Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2017年05月

日帰りメンテ

日帰りメンテは変わらずご好評をいただいておりまして、毎日たくさんの方々のご依頼をいただいております。

日帰りメンテの内容がよく分からないとご相談をいただきます。
説明不足な点がありまして大変申し訳ありません。

サラッと書くと次の様なものです。

・BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)

まずは、エンジンオイルの役割から。
減摩作用---エンジン内部の摩耗を防ぎます
冷却作用---冷却水だけでなくエンジンオイルもエンジンの冷却を担っています
密封作用---精密に作られたエンジンも、クリアランスが少なすぎるとギシギシになりますので、緩めに作ってオイルで密封
洗浄作用---エンジン内部の汚れをオイルの分子で集めます

という四大作用があります。

すべての作用を満たすためには、エンジン内部をクリーンに保つ必要があります。
オイルの中にカーボンが溜まっていれば、カーボンが研磨剤の役割をしてしまい、「減摩作用」を果たすことが出来ません。オイルラインにスラッジが溜まっていれば、「冷却作用」が落ちてしまいます。
スラッジやカーボンが常に浮遊したエンジンオイルでは、「密封作用」が低下して燃費悪化や出力低下してしまいます。「洗浄作用」を高めるためには、エンジン内の汚れは、極力少ない状態であることが求められます。
今までは、オイルラインの清掃はエンジンの分解清掃(オーバーホール)無しには不可能でしたが、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンで"非分解"での洗浄が可能になりました。
「エンジンの回転がスムーズで無くなってきた」「燃費が悪くなってきた」「エンジンの音がうるさくなってきた」など感じられている方は、かなり改善が見られます。
新車の慣らし運転後のオイル交換時も、BILSTEIN R-2000スラッジクリーンで金属屑を取り除くことができます。
※施工後は、エンジンオイルとオイルフィルターの交換が必要です。
(弊社HPから抜粋)

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)は、このような内容です。


・Injector Flush

どの様な高性能のクルマも、新車時から2万キロくらいでインジェクター(燃料噴射ノズル)にはカーボンやガソリンのカスが溜まり、燃料の噴射状態が悪くなってしまいます。 本来は、きれいに霧状の燃料を噴射しますが、だんだん汚れが溜まると噴射状態が悪化してエンジン不調の原因にもつながります。
通常は噴射状態が悪くなると、インジェクターを交換するか、分解して洗浄する必要がありました。 いずれも部品代や作業工賃が高額で、10万円を超えるメンテナンスでしたが、専用の洗浄機材と洗浄液を使用する事により、費用を半分以下に抑える事が可能です。
(弊社HPから抜粋)


・インテーククリーニング

4サイクルエンジンの構造上、吸気系統には未燃焼ガスやエンジンオイルの混ざったガス(ブローバイガス)が戻されて溜まってしまいます。 たまり続けると汚れとなって、スロットルバルブの開度不良やアイドルアクチュエーターの作動不良を引き起こし、エンジンレスポンスの悪化へとつながります。
また、直噴エンジンはブローバイガスが吸気バルブに堆積しやすく、固まると除去に苦労をします。
吸気系統の分解不可能な部分も、専用ノズルを使用してミスト状になった洗浄液を噴霧することで、細かい部分まで洗浄できます。


・WAKO'S RECS

吸気系~燃焼室の大掃除、WAKO'S RECSです。 通常では、分解しなくては出来ない部分のクリーニングを"非分解"で効率よくやってしまうシステムです。
吸気系統をクリーニングしますので、異物に邪魔されることなくエアーを燃焼室に送り込むことが出来ます。 また、吸気バルブに堆積したカーボンを「ジワジワ」と落としていきます。
そして、燃焼室に送り込まれたRECSの洗浄剤が、ピストンとシリンダーヘッドにこびりついたカーボンを除去してしまいます。
効果としては、空気の流れが良くなりますので、エンジンレスポンスが向上してスムーズな吹け上がりになります。 また、ストレス無くエンジンが回りますので、結果的に燃費の向上が見込めます。
プラス、ピストンとヘッドに堆積したカーボンを除去しますので、実質排気量が設計上の排気量に戻りますので、馬力が戻ってきます。
RECSが少しずつ汚れを落としていきますので、100㎞くらい走行すると、ピストンヘッドがピカピカに掃除されます。
(弊社HPから抜粋)


似ているようですがそれぞれ狙いが違います。

・BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)---エンジン内部のオイルライン洗浄
・Injector Flush---燃料噴射系統洗浄
・インテーククリーニング---吸気系統洗浄
・WAKO'S RECS---エンジン内部のカーボン除去

大雑把に言うと上記に書いたような事です。




P4090003.jpg

Y様BMW X3が日帰りメンテでご入庫です。
最初にロボコン。
4月1日からキャンペーンが始まっていますが、すでに70台近くのご依頼をいただいております。


P4090016.jpg

手ぶれで見にくい写真ですが。。。


P4090017.jpg

DIESEL FLUSHも同時にご依頼。
頑丈なイメージのディーゼルエンジンですが、実は恐ろしく繊細です。
定期的なメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。


P4090021.jpg

その後、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)をやって、オイルラインの洗浄でした。




P3300024.jpg

A様のダイハツ ソニカ。
国産車も外車も、エンジン内部が汚れるメカニズムは同じです。
BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)のご依頼。


P3300025.jpg

その後、進化剤でエンジン内部をスルスル化しました。




P3290019.jpg

I様のBMW325i TRは、WAKO'S RECSのご依頼。
カーボンは、どのような丁寧な運転をしてもエンジン内部に溜まりますので、定期的なメンテナンスで除去をお勧めいたします。




P3270063.jpg

Y様のF20-116は、Injector Flushとインテーククリーニング。
直噴エンジンには特にお勧めです。




DSCN0015_20170529084559ba5.jpg

S様のプジョーもInjector Flushとインテーククリーニングのご依頼でした。
車種を問わず、メンテナンスは非常に重要です。




P4080057.jpg

K様のBMW Z4は、最初にInjector Flushをやって。。。


P4080058.jpg

その後にインテーククリーニング。


P4080059.jpg

そしてロボコンでエアコン最適化です。




P3170085.jpg

Y様のE46-M3は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)のご依頼です。




P3150059.jpg

M様のBMW330iは、12ヶ月点検をやって同時にBOSCH SERVICE PROGRAM(BSP)で車両のコンディションを把握。
日帰りメンテは前回作業時に隅々まで済ませてありますので、当然良好なコンディションを維持していることが解りました。




P3180091.jpg

K様のBMW650iは、WAKO'S RECSのご依頼でした。
新しいクルマでも、それなりにカーボンがエンジン内部に溜まってきます。
層を作ってとりにくくなる前にきれいにしておけば、後々に違いが出てきます。




P4020020.jpg

そして週をまたいで再びK様の650i。
今度はインテーククリーニングです。
汚れのメカニズムをご理解頂き、徹底的にエンジン内部洗浄をご依頼頂きました。




P1030181.jpg

Y様はBMW M5のフットワーク診断でご来店。
足回りの状態が気になるとのことでした。
結果は、そろそろ足回りのメンテナンス時期。
かなり正確な診断が可能です。




P1030188.jpg

M様のBMW325iは、車検と同時にWAKO'S RECS。
毎年点検入庫でRECSの作業ご依頼をいただきます。
ですので、コンディションは申し分ありません。




P3240020.jpg

M様のE88は、12ヶ月点検でご入庫。
日帰りメンテのメニューを同時にご依頼頂きました。
最初にWAKO'S RECSから。


P3240022.jpg

RECSの時の白煙をご期待の方々、大変申し訳ありません。
煙いので排煙をすることにしましたので、大量の白煙は出ません。
どうしてもの方は、ホースの出口でお待ちください。


P3240021.jpg

そしてインテーククリーニングもご依頼。


P3240023.jpg

もちろん、Injector Flushの作業もリクエストをいただきました。




P3060007.jpg

M様のボルボはアライメント調整。
日帰りメンテではありませんが・・・
アライメント調整は、3日前後のお時間をいただいております。




P3190097.jpg

S様のE92-M3は、Injector Flushとインテーククリーニングでご来店でした。




P4010003.jpg

S様のX5は、最初にロボコン。


P4010004.jpg

大量のATF漏れがあり、修理を兼ねてATF交換。


P4010008.jpg

作業自体は、まったくATF交換と同じ内容で、このタイプのトランスミッションでしたら、ハーネススリーブを交換してオイルパンも同時交換。
そしてATFの充填という流れです。


P4010011.jpg

ATF漏れの原因は、オイルパンでした。
歪んできているのか、後方部分からジワジワとATFが出てきていました。


P4010012.jpg

鉄粉もそこそこ出ています。


P4010019.jpg

ATF交換の後は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでエンジン内部洗浄。
コンディションを整えて納車となりました。




P3170072.jpg

N様のBMW F10は、モロモロのメンテでご来店でした。
推定片道700kmくらいの道のりを経ていらっしゃいました。
昨年もご来店いただき、イロイロやってます。

まずはATFの交換。


P3170073.jpg

クルマが上がっている間に、同時にデフオイルの交換。


P3170074.jpg

作業はいつも通りオイルパンを取り外します。


P3170077.jpg

鉄粉、出ますね。


P3170078.jpg

ストレーナー(フィルター)入りのオイルパンは、必ず交換です。


P3170079.jpg

今回はMoty'sのATFのご依頼です。


P3170080.jpg

続いて、Injector Flushとインテーククリーニングの作業。


P3170090.jpg

最後に、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンで締めました。




P3120051.jpg

N様のE92-M3は、Injector Flushとインテーククリーニング。
こちらも白煙がでますので排煙しています。


P3120055.jpg

そして、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの作業でした。


P3220116.jpg

I様のBMW323iは、WAKO'S RECSの作業でした。
日帰りメンテに興味を持たれ、まずはRECSからという方が多いです。




DSCN0027_20170529092206820.jpg

A様のBMW F10は、車検入庫で日帰りメンテをご依頼です。


DSCN0039_20170529092309901.jpg

DSCN0040_20170529092343ff0.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングをやって。。。


DSCN0041_201705290924071e5.jpg

WAKO'S RECSでした。




P3270064.jpg

S様のBMW F10は、最初にRECS。


P3270065.jpg

P3270066.jpg

Injector Flushとインテーククリーニング。

年に3回くらいやってます。
コンディションを崩しようがないですね。




P3250040.jpg

M様のE46-M3は、進化剤のご依頼でした。




日帰りメンテは、日によっては大変混み合います。
ご来店前に、ご一報をいただけましたら幸いです。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト
[ 2017/05/29 09:27 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW MINI エアコン

DSCN0094.jpg

F様のMINI COOPERが、エアコンが効かなくなって修理入庫でした。
4月上旬に、ロボコンでエアコンガスを適正化しましたが、その後半月くらいでエアコンが再び効かなくなりました。
調べてみましたら、エアコンガスはほとんど入っていない状態で、明らかに大きな漏れが発生しています。
光と音でガス漏れ部位を検知し、急いで修理です。


DSCN0095_201705190826033c4.jpg

室内をバラバラにして修理開始。
実は、一番時間がかかるのが室内分解。
それなりの時間と費用を要します。


DSCN0096.jpg

空調ユニットを取り外さないと修理ができない構造です。


DSCN0097_2017051908280210f.jpg

一番漏れているのはエバポレーター。
ラジエターのような構造の部品です。
左下が湿っているのが、ガス漏れの部分。

右上の部品は、エキスパンションバルブ。
エアコンガスを霧状にします。
配管をあけたときは、ほぼ同時交換部品です。


DSCN0098.jpg

ケースの中にエバポレーターが収まるようになっていて、グリーンの漏れ検知剤がたっぷりと残っています。
ロボコンの作業時に、ガスの充填と同時に検知剤を充填します。
エアコン修理の手助けとなってくれます。


DSCN0099.jpg

交換するエバポレーター。


DSCN0100_2017051908314239e.jpg

そしてエキスパンションバルブ。

組み付け作業は、逆の順序でひたすら内装部品を細かく取り付けていきます。


DSCN0101_20170519083234892.jpg

もうひとつ漏れていたのがコンプレッサー。
右が旧品ですが、シャフト周辺からガスとオイルが漏れて、コンプレッサー全体がベトベトに汚れています。

新品を組み付けてほぼ完了。
と言っても、コンプレッサーの脱着もそこそこ時間が必要です。


DSCN0147_20170519083406fcf.jpg

最後にロボコンで規定量のガスを充填して完成。

キンキンに冷えるエアコンが戻りました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/05/19 08:34 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW E46 車検

P1030206.jpg

K様のBMW318iが車検でご入庫でした。
右ハンドルのマニュアルで、チョイ希少です。

点検後、そこそこ手を入れる場所がありました。


P1030210.jpg

定番のエンジンオイル漏れ。


P1030215.jpg

よくあるパターンのオイルパンから。


P1030218.jpg

オイルパンからのエンジンオイル漏れは、エンジンを吊って作業をします。


P1030221.jpg

ステアリングラックを取り外します。


P1030225.jpg

サブフレームも取り外して、オイルパンを脱着しやすいように作業スペースを作ります。


P1030231.jpg

そしてオイルパンを取り外し。
同時に各部を点検。


P1030263.jpg

そしてガスケットの交換。


P1030264.jpg

オイルパンを洗浄して組み付け。
ガスケットだけでは持ちが悪いので、液体ガスケットも使用して延命をはかります。


P1030219.jpg

バキュームポンプからもエンジンオイルが漏れていました。
直しても直してもオイルが漏れます。


P1030234.jpg

P1030265.jpg

分解清掃をしてシーリング。


P1030266.jpg

同時にエンジンマウントとミッションマウントも交換。
左が旧品で、20ミリくらいつぶれています。


P1030285.jpg

エンジンオイルが噴き出しているフィラーキャップも交換。
左が旧品で右が新品。
形状変更になっています。


P1030216.jpg

デフオイルも漏れ始めて、全体的にしっとりしていました。


P1030227.jpg

デフを下ろしてオイルを抜き、作業準備。


P1030276.jpg

分解してシールを交換。


P1030236.jpg

作業後はきれいにしておきます。


P1030228.jpg

ここにデフが収まっているわけですが。。。


P1030229.jpg

デフマウントが劣化で切れています。


P1030270.jpg

P1030271.jpg

マウントを三カ所交換。
三カ所でデフを吊っています。


P1030237.jpg

工具を使ってデフマウントを圧入。


P1030268.jpg

ファンベルトとテンショナー類も、劣化の為に交換。


P1030208.jpg

P1030209.jpg

ヘッドライトカバーが曇り始めていましたので、こちらは交換のご依頼。
E46はカバーだけ部品供給があるのでイイですね。


P1030212.jpg

冷却系統のメインパーツを取り外しましたのは、ロアホースから冷却水漏れが始まっていたのと、ラジエターサブタンクがそろそろっぽい感じでしたので、今後を考えて車検で一気に整備することになりました。


P1030217.jpg

ロアホースなど取り外した状態ですが、水漏れの跡が残っています。


P1030267.jpg

突然フランジが折れるウォーターポンプにつながるホース。


P1030283.jpg

こちらも突然フランジが折れるヘッドからアッパーホースにつながるパイプ。


P1030282.jpg

水漏れのロアホース。


P1030281.jpg

P1030284.jpg

よくあるトラブル発生源は、一気に手を入れました。


P1030279.jpg

経験された方も多いと思いますが、突然破裂するサブタンクはもちろん交換。


P1030280.jpg

サブタンクを交換するときは、ラジエターキャップも同時交換です。


その他、油脂類を交換して、無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW325i TR KONI FSDなど

DSCN0001.jpg

A様のBMW325i TR(E91)が、足回りのご相談等々でご入庫です。
クルマの乗り心地が悪く、しかも車高が下がってきたのでフロントバンパーを擦ると。
スポーツタイプの足回りではなく、乗り心地を重視した足に入れ替えたい。
こんな内容です。

足回りの中でも、スプリングは社外品にすると硬くなり、また車高も落ちてしまいます。
ですので、スプリングはそのままで、しっかり感とコンフォート感を両立したショックアブソーバーへの交換ですね。
まあ、結論はKONI FSDしかありません。
もちろん、A様もそこらへんはリサーチ済みで、当初よりKONI FSDの指名買いでした。


DSCN0004_201705140844118cb.jpg

こちらを取付け。


DSCN0002.jpg

DSCN0003.jpg

足回りのノーマル状態です。


DSCN0010_20170514084545c62.jpg

フロントのショックアブソーバーは、純正(下側)は劣化気味。
上が交換するKONI FSDです。
形状は純正もFSDも同様ですが、中身が違います。


DSCN0005_20170514084654004.jpg

リアショックアブソーバーも純正とFSDは同形状ですが、やはり中身が違います。


DSCN0011.jpg

車高が下がってしまった原因の一つは、フロントアッパーマウントの劣化があげられます。
10ミリくらいつぶれています。


DSCN0007.jpg

DSCN0006_20170514084902238.jpg

リアのアッパーマウントとロアマウントは、フロントほど顕著に劣化はしていませんが、異音対策等を合わせて交換推奨部品です。


DSCN0008.jpg

スプリングシートも、やはり同時交換推奨部品です。
手を抜くと、ギシギシ音の原因になったり、ゴムが破れて再作業となることもあります。


DSCN0009.jpg

スプリングはこんな工具でショックアブソーバーから取り外します。


DSCN0012_20170514085203c8a.jpg

DSCN0013_201705140852220c6.jpg

前後とも組み上がりました。


DSCN00172.jpg

1日ほどクルマを寝かせて足回りを馴染ませ、SDLでフットワーク診断。
その後、アライメント調整で足回りの方向性を出します。


DSCN0014_20170514085410ec1.jpg

同時作業でリクエストをいただきましたATF交換。


DSCN0017_201705140854460d0.jpg

ATFの交換だけではなく、きちんとストレーナーやガスケットも交換します。


DSCN0019_20170514085524949.jpg

これですね。


DSCN0016_20170514085546492.jpg

きれいに洗浄して、ストレーナーとオイルパンを取付。
ATFを充填して作業完了です。




http://www.stella-motors.co.jp/

ベンツ 車検とBSP

DSCN0012_20170514083053e38.jpg

T様のメルセデスベンツE280Tが車検でご入庫でした。
中古車でご購入後、間もないのですが、納車当初からいろいろと有ったそうで、何度かお預かりをして手を入れたりしていました。
今回の車検も、トラブルの予兆などを見逃さないようにキッチリと点検と診断を進め、コンディションの把握を重点的に診ていきました。
ご依頼は、コントロールユニットを徹底的に分析するBSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)を中心に各部の診断。

トランスミッションで、少し心配な部分はありましたが、その他は良好。


DSCN0019_20170514083405cd2.jpg

BSPには、足回りの診断装置SDLが含まれていますので、ブレーキの実用的な効きやアライメント調整の必要性、ショックアブソーバーの機能診断なども具体的に解ってきます。

大きなトラブルは見られず、今後は不具合を感じたときに手を入れるという乗り方で問題なさそうです。




http://www.stella-motors.co.jp/

プジョーの水漏れ

DSCN0052_20170514081943b3d.jpg

O様のプジョーが冷却水漏れでご入庫でした。
症状は、当然冷却水が減りますが、走行中にエンジンルーム周辺からイヤな臭いが出ているとのことです。

点検しましたところ、場所の特定は問題ありませんが、ちょっと遠いところにある部品が原因。


DSCN0053_20170514082129232.jpg

サーモスタットハウジングの劣化で冷却水が漏れていました。
車種によっては取替に30分くらいで済むこともありますが、今回は取り外す部品が多く、ほぼ一日作業となりました。

交換後、加圧テストを実施して二次トラブルを回避。

無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/05/14 08:23 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW M6 エンジン不調

P3230010.jpg

H様のBMW M6が、エンジン不調でご入庫でした。
アクセルを踏み込むと、ナビ画面に警告が出て出力制御されてしまいます。

スロットルコントローラーの異常ですね。
診断結果、間違えなさそうです。


P3230011.jpg

エアコレクターから順番に取り外していきます。


P3230013.jpg

コントローラーはこの奥に入っていますので、さらにイロイロと取り外します。


P3230014.jpg

こういう部品です。
そこそこ高額な部品です。


P3230012.jpg

同時にポジションセンサーも交換。


P3260051.jpg

完了後、最終点検でエンジンオイル漏れを発見。


P3260050.jpg

オイルクーラーからエンジンオイルが漏れていました。

これは次回の作業となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/05/08 08:21 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW320i(E46)車検

DSCN0041.jpg

S様のBMW320i(E46)が車検でご入庫でした。
かなりコンディションが良い個体です。

点検をして、大きな改善も必要なく、ご希望のメンテナンスメニューの実施となりました。


DSCN0042_20170508080936210.jpg

ATF交換をご希望で、排出したATFは色味は鉛色で怪しいのですが、プレチェックの結果は交換OK。


DSCN0044_20170508081034d05.jpg

オイルパンを取り外して。。。


DSCN0048_2017050808111262c.jpg

ストレーナーを交換。


DSCN0043_201705080811356dd.jpg

内部をきれいにしてATFを充填。


DSCN0050_2017050808121131f.jpg

その他、ロボコンのご依頼もいただきました。




http://www.stella-motors.co.jp/

ALPINA B3 BITURBO エンジンの調子がイマイチ

P1030115.jpg

O様のALPINA B3 BITURBOが、どうも調子が悪いということでご入庫でした。

症状は、
1.時速120km/hくらいで室内のエンジン音がうるさい。
2.購入直後から、エンジンルームから「ジー」音が出ていた。
3.トランスミッションを載せ替え、その後ステアリングが重くアクセルを踏んでもクルマが重い。
など。


診断を進めると、2はターボプレッシャーコントローラーの異常がみられました。


P1030149.jpg

コントローラーはこちら。
交換してテスト走行で異常は無くなりました。


で、1と3ですが、複合的な問題でした。

室内のエンジン音がうるさいのは、少し悩みましたが、点検をしてみたらトランスミッションの取付がユルユル状態でした。
きちんと取付して音は解消。

3は、単純にタイヤの空気圧低下が原因でした。
空気圧を規定にそろえて解消しました。

タイヤの空気圧はバカにできません。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/05/08 08:04 ] エンジン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです