Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2017年04月

BMW320i 12ヶ月点検

P1030418.jpg

T様のBMW320iが12ヶ月点検でご入庫でした。
12ヶ月点検は、実は非常に重要です。
電子部品や各装備が増え続ける現代のクルマを、常にトラブルを回避して安心して乗るためには欠かすことができません。
車検ごとの点検でも、クルマの全ての機能を見ることができればいいのですが、2年ごとでは消耗部品の劣化の程度を予測することは難しいことが多くあります。


P1030419.jpg

時々エンジンルームから通常とは異なる音が出るとの事でした。
再現しにくく、少し時間がかかりましたが、オルタネーターのベアリングに異常がありました。
こちらはオルタネーター交換で改善。


P1030420.jpg

エンジンの裏側に冷却水を止めるキャップがあります。
キャップのシール不良で、冷却水が漏れ始めていました。


P1030421.jpg

P1030422.jpg

冷却系統のホースにも劣化があり、少し冷却水がしみ出している状態でした。

車検点検時まで、部品が持つかと言われれば、もつかもしれないし、その前に冷却水漏れが発生するかもしれないという微妙なところですね。
出先でのオーバーヒートなどは避けたいものです。
お見積をして、作業OKをいただいてからの部品調達と修理です。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト

BMW X3 ステアリング異常

P3030076-2.jpg

O様のBMW X3が、ステアリング異常でご入庫でした。
症状は、走行中にステアリングが急に重くなって操作ができないという内容です。

実は、しばらく前から異常がありましたが、診断中には症状が再現できず、後付のレーダーや電気機器配線を改善したりして経過を観察していただいておりました。

今回は、頻繁に症状が再発するとのことで、レッカー搬入という流れです。

入庫してすぐには症状が出ませんでしたが、再現する方法がわかりました。


P3030077.jpg

ステアリングギアボックスにモーターが取り付けられていて、内部の回路に不具合がありました。
基盤損傷で時々信号が遮断されてステアリングが重くなってしまいます。


P3030079.jpg

現在のところ、ギアボックスの修理方法が無く、部品を調達。

取付後にプログラミングをして完了。

テスト走行でも再発せず、無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/04/24 08:46 ] ステアリング | TB(0) | CM(0)

BMW M635CSi

P1020911.jpg

Y様のBMW635CSiがメンテナンスでご入庫でした。
ご来店時に様々な症状をお話しされていました。
かいつまんで、
・高速走行時にブレーキを踏むとエンジンとミッションに激しい振動が出て、シフトノブもガタガタ揺れる
・渋滞時にクラッチペダルの戻りが悪くなる
・冷間時のステアリング操作でガタがある
など、その他も関連する内容が盛りだくさん。

チェック項目とメンテナンスがイロイロですので、写真撮影順に書きます。
したがいまして、話しが前後します。


P1020913.jpg

冷間時のステアリング操作につきましては、激しいパワステフルード漏れがありまして、ほとんどフルードが入っていません。
冷間時は、ポンプがエア噛みしています。
暖まるとフルードが膨張してエア噛み解消となるために普通の操作ができています。


P1020914.jpg

ステアリングギアボックスも激しいフルード漏れ。


P1020915.jpg

トランスミッションもそこそこのオイル漏れ。


P1020916.jpg

マフラーマウントがちょん切れて、エンジン回転が上がるとマフラーが暴れています。


P1020917.jpg

フロントロアアームは、ボールジョイントブーツが裂けています。
交換して間もないそうです。


P1020918.jpg

デフオイルがシールからにじみ出していますが、今回の症状とは無関係。


P1020919.jpg

ブレーキフルードもマスターシリンダーから漏れています。
交換して間もないそうです。


P1020920.jpg

ブレーキフルードリザーブタンクのグロメットもそろそろ交換時期。


P1020991.jpg

ロアアームはブッシュが裂けています。


P1020993.jpg

走行安定性に問題がありますので、ブッシュ交換。


P1020994.jpg

本当はアームもボールジョイントのガタが出始めているので交換したいところですが、アーム交換をして間もないとの事ですので今回は見送りました。


P1020995.jpg

ブーツが裂けているのもそうですが、アームを手で下側に下げるとボールジョイントがコトコトと言います。


P1020998.jpg

プルストラットもブッシュに亀裂が発生しています。


P1030001.jpg

こちらも走行安定性に影響しますのでブッシュ交換。


P1030200.jpg

クラッチペダルの戻りは、マスターシリンダーとレリーズシリンダーが良い加減でシール不良になっていましたが、テンションスプリングのブラケットが破損して、ペダル位置がズレていました。


P1030203.jpg

クラッチレリーズの交換。


P1030204.jpg

加減ができなくなっているステアリングアキュームレーターを交換。
構造上、ブレーキにも影響があります。


P1030205.jpg

激しく漏れていたパワステフルードの高圧ホースを交換。


P2120039.jpg

また話しが飛びます。
エンジン上部からのオイル漏れを修理。


P2120040.jpg

デスビカバーのOリング劣化でエンジンオイル漏れ修理。


P2120043.jpg

話しが戻って、ちょん切れたマフラーマウントを交換。


P2120044.jpg

これもマフラーマウント。
劣化でユルユルです。


P2120045.jpg

話が飛んで、ファンベルト等を一式交換。


P2120046.jpg

劣化しすぎてコマが欠けています。


P2120047.jpg

この状態でベルト交換時期です。


P2170004.jpg

ステアリングギアボックスは、分解してオーバーホールしました。


P2180014.jpg

またまた話しが飛びます。
エンジンオイル漏れはエンジン上部だけでは無く、下部からも。。。


P2180022.jpg

エンジンオイルのデリバリーパイプから漏れていました。


P2180023.jpg

何かの修理で無理矢理突っ込んだと思います。
パイプが変形していました。
変形してオイルが漏れるので、シール剤が山盛りで塗られていました。


P2180021.jpg

話しが飛びます。
エンジンとミッションの振動の原因の一つ、エンジンオイル漏れでエンジンマウントがブヨブヨにふやけてコンニャク状態。


P2180018.jpg

ステアリングギアボックスオーバーホール時にわかったこと。。。


P2180020.jpg

サブフレームにギアボックスを装着するブラケットが破損していました。


P2180025.jpg

この部分が破損しています。


P2180028.jpg

細かい位置関係もありますので、近所の鉄工所で溶接を依頼。
こういう事はプロに任せるのが最適。


P2180030.jpg

サンダーでバリを取って水平にします。


P2180031.jpg

仕上げに錆止め塗装。


P2190032.jpg

話しを前後させて、ミッションオイル漏れの補修。


P2190033.jpg

原因はこの部品。
ミッション裏側のオイル流路のカバー。
ガスケット単体で部品が出ないため、部品を交換となりました。


P2190034.jpg

ミッションオイル漏れで、マウントが溶け始めています。


P2190036.jpg

溶けて変形している状態。


P2220037.jpg

ミッションオイルも同時に交換。


さてさて、写真があるのはここまでで、その他の関連作業が相当あります。

意外と部品が流通していますね。
ホースで絶版となっていたモノがありましたが、何とか複製をしたりして修理することができました。

作業終了後、お客様のご依頼事項が解消されている事を確認。
無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

VWトゥーラン エンジン不調

P1030192.jpg

O様のVWトゥーランがエンジン不調でご入庫でした。
症状は、発進時にエンジンがガクガクしてうまく走り出さないこととエンストをする。

診断機ではカムシャフトセンサーの信号で異常が出ているとの無いようですが、ちょっと違いそう。


P1030193.jpg

カムシャフトセンサーとクランクセンサーの同期がとれず、点火タイミングのズレや燃料噴射がおかしくなっていました。

エンジン分解でのメンテナンスとなります。


P1030194.jpg

タイミングチェーンが伸びて、テンショナーが一杯に出ている状態。


P1030196.jpg

新旧でチェーンを比較すると、半コマ分くらいチェーンが伸びています。


P1030197.jpg

このくらい伸びていると、バルブタイミングに狂いが出て、エンジン不調が起きてしまいます。


P1030195.jpg

特殊工具でチェーンの張り替え位置を設定して交換作業です。

なぜチェーンが伸びるかというと、やっぱりエンジンオイル交換のサイクルと油質に問題があると言うことですね。
エンジンオイル交換は5000kmごとでしょうね。
ランニングコストはかかりますが、メンテナンスコストを上回ることはありません。

簡単に書いていますが、けっこう時間がかかる作業です。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/04/23 08:05 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW335i TR 12ヶ月点検

P1030318.jpg

M様のBMW335i TR(ツーリング)が12ヶ月点検でご入庫でした。
ご来店時にお伺いした内容では、数回ですがステアリングが重くなったとの症状をお話しになっていました。

診断結果は、ステアリング機構に問題はありませんでしたが、エンジンオイル漏れが進行し、ステアリングの電気制御部分にオイルが混入していました。
オイル漏れが原因で、電気信号を遮断してしまうことがあり、その時にステアリングが重くなったようです。


P1030320.jpg

オイル漏れを点検していくと、タペットカバーに亀裂があり、亀裂からエンジン全体にオイル漏れを発生していました。
タペットカバーのリペアはできませんので、カバーごとの交換作業となります。


P1030323.jpg

直噴エンジンは、ちょっとだけ作業時間が多くかかります。


P1030321.jpg

新しくカバーを新調して交換。

症状の再現も見られず、無事に修理完了となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

ポルシェ911アライメント調整

P3240034.jpg

M様のポルシェ911は、アライメント調整でご入庫でした。

ポルシェはノーマル状態で調整幅がありますので、好きなように手を入れることができます。
曲がりやすくとか直進安定性を高めるとか、自由度が高いのが走りのクルマですね。

調整前はリアトーが大きく狂っていて、タイヤの偏摩耗が出ていましたが、左右差を詰めて調整しましたのでタイヤを交換すると偏摩耗がでにくくなると思います。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW E90 車検

P1030065.jpg

S様のBMW E90が車検でご入庫です。
「買い換えを検討しているものの、まだハッキリと決まっていないので、とりあえず車検を通す」というご依頼でした。

とは言え、点検と診断はいつも通り。


P1030067.jpg

バキュームポンプからオイル漏れが発生していました。
何回直しても漏れます。
ガッチリとシールすると、少し寿命が延びます。
エキセントリックシャフトセンサーのガスケットからもエンジンオイルが漏れていました。
これも何回やっても漏れます。


P1030068.jpg

エアクリーナーエレメントは汚れていましたので交換。
BMWの中でも、この形状のフィルターだけ表面にカバーがあります。
カバーの中は普通の濾紙が入っています。
二重構造にする意味があるのか・・・


P1030071.jpg

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)も同時にご依頼を頂きました。


P1030089.jpg

追加作業でボディコーティングも。
色つきのクルマはコーティング後の光沢が際だちます。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW E61 車検

P1030118.jpg

N様のBMW E61が車検でご入庫でした。
「走行距離が伸びてきたし、年数も経っているのであまり費用はかけたくない」ということを踏まえた内容でした。

費用はかけたくないと言うことでも、点検と診断はいつも通り。
悪くなった部分は見て見ぬふりはせずに、一応はご指摘します。
お見積の上で、作業を実施するかどうかをご判断頂いています。
もちろん、車検に適合しない部分は手を入れる必要があります。


P1030120.jpg

エンジンオイルフィルターハウジングから、オイル漏れが発生していました。
場合によっては二次トラブルもあります。


P1030121.jpg

P1030122.jpg

P1030123.jpg

分解・洗浄・ガスケット張り直しの作業で完治。


P1030128.jpg

P1030129.jpg

P1030131.jpg

ギリギリの状態だったラジエターホースとサブタンク。
オーバーヒートは、時にはエンジン損傷の危険がありますので、乗る期間が短くても手を入れておきたいところですね。
サブタンクは純正を使用せずHELLA製で作業しました。


P1030148.jpg

トランスミッションからはATFが漏れ始めていました。
オイルパンがシットリと濡れています。

こちらは今回はパス。。。

気が変わったらメンテナンスをすれば良いでしょう。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW Z4 冷却水がジャンジャン漏れる

P3230001.jpg

T様のBMW Z4は、冷却水漏れで緊急入庫。レッカー搬入でした。


原因は複数箇所で、ラジエターサブタンク破損とウォーターポンプからの冷却水漏れ。


P3230008.jpg

サブタンクは左が旧品で右が新品。
サブタンク本体に亀裂があり、水を入れても一気にスルー。


P3230007.jpg

同時交換部品。


P3230009.jpg

アッパーホースからも冷却水がしみ出していました。


P3230006.jpg

ロアホースもそろそろ寿命。


P3230002.jpg

ウォーターポンプはシャフトシールの劣化で冷却水漏れ。


P3230004.jpg

年数を考慮してサーモスタットも同時に作業実施。

E85 Z4は、ウォーターポンプ交換の時にエンジンを浮かせる必要があります。
通常の直6エンジンよりも、少し多めに時間を頂いております。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/04/12 08:48 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW Z4 ルーフ開閉不良

P3300026.jpg

N様のBMW Z4 (E85)は、ルーフ開閉不良でご入庫。

機能テストでルーフ用モーター不良を特定。


P3300027.jpg

交換作業はソフトトップを取り外します。
キズ防止の為、養生します。


P3300037.jpg

作業の邪魔なので、シートは左右とも除去。


P3310039.jpg

取り外したソフトトップ。
簡単に書いていますが、そこそこ時間がかかります。


P3310041.jpg

原因は水漬けになったモーター。


P3310042.jpg

キッチリ錆びてます。


P3310043.jpg

このケースにモーターが収まるのですが、構造が悪いですね。


P3310001.jpg

予算がちょっと余ったので、ビルフラをやってエンジンオイル交換、ミッションオイルとデフオイル、SMGフルードを交換して完了。

ルーフの開閉もスムーズになり、これからのシーズンが楽しみですね。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/04/12 08:34 ] ボディリペア | TB(0) | CM(0)

E91のウィンドウレギュレーター

P3250041.jpg

H様のBMW E91がウィンドウレギュレーター不良修理でご来店でした。

ウィンドウ開閉不良は、BMW E91でも増えています。
窓の開閉時の異音は、ほとんどレギュレーターでトラブルが出ています。
左右で窓の上下の早さが違うようになった時も、レギュレーターのトラブルの場合が多いです。


P3250043.jpg

作業は、ドアトリムを取り外してレギュレーターの交換。


P3250042.jpg

レギュレーターとは、こんなかんじの部品です。
車種やどの窓かで形状が違います。


P3250044.jpg

インシュレーターも同時交換です。
音消しの役割が大きいのですが、インシュレーター不良で室内浸水というケースもあります。
特にE90系とE87系のBMWは浸水しやすい傾向です。


P3250046.jpg

レギュレーターを取り付けてインシュレーターを張り替え、ドアトリムを元に戻して作業完了。
2時間弱の作業ですので、お待ち頂いている間に完了します。
部品は都度取り寄せとなります。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/04/12 08:23 ] ボディリペア | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです