Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2015年05月

メルセデスベンツ300SEL アライメント

以前はALPINAにお乗りだったK様。
新たにメルセデスベンツをご購入され、走行状態が不安定なのでアライメント調整を依頼したいと。。。

詳細につきましてお聞きしなかったのですが、ご来店されてビックリ。


DSCN0614.jpg

1970年のメルセデスベンツ300SEL6.3でした。
内外装とも状態が良く、エンジンを回すと排気ガスの香りがプンプン漂う味わいの一台ですね。

念のため、K様はワークショップマニュアルを入手されてご持参いただいてました。
当然、アライメントデータも記載されています。
アライメントテスターにデータはあるかなと検索すると、バッチリ入ってますね。
ワークショップマニュアルのデータとテスターのデータも同じ。

車高を調整してアライメント調整へ。
このベンツ、四輪ともエアサスなんですよ。
ロッドで車高を調整します。

ある程度は調整して走行安定性を取り戻すことはできましたが、イマイチ納得できないところです。
調整用のシムなどを取り寄せて、あらためてご来店作業となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト

BMW M3 スターターモーターの件

M様のBMW M3 (E46)は、バッテリー交換のご依頼で遠方よりご来店頂きました。

「エンジンが始動できないのでバッテリーを交換して欲しい」との事で、特別に他のことを疑わなかったのが失敗でした。
バッテリーに関しましては、確かに容量が落ちて能力低下はありましたが、バッテリー交換後にエンジン始動不能でした。

そう、スターターの寿命でした。


DSC_4368.jpg

吸気関連のパーツを取り外すと、スターターモーターがあります。


DSC_4370.jpg

左が新品(リビルト品)で右が旧品です。

交換後には、当然のように素早いエンジン始動が復活です。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/31 09:25 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW335i PPE

DSCN0562.jpg

BMW335iにお乗りのO様が、PPEの取付でご来店でした。

PPEとは・・・
ターボ搭載エンジンの馬力とトルクを、お手軽チューニングでUPさせてしまうアイテムです。
もちろん、日帰りOK。2時間前後の作業で、ご来店時とお帰り時でクルマが変身してしまうという有り難いものです。

今回のO様の335iは、LCI(後期)のN55B30Aというエンジン。
馬力が306ps→348psにアップ、トルクは400NM→447NMに太くなりました。

必要な時に最適な力が生み出されるエンジンに変化しました。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/31 09:16 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

タウンエースバン ミッション載せ替え

お隣さんの営業車両、タウンエースバンが前にも後にも走れない状態で入庫でした。
正確に言いますと、エンジンが暖まると動けません。
冷えている状態で、なんとかゆっくりと動けます。
したがいまして、入庫時はエンジンが冷えている状態です。


DSC_4350.jpg

走行距離は10万キロちょっと。
典型的なミッショントラブルですね。
泥だらけだからトラブルを起こしているわけではありません。

乗り方が荒いそうです。
前進中にバックに入れたり、完全に停止していない状態でもPにシフトしたりするらしいです。


DSC_4351.jpg

ミッションを下ろすのに2時間弱。
この手のクルマは楽ですね。


DSC_4353.jpg

ご用意しましたリビルトミッションに積み替える作業で3時間弱。

即日修理ですね。
営業車ですので、分解修理などは時間が足りないです。
ストレートにリビルト品をチョイスさせて頂きました。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/24 18:54 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

BMW Z4 smartTOP

お客様に教わること、多いですね。


BMW Z4 E89のH様が"smartTOP"の取付でご来店でした。


DSCN0527.jpg

DSCN0543.jpg

このような小さい箱を、ルーフのコントロールユニットに割り込ませると。。。


DSCN0528.jpg

動画じゃないですので、イメージしてください。

キーレスのボタンを長押しで、自動でルーフの開閉ができます。
室内のルーフ開閉ボタンを、通常は長押しでルーフ作動しますが、ワンタッチに変更できます。
その他、イロイロと機能があります。


DSCN0542.jpg

DSCN0537.jpg

同時に、ノーマルマフラー→スーパースプリントに交換でした。
加速中の響く低音が魅力ですね。
エンジン回転が上がると、直6のストレス無しの加速音が楽しめます。


DSCN0538.jpg

DSCN0539.jpg

その後に、定番のロボコンでした。
何かの作業と同時にロボコンのパターン、多いです。
是非とも、ツララ化した車内をお楽しみください。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/24 18:30 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

近況ご報告

ブログも久しぶりになってしまうと、書くきっかけが無いですね。
そのまま放置して自然消滅も困りますので、近況ご報告させて頂きます。。。




DSC_4361.jpg

Y様のBMW MINI、右側のミラーが格納時に「ガガガガガ」となる症状で御入庫です。


DSC_4362.jpg

原因は、ミラー内部のモーター不良でした。
MINIはいいですね、モーター単品で部品供給があります。
BMWだと、Assyですからね。




DSCN0504.jpg

DSCN0505.jpg

Y様のE46は、ロボコンです。
そうです、毎年ロボコンのご依頼をいただきます。
ありがとうございました。


DSCN0506.jpg

その後、SDLで足回りの状態をキッチリと診断し、今後のメンテ計画がわかりやすくなりました。




DSCN0560.jpg

N様のE39は進化剤です。
N様は、進化剤を毎年ご依頼くださいます。
それだけ効果があるわけですね。




DSCN0525.jpg

F様のAUDI TTSも進化剤です。
手を入れたエンジンのパフォーマンスをさらに高める事ができます。




DSCN0561.jpg

A様は、F20-116iにPPEの取付でした。
装着後、そこらへんを一周お乗り頂いたところ、ニコニコでお戻りでした。

お手軽な簡単チューニングです。




ドタバタやってますので、また続きを書きます。





http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/24 17:27 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

LEDドアプロジェクター

IMG_20150514_172356.jpg

都合5ヶ月待ちで、BMW用のLEDドアプロジェクターが入荷しました。
ドア下のライトカバーを取り外して交換するだけの簡単アイテムです。

17,496.-(消費税込)です。



http://www.stella-motors.co.jp
[ 2015/05/14 17:30 ] ライトニング | TB(0) | CM(0)

インジェクターの不具合

F様のE91-320iは、エンジン不調で入庫でした。

冷間時にエンジンを始動すると、ミスファイアの症状があります。
エンジンの振動が大きく、回転にバラツキが出てます。
エンジン警告灯も点灯します。
暖まると、安定してきます。水温が50度くらいからはなんとか普通に近い状態です。
後期型の直噴4気筒エンジンで、ミスファイアのエラーが入力されています。

通常、ミスファイアの場合、スパークプラグやイグニッションコイル不調で入力されることが多いのですが、たまにはインジェクター不良があったりします。

1~4気筒まで、全てにエラー入力があり、消去してアイドリングするとエラーは入りません。
エンジンを冷やして、再始動するとエラーが入力されます。
この再始動がまたやっかいで、1日ではエラーが入力されるまでエンジンが冷えません。
したがいまして、次のテストは翌日になります。

今回、複合的でしかも症状再現に時間がかかり、かなりの日数を費やしてしまいました。


DSCN0204.jpg


こういう時、判断材料の一つとして、Injector Flushをやってみたりします。
で、結果は変化無しです。
インジェクターの詰まりでは無いですね。
もともと、温間時は激しい不調は有りませんでしたので、こういう結果は想定済み。


DSCN0191.jpg

不具合のひとつ、スパークプラグは、中心電極も接地電極も摩耗し、カーボンが付きすぎている感じですね。
交換してみた結果、30%くらい回復した模様。
点火状態が整いますので、当然ですが。


DSC_4273.jpg

ある程度の予測は立てていたのですが、原因はインジェクター不良です。
3番のインジェクターに不具合があり、冷間時に不調となっていました。
どういう事かというと、普通に燃料噴射は問題ありませんが、エンジン停止後はノズルが閉じなければいけない状態なのが半開きになっているようで、フューエルラインの燃料が燃焼室に垂れてます。
燃焼室を見ると、ピストントップが濡れてます。

1番から4番まで、それぞれピストントップが濡れていましたが、3番は特にひどく、燃料溜まりができています。
燃料溜まりができているところでエンジン始動をすると、スパークプラグが濡れて失火してしまう事が原因でした。

直噴のインジェクター、高額ですね。
ちょっと勘弁して欲しいトラブルです。



http://www.stella-motors.co.jp
[ 2015/05/13 19:08 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 DCTフルード漏れ他

DSCN0447.jpg


M様のBMW M3(E92)がDCTフルード漏れ修理で入庫です。

最近、多いです。DCTフルードが漏れているクルマ。
結構やっかいな作業ですね。


DSC_4227.jpg

アンダーカバーをはずして見ると、冷却ホースから漏れ始めています。


DSC_4230.jpg

横のカバーのガスケットもダメになってます。


DSC_4233.jpg

ホースはカシメ部分がヤセて、オイルがしみ出していました。


DSC_4234.jpg

ミッション上部も合わせて、4本とも交換でした。


DSC_4235.jpg

こちらもDCTFのホース、長いホースは2本あり、2本とも新しく調達です。


DSC_4232.jpg

ミッション横のガスケットも交換する必要がありました。


DSC_4238.jpg

DSC_4243.jpg

同時作業で、ミッションマウントとエンジンマウントも入替。


DSC_4240.jpg

プロペラシャフトジョイントラバーも、ついでですので新調しました。


DSC_4245.jpg

ゴキゴキ音が出始めていたデフは、Moty'sの特製デフオイルで音を止めて。。。


DSCN0450.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングのご依頼もいただきました。


DSCN0493.jpg

DSCN0495.jpg

最後にロボコンも。


DCTのホースが国内に在庫が無く、入荷の時間ばっかり長くかかってしまいましたが、無事に作業が完了しました。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/13 18:29 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

日帰りメンテ ロボコンなど

Stella Motorsは、5/4(月)~5/6(水)の間、休業となります。
お間違えの無いようによろしくお願い申し上げます。

台数が多いので、続けて書きます。

ロボコンは、全てWAKO'Sのパワーエアコンがおまけでついてきます。
写真にパワーエアコンが無いクルマもありますが、漏れなくパワーエアコンを注入しております。
ご安心くださいませ。




DSCN0284.jpg

DSCN0285.jpg

N様がW203にロボコンでした。




DSCN0422.jpg

I様のE46もロボコンです。
その他、メンテもろもろでした。




DSCN0446.jpg

DSCN0449.jpg

K様のE46-330iもロボコンです。
ガスがカラッケツでした。
漏れの具合によっては、修理が必要かもしれません。




DSCN0499.jpg

DSCN0500.jpg

H様のE46-M3は、車検その他を実施した後、納車前のロボコンでした。




DSCN0438.jpg

DSCN0445.jpg

T様のMINIもロボコンです。
クルマはコンパクトですが、E9xあたりと同じくらいガス量があります。




DSCN0492.jpg

DSCN0494.jpg

T様のE87もロボコンです。




DSCN0456.jpg

N様のE87は、WAKO'S RECSのあとで。。。


DSCN0462.jpg

ロボコンでした。




DSCN0496.jpg

S様のE46もロボコンです。




DSCN0501.jpg

DSCN0502.jpg

S様のアルファMITOもロボコンです。
ポップなクルマでイイですね。




DSCN0341.jpg

DSCN0342.jpg

M様のE90にロボコンです。




DSCN0405.jpg

DSCN0406.jpg

M様のE39は、ロボコンの他。。。


DSCN0414.jpg

DSCN0417.jpg

燃料計の残量が異常な件の修理と。


DSCN0424.jpg

DSCN0426.jpg

エンジン警告灯が点灯する件の修理でした。
その他、12ヶ月点検もご依頼頂きました。




DSCN0409.jpg

DSCN0412.jpg

T様のベンツもロボコンです。




DSCN0484.jpg

DSCN0487.jpg

S様のベンツもロボコンです。
ガス量は全く減ってなかったです。




DSCN0273.jpg

DSCN0274.jpg

S様のエルグランドにロボコンです。
国産車も全然OKです。
ここは日本ですので。




DSCN0483.jpg

DSCN0485.jpg

M様のE46-M3にロボコンです。




DSCN0429.jpg

DSCN0431.jpg

O様の325iTRにロボコンでした。




DSCN0452.jpg

I様のE92-M3もロボコンです。




DSCN0402.jpg

DSCN0404.jpg

W様のE90にロボコンです。




DSCN0486.jpg

DSCN0488.jpg

U様のZ3にロボコンでした。
ガス量を適正に調節しましたが、どうやらコンプレッサーの具合が悪いようで、エアコンが効いたり効かなかったりと不安定な状態でした。
後日、お見積もり後の修理の段取りです。




DSCN0479.jpg

DSCN0481.jpg

F様のアウディTTSは、ロボコンをやって。。。


DSCN0482.jpg

WAKO'S RECSでした。

そして、、、


DSCN0480.jpg

ご一緒されましたお連れ様のアウディTTSにWAKO'S RECSをやって、パワクラのエンジンオイルをスペシャルブレンドしました。




DSCN0294.jpg

DSCN0295.jpg

DSCN0298.jpg

DSCN0306.jpg

DSCN0307.jpg

DSCN0311.jpg

DSCN0312.jpg

エアコンコンプレッサーからガラガラ音が出ていたN様のE90は、コンプレッサー及びベルト類を交換し、最後にロボコンでガス調整でした。

もちろん、ガラガラ音は消えています。




他にも15台くらいありますが、別の作業も同時進行でしたので、あらためて書かせて頂きます。

たくさんのご来店、ありがとうございました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/03 19:53 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

日帰りメンテ BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン (ビルフラ)

Stella Motorsは、5/4(月)~5/6(水)の間、休業となります。
お間違えの無いようによろしくお願い申し上げます。




DSCN0251.jpg

エンジンオイル警告灯が点灯し、またその他のメンテナンスで入庫しましたY様のE90-320i。
オイル警告灯はオイルレベルセンサーの不良で点灯するケースが多くあります。
純正部品の製造元がHELLAで、HELLAから同タイプのレベルセンサーが発売されていますので、費用圧縮の為にHELLA製に交換しました。

オイルレベルセンサーは、エンジンオイルパンの下部に取り付けられていますので、交換の際にはエンジンオイルが全て抜けてしまいます。
したがいまして、オイル交換作業が同時に必要です。


DSCN0250.jpg

どうせオイルを抜くならと、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)も同時にご依頼頂きました。
今回で2回目ですので、スラッジが溜まる前に洗浄です。
汚れがこびりついていない状態は、洗浄効果も高まります。




DSCN0478.jpg

S様のVWゴルフは、約2年ぶりのオイル交換と合わせてBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの作業でした。
直噴エンジンですので、回収した洗浄液はディーゼルオイルの様な汚れ方ですね。




DSCN0320.jpg

BMW E90のM様は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでのご来店です。
後期直噴エンジンですので、汚れ方は前述のVWゴルフ同様に激しいものがあります。




中古車でE85-Z4を購入されたY様。
納車当日にクルマのリセットの意味を含めてメンテご依頼でした。

最近、中古車で購入されてすぐに日帰りメンテというパターンはとても多くなっています。


DSCN0396.jpg

DSCN0397.jpg

まずはInjector Flushとインテーククリーニングから。


DSCN0399.jpg

続きましてBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンです。


DSCN0400.jpg

パワクラのエンジンオイルを入れた後、進化剤でさらにエンジンのスルスル化をします。


DSCN0401.jpg

DSCN0403.jpg

これからの時期を考えると、ロボコンははずせないですよね。


DSCN0428.jpg

ATF交換もご依頼頂いたのですが、プレチェックの結果は交換NGでした。
残念です。
ATFの色とプレチェックの結果は、全く関係有りません。


DSCN0430.jpg

クルマがキチンと走らないとの事で、アライメント調整も。
調整する場合は、イロイロとリクエストも大丈夫です。
今回は、高速走行での直進安定性とワインディングでのステアリングの切れを両立という内容でした。

納車後、お電話をいただきまして、バッチリとの事でした。




DSCN0269.jpg

T様のE46は、走行中のコトコト音の解消のため、ロアアームブッシュとスタビライザーリンクの交換でした。


DSCN0275.jpg

同時に、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)もご依頼頂きました。




DSCN0451.jpg

T様のF30 AH3は、メンテの前に12ヶ月点検。
状態良好ですね。
と、簡単に片づけるわけにはいきません。新しいクルマでも、10年経過のクルマと同様にチェックしていきます。


DSCN0453.jpg

DSCN0454.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングをやって、写真には無いですがRECSもやってます。


DSCN0455.jpg

その後にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでエンジン内部をフルクリーンしました。


DSCN0457.jpg

DSCN0460.jpg

DSCN0461.jpg

最後にATF交換でミッションがスルスルです。

納車後すぐにお電話を頂き、「エンジン警告灯が点灯してエンジンが振動している」との事。
インテーククリーニングとRECSの作業後は、クルマによってエンジン回転を2000回転から3000回転以内で10kmくらい走行してくださいとお伝えしております。
理由は簡単なのですが、インテーククリーニングやRECSの洗浄液が、どうしてもエンジン内部に少し残ってしまいます。
一気にエンジン回転が上がると、洗浄液がまとめて燃焼室に入り、スパークプラグを濡らしてミスファイアします。
そうするとエンジン警告が出てしまうんですね。
エンジン再始動で解消できたそうです。

で、その翌日にお話ししましたところ、エンジン回転が上がるのが早すぎるくらいレスポンスが良くなったとご評価頂きました。
免許、注意が必要ですね。




DSCN0222.jpg

U様のE60は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンのご依頼です。
一気に長距離を走られますので、エンジンのメンテナンスには気を遣われています。




DSCN0289.jpg

K様のE90もBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでした。
E9xの4気筒は、特にスラッジが溜まったクルマが多いですので、定期的なメンテナンスが効果的です。




DSCN0214.jpg

F様はE46にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでした。
買い換えのお話も有りましたが、メンテしちゃったらしばらくはそのまま乗りますよね。




DSCN0407.jpg

K様のE87もBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでした。




定期的なメンテナンスが、クルマの寿命を大幅に伸ばします。




http://www.stella-motors.co.jp/

日帰りメンテ Injector Flushなど

Stella Motorsは、5/4(月)~5/6(水)の間、休業となります。
お間違えの無いようによろしくお願い申し上げます。




DSCN0249.jpg

E様が、F30-320iにInjector Flushのご依頼でした。
走行距離は少ないものの、エンジンの特性から言いますとインジェクターに対する環境は悪いクルマですね。
定期的なメンテで、クルマのコンディションを維持できます。




DSCN0215.jpg

DSCN0216.jpg

I様のE92は、インテーククリーニングとInjector Flushの作業でした。
以前にもやってますが、その時のエンジンレスポンス向上と燃費が急に良くなったとのご評価で、再度メンテとなりました。


DSCN0217.jpg

追加作業でロボコンも。
エアコンの心配も全くないですね。




DSCN0379.jpg

DSCN0380.jpg

I様のポルシェ997は、Injector Flushとインテーククリーニング。


DSCN0368.jpg

DSCN0369.jpg

その後、ロボコンをやったり。。。


DSCN0371.jpg

ユピテルのレーダー探知機Z260Csdの取付でした。




DSCN0410.jpg

DSCN0411.jpg

E91-335iのO様は、Injector Flushとインテーククリーニング、両方とも洗浄液Wと贅沢なご依頼。


DSCN0413.jpg

DSCN0419.jpg

追加でロボコンもリクエストをいただきました。




DSCN0384.jpg

DSCN0394.jpg

E92-M3のI様は、Injector Flushとインテーククリーニングをやって。。。


DSCN0395.jpg

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)でした。




DSCN0286.jpg

オペルベクトラのT様は、Injector Flushとインテーククリーニングでした。
初めてのクルマでしたので、接続に少し時間がかかりましたが、無事に終了しました。




DSCN0344.jpg

DSCN0347.jpg

ALPINA B10のW様は、Injector Flushとインテーククリーニングの作業と。


DSCN0351.jpg

DSCN0352.jpg

ロボコンの作業でした。




たくさんのご来店、ありがとうございました。




http://www.stella-motors.co.jp/

日帰りメンテ WAKO'S RECSなど

Stella Motorsは、5/4(月)~5/6(水)の間、休業となります。
お間違えの無いようによろしくお願い申し上げます。




DSCN0420.jpg

N様が、メルセデスベンツ300CEでRECSのご来店です。
エアクリーナーボックスを外して、RECSを吸入する場所が2箇所ありますので、洗浄液を半分ずつ分けて作業です。
年数を経過した車両や、走行距離が伸びている車両は、RECSで燃焼室のカーボンが除去されると、シリンダーとピストンリングのクリアランスが広がり、効果の実感があまり体感できないケースがあります。
今回もそのようなケースですね。
カーボンは取れていますので、進化剤を注入するとかエンジンオイルの質を変えるなどの対策も必要となってきます。




DSCN0435.jpg

F様がE90-325iでRECSご来店です。
このあたりの車両は、RECSの効果が出やすいです。
エンジンレスポンス向上や、燃費向上で結果が出ることが多いですね。




当店でのRECS作業は、洗浄液量が1.5倍ですので、作業時間も1.5倍となります。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/02 09:34 ] RECS | TB(0) | CM(0)

日帰りメンテ ATFなど

ゴールデンウィークに入りましたね。
早い人は4/25(土)から5/10(日)まで、ずっと連休なんて話しも聞きました。
うらやましい限りです。

当店は、5/4(月)~5/6(水)の間、休業となります。
お間違えの無いようによろしくお願い申し上げます。




DSCN0437.jpg

I様のE85-Z4のATF交換でした。


DSCN0436.jpg

以前にもATF交換をしたことが有るそうです。
が、少量のATFを抜いてプレチェックをします。
結果、残留物が多く、本来はATF交換は控えた方がいいのですが、「やっちゃってください」のお言葉で作業続行となりました。


DSCN0440.jpg

慎重にフラッシングして、オイルパンを外します。


DSCN0439.jpg

マグネットはいつも通りに盛り盛り状態ですね。
どのクルマもこうなってます。
マグネットは、意外にも鉄粉を吸着する能力が低く、このくらいの吸着量がいっぱいいっぱいです。
吸着されない鉄粉は、ATFと一緒にミッション内部を循環しています。


DSCN0443.jpg

大物の異物は、ストレーナー(フィルター)で濾過されますが、ストレーナーを交換しないとストレーナーその物がグズグズに崩れて異物化します。
したがいまして、ストレーナー交換は必須作業です。


DSCN0441.jpg

マグネットを洗浄し、オイルパンをピカピカに磨き上げてミッション本体に組み付け。


DSCN0444.jpg

左が旧油、右が新油です。
規定量を充填して完了。

プレチェックの結果が悪い場合、ATF交換が100%ミッションにダメージを与えるわけではありませんが、トラブルにつながる可能性は通常よりも高くなります。




DSCN0381.jpg

DSCN0382.jpg

E92-M3のN様は、Injector Flushとインテーククリーニングをやってから。。。


DSCN0383.jpg

DCTFの交換です。


DSCN0385.jpg

DCTの場合も、ATFと同様にストレーナーの交換をします。


DSCN0390.jpg

こちら、古いストレーナー。


DSCN0392.jpg

こっちは新しいストレーナー。


DSCN0389.jpg

DSCN0393.jpg

オイルパンのガスケットが供給されていないので、オイルパン丸ごとの交換となります。
オイルパンを交換しないと、オイルが端から漏れてきます。




DSCN0366.jpg

遠方からはるばるご来店のH様は、まずはWAKO'S RECSから。


DSCN0367.jpg

ロボコンもご依頼いただきました。


DSCN0373.jpg

その後、ATF交換です。


DSCN0374.jpg

いつも通りにオイルパンを外して。。。


DSCN0375.jpg

ストレーナー付きのオイルパンと。。。

DSCN0376.jpg

ハーネススリーブを交換でした。




4月は、プレチェックの結果が悪かった車両が12台中6台と、5割に達しました。
プレチェック無しにATF交換を作業していた場合の結果を考えると、ちょっと背筋が寒くなります。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/05/02 09:23 ] ミッション | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです