不良を引き起こし、エンジンレスポンスの悪化へとつながります。
また、直噴エンジンはブローバイガスが吸気バルブに堆積しやすく、固まると除去に苦労をします。
吸気系統の分解不可能な部分も、専用ノズルを使用してミスト状になった洗浄液を噴霧することで、細かい部分まで洗浄できます。


・WAKO'S RECS

吸気系~燃焼室の大掃除、WAKO'S RECSです。 通常では、分解しなくては出来ない部分のクリーニングを"非分解"で効率よくやってしまうシステムです。
吸気系統をクリーニングしますので、異物に邪魔されることなくエアーを燃焼室に送り込むことが出来ます。 また、吸気バルブに堆積したカーボンを「ジワジワ」と落としていきます。
そして、燃焼室に送り込まれたRECSの洗浄剤が、ピストンとシリンダーヘッドにこびりついたカーボンを除去してしまいます。
効果としては、空気の流れが良くなりますので、エンジンレスポンスが向上してスムーズな吹け上がりになります。 また、ストレス無くエンジンが回りますので、結果的に燃費の向上が見込めます。
プラス、ピストンとヘッドに堆積したカーボンを除去しますので、実質排気量が設計上の排気量に戻りますので、馬力が戻ってきます。
RECSが少しずつ汚れを落としていきますので、100㎞くらい走行すると、ピストンヘッドがピカピカに掃除されます。
(弊社HPから抜粋)


似ているようですがそれぞれ狙いが違います。

・BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)---エンジン内部のオイルライン洗浄
・Injector Flush---燃料噴射系統洗浄
・インテーククリーニング---吸気系統洗浄
・WAKO'S RECS---エンジン内部のカーボン除去

大雑把に言うと上記に書いたような事です。




DSCN0500_201711230833530ba.jpg

Y様がVWポロに、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼でした。
走行距離は1万キロに満たない車両ですが、施工後はエンジン音が静かになり、エンジンが軽くなりました。




DSCN0613.jpg

I様はEZワゴンにWAKO'S RECSのご依頼です。
他にもBMWをお持ちですが、近所を乗り回す足グルマに施工。




DSCN0514_20171123083818d85.jpg

同じくI様、BMW F31にInjector Flushのご依頼でした。




DSCN0195_20171123083934c47.jpg

K様はアルピナD3にDIESEL FLUSHのご依頼。


DSCN0196_20171123084015d9a.jpg

その後、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼です。

ディーゼルエンジンに出来るメンテナンスサービスは他に無いかと、お問い合わせを多くいただきますが、現時点ではDIESEL FLUSHとビルフラのみです。
現在、考え中です。




DSCN0082_20171123084203958.jpg

O様は、BMW Z4にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼のご依頼です。
年一くらいのペースで施工されています。
もちろんエンジンの調子がイイですね。




DSCN0465_20171123084319b34.jpg

DSCN0466_20171123084359e74.jpg

K様のBMW E39は、Injector Flushとインテーククリーニングのご依頼です。
E39も、もちろん効果大です。




DSCN0496_20171123084609b2a.jpg

T様のBMW M2は、最初にWAKO'S RECS。


DSCN0498.jpg

DSCN0497_20171123084646bf0.jpg

その後、Injector Flushとインテーククリーニング。


DSCN0499_20171123084743199.jpg

最後にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼でした。

走行距離が2万キロ少々、お帰りの際には効果を体感されたと思います。




DSCN0546_201711230849124b2.jpg

N様のBMW320dは、車検と同時にDIESEL FLUSHのご依頼。


DSCN0547_20171123084957428.jpg

あと、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンもご依頼をいただきました。




DSCN0807.jpg

S様のメルセデスベンツC180にWAKO'S RECSのご依頼。
その後、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼もいただきましたが、大変申し訳ありません。写真を紛失してしまいました。




DSCN0146_20171123085224061.jpg

M様のBMW325iTRは、最初にインテーククリーニング。


DSCN0147_20171123085313977.jpg

その後でInjector Flushの作業でした。




DSCN0204_20171123085358152.jpg

Y様のBMW650iは、Injector Flush。


DSCN0205_20171123085436f7c.jpg

次にインテーククリーニング。

汚れがたまりやすいエンジンですので、定期的なメンテナンスが効果的です。




DSCN0371_201711230855294ee.jpg

K様のBMW135iは、WAKO'S RECSです。
あと、Injector Flushもご依頼いただきましたが、こちらもすみません、写真が・・・




DSCN0460_201711230900005b0.jpg

DSCN0461_201711230901168bb.jpg

K様はアルピナB3にInjector Flushとインテーククリーニング。
同時に、前後のブレーキパットとローターを交換でした。




G様のBMW650iは。。。


DSCN0132_20171123090551c9b.jpg

最初にInjector Flush。


DSCN0134_201711230906238b1.jpg

ピットを変えてインテーククリーニング。


DSCN0268.jpg

また場所替えしてWAKO'S RECS。


DSCN0137_2017112309073861c.jpg

その後、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン。


DSCN0271_20171123090816022.jpg

実は、日帰りメンテですが内容が多いのでお預かり作業でした。

で、ATFを交換のためフルードを抜いてフラッシング。


DSCN0272.jpg

ハーネススリーブ交換のため、オイルパンを取り外し。


DSCN0273_201711230909368cd.jpg

ハーネススリーブというのはこちら。
左が旧品で右が新品。


DSCN0275_20171123091019171.jpg

こちらは交換のために取り外したオイルパン。
ストレーナー(フィルター)内蔵ですので、まるごとの交換です。


DSCN0276_20171123091103337.jpg

新しいオイルパンを取り付けて、規定量のATFを充填。

無事に完了しました。




日帰りメンテの作業は、まだまだ写真が残っていますので、順次UPしてまいります。




http://www.stella-motors.co.jp/

VWゴルフ エンジン不調

DSCN0783_2017112308213939a.jpg

K様のVWゴルフGTiが、エンジン不調でご入庫です。

症状は、加速が悪くアクセルを踏み込むとエンジン警告灯が点灯し、エンジン回転が頭打ちになるということです。

診断機でエラーコードを拾うと、やはりターボ関連の不具合が入力有りです。


DSCN0784_20171123082330517.jpg

追いかけて診断すると、過給器関連の負圧コントロールバルブのパイプが折れていました。
あっさりと修理完了。
たまにこういう事ありますね。


DSCN0792_20171123082525f27.jpg

修理代が予想よりも安かったらしく、余った予算でWAKO'S RECSのご依頼でした。
エンジンにたまるカーボンが気になるということでしたので、カーボン除去にはベストチョイスです。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/23 08:26 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW E39 足回りのリフレッシュ

DSCN0089_201711120841212ac.jpg

S様のBMW525i (E39)は、足回りのリフレッシュでご入庫でした。

現在の車高よりも少し下げたいと。。。


DSCN0088_20171112084226e1f.jpg

DSCN0417_20171112084259a8b.jpg

DSCN0418.jpg

ノーマルなので当たり前ですが、普通に腰高感があります。


DSCN0420_20171112084414130.jpg

走行性能もそこそこで、車高の調整が好きなように出来るもの。
で、あまり高くないもの。
STのサスペンションセットでご提案しました。


DSCN0423_201711120845366d4.jpg

アッパーマウントは潰れてペッタンコでしたので、四輪とも交換。
左が新品で右が旧品。


DSCN0427_20171112084630495.jpg

全体で25ミリダウン。


DSCN0429_201711120847067b5.jpg

DSCN0428_20171112084729b29.jpg

まだまだ下がりますが、乗り心地が悪化するのとショックアブソーバーの寿命が短くなるので、まずはこのあたりでしばらく乗ってみると。


DSCN0426_20171112084837897.jpg

リアアッパーアームのボールジョイントブーツが切れていました。
ボールジョイントもゆるゆるでしたので、あわせて交換作業。


DSCN0443_20171112084927807.jpg

トランスミッションの警告が時々出てしまうようです。
セレクタースイッチを交換して解消。

フットワーク診断とアライメント調整を済ませて納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW M6 大雨の影響

DSCN0635_20171112082936ef4.jpg

M様のBMW M6は、スピーカーから時々「ガー」音が出る症状でご入庫でした。
細かくお話をお伺いすると、どうやら続けざまに降り続いた雨の影響のようです。

どういうことかというと・・・


DSCN0642_20171112083157500.jpg


雨水が浸入して、HiFiアンプを壊してしまったようです。
白っぽいのは雨の跡。


DSCN0644_2017111208331673f.jpg

車両側はこのような感じ。
トランクルームは、雨水がたまっていました。


DSCN0638_201711120834119ae.jpg

新しいアンプをご用意して取り付け。
30万円近い修理費用でした。
でも、車両保険に入っていたので、保険でまかなうことが出来て、まあまあ安心。


まだ別の症状があって、DSCの警告が点灯した後に、次々とブレーキやステアリングに関する警告が出てくる件。


DSCN0636.jpg

ヨーレートセンサーの異常がありました。
ボディのほぼ中央に配置してあります。
ボディの回転状態を見ています。
細かい説明は省略します。

センサー交換で、元の何の警告も出ない状態になりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/12 08:38 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

BMW320i 車検

DSCN0390_20171112081331e45.jpg

A様のBMW320i(E90)が車検でご入庫でした。
細かく点検と診断を実施すると、イロイロと手を入れておくところが見られました。
一気に全て手をつけると、ちょっと痛い金額になってしまいますので、今回は重要な部分からの作業でした。


DSCN0404_20171112081540f73.jpg

エンジンオイル漏れが激しい状態でした。
冷間時にエンジン始動すると、漏れたオイルがマフラーに垂れて、焦げ臭い煙が出ます。


DSCN0397_20171112081644eb7.jpg

タイミングチェーンテンショナーのガスケットが潰れています。
見た目はわかりませんが、テンショナーを締め込んでもオイルが漏れています。
圧力がかかる部分ですので、漏れ始めるとすぐに悪化します。


DSCN0398.jpg

カムシャフトセンサーのOリングが潰れていました。
やはりオイル漏れの原因になります。


DSCN0399_20171112081848307.jpg

VANOSをコントロールするソレノイドバルブ。
これもOリングの劣化。


DSCN0400_20171112081929190.jpg

VVT(バルブトロニックモーター)のガスケットも劣化しています。


DSCN0401_20171112082008fd8.jpg

エキセントリックシャフトセンサーのガスケット。
左が新品で右が旧品。


DSCN0403_2017111208210297d.jpg

定番のバキュームポンプ。
Oリングを交換して、再発しにくいようにシーリングします。


DSCN0396_20171112082156c39.jpg

バキュームポンプのOリングを交換するときは、水漏れ予防でバキュームポンプの隣に配置されている砂抜き穴のカバーも同時交換。


DSCN0405_2017111208230772d.jpg

タペットカバーを閉じる前に、ガスケットを張り替えて、加えてシーリングします。
少しは長持ちするようになります。


DSCN0406_201711120823596d9.jpg

油でギトギトのエンジンオイルレベルセンサー。
これもよくオイル漏れします。
ガスケットだけの交換ですむ場合もありますが、ほとんどがセンサーのプラスチック部分の劣化が見られますので、センサーごと交換です。


DSCN0402_20171112082523617.jpg

あとはファンベルトなどを取り替えて完了。


寒くなってくると、ゴム製のガスケット類が固くなり、オイル漏れしやすくなります。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW330i ベルト無し

DSCN0665.jpg

H様のBMW330Ciカブリオレが修理のご入庫です。

・ステアリングが重い
・バッテリーの警告が出ている
・オーバーヒートをする

上の症状が主な内容です。

H様ご自身で、ファンベルトが切れた事は確認されているようです。


DSCN0403_20171107110803346.jpg

エンジンルームを上から見ても同じでしたが、下から見てもファンベルトが見当たりません。

猫でも入っちゃったかと思いました。
ベルトが擦れて糸みたいになってました。


DSCN0404_2017110711094520b.jpg

エンジンアンダーカバーを見ると、テンショナープーリーが転がっています。


DSCN0405_201711071110269a3.jpg

これです。


DSCN0406_20171107111053395.jpg

この場所に取り付けてあることになっています。


DSCN0664.jpg

本来は、左の形です。

テンショナープーリーやアイドラープーリーの内部にはベアリングが入っていますが、摩耗しすぎて脱落したようです。

車検や12ヶ月点検で、ベルト周りの状態をお伝えし、交換が必要かどうかをご説明しておりますが、こういう事になるのを防ぐためとお考えください。
今回は、お近くでトラブルが発生しましたので大事には至っていませんが、高速走行中であればステアリング操作ができずに事故を起こすことや、急激なオーバーヒートでエンジンを損傷することもあります。


DSCN0655.jpg

そのほか、ウォーターポンプとサーモスタット、ラジエターサブタンクから冷却水が漏れていて、エンジンオイルもジャンジャン漏れていました。


DSCN0409_20171107111632256.jpg

ラジエターサブタンク類を一式交換。


DSCN0658_201711071117089ae.jpg

エンジン上部から煙が出るくらいオイルが漏れていましたので、ガスケットの張り替え。


DSCN0661.jpg

部品をイロイロとご用意して、サクサク作業を進めます。


完成後は、何事も無かったように普通に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/07 11:19 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 車検

DSCN0582_20171107104552154.jpg

K様のBMW M3が車検でご入庫です。


DSCN0584_2017110710464113e.jpg

エアクリーナーエレメントが相当お疲れでした。
エアクリーナーボックスが、雨水が入りやすい構造ですので気づいたら交換がベストです。


DSCN0583_20171107104801b0d.jpg

エンジンの調子が悪いという内容のお話がありました。
ECUには不具合を表すコードは入力無しで、各部点検でも問題は見られません。

細かいところを見ると、スパークプラグが摩耗していました。
これは右バンク分。
全部で8本交換です。


DSCN0585_20171107104912146.jpg

低速で左に曲がるときに、ミシミシと音が出るそうです。

エンジンの状態を含め、同乗テストをしましたが、症状の確認は出来ません。
足回りを含め、車両状態は良好です。
普通と少し違うという部分は、フロントのスタビライザーマウントがねじれているくらい。
スタビライザーが当たる部分が、ねじれてシワシワになっていました。


DSCN0591.jpg

分割構造になっています。
ご了解をいただき、マウントを交換。


DSCN0592_201711071054527d5.jpg

リクエストをいただきましたBILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)を施工して完了。

エンジンの調子は悪くなく、また気になる音も、かなり時間をかけて点検しましたが、具体的な症状の確認はできない作業でした。
特定の条件での発生も考えられます。

希に、気のせいという時もあります。

自分のクルマに長く乗り続けると、「本来の性能は違う」と感じるときがあり、気にすればするほど異常と思ってしまうこともありますね。

良好な状態のM3でした。




http://www.stella-motors.co.jp/

MINI COOPER 冷却水がトンネル状態

DSCN0840_2017110710290795e.jpg

S様のBMW MINI COOPERが冷却水漏れでご入庫でした。
冷却水を補充しても、すぐに無くなるそうです。

点検で冷却水を補充しても、ジョボジョボと音が出ていて、よく見るとラジエターがトンネル状態で補充した水がスルーしています。


DSCN0844_201711071030313d0.jpg

ラジエターのパンクかと思いましたが。。。


DSCN0841_201711071032060a0.jpg

コアサポートを取り外してみてみると・・・


DSCN0842_2017110710323675b.jpg

DSCN0843_20171107103302ae1.jpg

下回りを何かにぶつけて、割れていました。
ラジエターの水漏れも同じ場所です。

ただし、S様はご記憶に無いとの事でした。
怪奇現象ですね。


DSCN0846_201711071034307a5.jpg

ご予算が非常に限られていましたので、コアサポートは修理対応。


DSCN0870_201711071035173cc.jpg

ラジエターは修復不可能で、新しい物をご用意。


DSCN0868_20171107103556a02.jpg

開いたままのサーモスタットも交換。


DSCN0866_20171107103633cb5.jpg

DSCN0869_20171107103654be1.jpg

劣化したホースもチョボチョボ交換。
手を入れた方が良さそうなところはイロイロありましたが、相当の費用になります。

修理完了後、テスト走行で異常が見られず、無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/07 10:38 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

オルタネーター交換 キャンペーン中です。

DSCN0788_2017110509002227b.jpg

H様のBMW320i (E91)がオルタネーターの不具合でご入庫でした。

症状は、走行中にアクセルを戻すとうなり音が出るとのことです。
音の症状の場合は、オルタネータープーリーだけの交換という方法もありますが、車齡と走行距離を考えると、オルタネーターまるごと交換の判断です。


DSCN0786_20171105090359e4b.jpg

キャンペーン中のBOSCH製オルタネーターを使用しての作業でした。
純正部品使用の通常価格の約半額で修理が可能です。

特にトラブルが多いBMW E90やE91、E92の320前期は豊富に在庫しております。
その他の車種もご相談ください。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/05 09:06 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW320i (E46) 12ヶ月点検が中規模工事に

DSCN0291.jpg

S様のBMW320i (E46)が12ヶ月点検でご入庫でした。

ご来店時の問診で、エアコンの効きが悪いなんていう話しがありました。

DSCN0304.jpg

さっそくロボコンでテスト。
ロボコンには、ガスの漏れ具合を見る真空テストと、圧力を測定するテスト機能があります。
同時にリークテストも実施。

結果は、コンプレッサーの圧力が上がらないことと、室内のエバポレーター(熱交換器)からガスが漏れていました。


DSCN0292_20171105084906e91.jpg

エバポレーター交換は、こういう作業です。
安くは無いです。


DSCN0296_20171105084950509.jpg

なんとなく緑色に見えています。
ロボコンの作業時に、同時にガス漏れ検知のための蛍光剤を少量充填します。
その蛍光剤が、漏れたガスと一緒にエバポレーターに残ります。


DSCN0298_20171105085201947.jpg

取り外したエバポレーターは、全体的にゴミがたまっています。
エアコンの効きが悪くなる原因のひとつ。


DSCN0299_20171105085256c3d.jpg

新しいエバポレーターに交換。


DSCN0300_201711050853280ce.jpg

レシーバードライヤーも交換。
こちらは配管作業時は交換必須です。


DSCN0303.jpg

ガスの圧縮能力が低下したコンプレッサーも交換。
ガスが漏れたりはしていませんが、コンプレッサー内部の摩耗が進行しています。

この後、全て組み付けてロボコンでガスを充填。

その他の作業などを終えて無事に完了です。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW320i CP 12ヶ月点検

DSCN0825_20171105082524e8c.jpg

K様のBMW320i (E92)が車検でご入庫です。

・左カーブの道で前輪付近から「キー」音が出る
・30km/hよりも遅いと出ない
・段差を乗り越えると、足回りから「ガン」という金属同士が当たる音が出る

という宿題をいただきました。

走行テストを繰り返しましたが、何かの条件が整わないと音が出ないのか、全く症状が再現しません。

診断と点検をして、下記の作業を実施することになりました。


DSCN0826_2017110508302006e.jpg

フロントプルストラットブッシュに、少し亀裂が出始めて、ブッシュ内部からオイルが漏れ始めていました。
車両装着状態では、ガタガタの不具合はありません。


DSCN0828_201711050831345c2.jpg

ブッシュは圧入式ですので、プレスで古いブッシュを打ち抜いて、新しいブッシュを圧入します。


DSCN0836_2017110508322546b.jpg

フロントスタビライザーリンクは、ボールジョイントが弱り、少しユルユルです。
車体を上下に揺するとコトコトと音が出ていました。
「ガン」という金属同士が当たる音ではありませんが、聞こえ方は人それぞれ。
ご了解をいただき交換。

で、走行テストをすると、プルストラットブッシュとスタビライザーリンクを交換しただけで路面に吸い付くような滑らかな挙動に変化。
ショックアブソーバーの交換をご検討されていましたが、しばらくは必要がなさそうです。


DSCN0837_2017110508354304b.jpg

パワステの高圧ホースからオイルが漏れていました。
部品調達して交換作業。


DSCN0827_20171105083628b3c.jpg

Injector Flushのご依頼もいただきました。

納車に時間がありましたので、さらに走行テストをしましたが、状態はイイですね。
「キー」音の事もありますので、念のためフロントブレーキパットとローターの当たり面を研磨して納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW MINI エンジン不調

DSCN0687_2017110408353865f.jpg

S様のBMW MINIがエンジン不調でご入庫でした。

直噴エンジンのMINIですね。
いろいろ原因かあります。

・インジェクターの不具合
・高圧燃料ポンプの不具合
・点火不良
・吸気バルブにカーボンがたまりすぎ
・エンジン内部の汚れ
・各センサー類の不具合
などが考えられます。

診断結果と作業はこの通りです。


DSCN0688_20171104084151678.jpg

DSCN0701.jpg

吸気マニホールドを取り外して、吸気バルブの状態を確認。


DSCN0690_20171104084225715.jpg

各吸気バルブは、4気筒ともカーボンとブローバイ残りのオイルが堆積していました。


DSCN0713_20171104084335e85.jpg

こういう汚れは「くるみ爆破処置」で解決。


DSCN0700.jpg

スパークプラグの摩耗が進み、しかもカーボンの付着。
WAKO'S RECSで燃焼室のカーボンを除去。その後でスパークプラグ交換。


DSCN0768.jpg

高圧燃料ポンプの不具合もありました。
この部品が高いです。
できれば不具合が出てほしくないところ。

複合的なトラブルで、どれが欠けてもコンディションは中途半端な状態にしかなりません。
費用かかかりましたが、ご満足いただける結果となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/11/04 08:48 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

メルセデスベンツCクラスにBILSTEIN B12

DSCN0797_20171104082602b53.jpg

T様のメルセデスベンツCクラスは、BILSTEIN B12の取り付けでご入庫です。

高速走行時に、サスポンションが「フワフワ」して、安定感が無い。
乗りにくい。
少し車高を下げたい。
などが主なご要望。

DSCN0798_20171104082747520.jpg

DSCN0799_20171104082805994.jpg

ノーマル状態の車両は、万人向けに作られていますので、乗る方によっては合わない場合があります。


DSCN0800.jpg

今回使用したBILSTEIN B12は、車高と減衰力の調整機構はありませんが、ノーマルのサスペンションと比較するとやや固め。
高速走行では細かい揺れが出ずに、安定して路面に追従します。


DSCN0808_20171104083141c0b.jpg

フットワーク診断とアライメント調整を済ませて完了。
テスト走行も良い感じの乗り味に変化しました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW650i アライメント調整

DSCN0243_20171104081354ca6.jpg

K様のBMW650iが、アライメント調整でご入庫でした。

リアタイヤがフェンダーに干渉して、コーナーリング時に擦ってしまうとのことです。
タイヤを見ると削れた跡がみられました。

アライメント調整だけでは回避できそうにも無く、リアフェンダーのツメ折り加工をしてからリアキャンバーとリアトーを調整。
フロントも調整して完了。

タイヤの干渉はもちろん解消し、ステアリングに安定感も出ました。




http://www.stella-motors.co.jp/
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです

最新記事