Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2015年04月

フットワーク診断

BOSCHのフットワーク診断マシーン"SDL"を導入して、ちょうど半年になりますが、予想以上にご利用される方が多く、皆様がクルマの足回りに対して気にかけていらっしゃる事がわかり、今まで以上にクルマのフットワークについて掘り下げて研究するきっかけになっております。
どのような高性能のクルマでも、路面と接触する部分はタイヤを含めた足回りですので、性能の低下やバラツキはクルマの能力を発揮できないだけでなく、時には危険な状態にもなります。




DSCN0281.jpg

K様のE91は、車検と同時にフットワーク診断です。
車検や12ヶ月点検と同時のご利用の方が多いです。
もちろん、ご予約を頂けましたら当日診断もOKです。


DSCN0277.jpg

また、スパークプラグの交換などのご依頼を頂き。。。


DSCN0279.jpg

WAKO'S RECSで燃焼室のカーボン除去をしたりと、クルマのコンディション維持を含めた車検となりました。




DSCN0353.jpg

Y様のBMW135iは、12ヶ月点検でフットワーク診断を同時にご依頼頂きました。
左前のショックアブソーバーが少し劣化し始めていました。


DSCN0354.jpg

走行距離は3万キロ台ですが、スパークプラグの状態を見ると交換した方が良さそうですね。
劣化したプラグは、イグニッションコイルにダメージを与えやすいです。




DSCN0258.jpg

U様のBMW135iは、リアからコトコト音が出るとの事でした。
原因究明のため、SDLでフットワーク診断をして見ると、リアのショックアブソーバーが劣化して底突きし、音を出している様です。
そのまま、足回りの交換ご依頼となりました。


DSCN0319.jpg

チョイスしたのはH&RのCUP-Kitです。
純正形状タイプのキットで、硬すぎないしなやかな乗り味です。


DSCN0316.jpg

DSCN0315.jpg

交換前は、KWの足でした。


DSCN0333.jpg

DSCN0321.jpg

DSCN0334.jpg

DSCN0322.jpg

KWもH&Rも、同じ純正形状ですが、比較するとバネの自由長や線径が違ったりします。


DSCN0336.jpg

DSCN0337.jpg

DSCN0378.jpg

装着後にアライメント調整をしてテスト走行。
リアからの音も消えて、路面に吸い付く足になりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト

BMW535i ATF

H様のBMW535i(F10)のATF交換でした。

DSCN0296.jpg


最近はF10が多いですね。
3万キロくらい走るとATFも劣化してきますので、変速の違和感が出始めたりします。


DSCN0297.jpg

クルマが新しいとか古いとかにかかわらず、プレチェックを実施してミッション内部の状態を点検します。


DSCN0299.jpg

フラッシングを繰り返して、少しずつATFが入れ替わってきます。
ATFは、ドレンボルトを開けても、全量が一度に排出されることはありません。
フラッシングしながら、ミッションに新しいATFを馴染ませて入れ替えていきます。


DSCN0300.jpg

DSCN0300-2.jpg

ストレーナーを交換するという事も、ATF交換作業では重要なことです。


DSCN0301.jpg

DSCN0302.jpg

DSCN0301-2.jpg

鉄粉もたっぷり出てますからね。


DSCN0310.jpg

ミッションをきれいに洗浄してオイルパンを交換し。。。


DSCN0309.jpg

新油を充填していきます。

交換後は、ミッションがスルスル状態に変化します。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/27 09:23 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

ALPINA B3 デフマウントなど

O様のALPINA B3は、先月にビルフラなどでご来店頂き、その時の軽~い点検で判明した部分を修繕し、どうせならの追加作業で入庫の運びです。


DSC_4258.jpg

何が判明したかというと、走行中に後からゴトゴトだったかカタカタだったか、またはゴンゴンとか。
いずれにしても音が出て鬱陶しいという事で、その原因の判明でした。

デフマウントの亀裂が原因です。


DSC_4259.jpg

車体からデフを下ろして。。。


DSC_4260.jpg

こういう状態にするとよく分かります。
点検の時は、時間や費用の都合からデフを下ろすことはありません。
装着状態でもわかりますので。


DSC_4261.jpg

デフの後側のマウントが、パックリと口を開けています。
縦方向の振動を吸収するマウントです。


DSC_4263.jpg

新旧の比較。


DSC_4266.jpg

新しいマウントを、よーーく濡らしてから挿入。
ブラケットとマウントのカラーが同じサイズですので、圧入するのですが、滑りをよくしないとカラーが歪みます。


DSC_4268.jpg

こっちは前側のマウント。
前側は2個あります。
どうせデフを下ろしてますからね。
後をやって前をやらないというのも半端ですからね。


DSC_4270.jpg

前側の新旧比較。
ちょっとピンぼけ・・・


DSC_4272.jpg

こっちもよーく濡らして圧入。


DSC_4282.jpg

せっかくなので、プロペラシャフトも外して。。。


DSC_4283.jpg

DSC_4284.jpg

DSC_4285.jpg

センターベアリングを交換しました。


さらに。。。

DSC_4286.jpg

DSC_4287.jpg

ラバージョイントをお取り替え。


DSC_4295.jpg

ミッションも下ろしてしまいます。


DSC_4296.jpg

DSC_4298.jpg

オイルシールを入れ替えました。


DSC_4256.jpg

DSC_4257.jpg

ミッションを下ろしたらミッションマウントも交換するわけでして、ミッションマウントを交換するならエンジンマウントも交換しないといけないですね。
エンジン~ミッション~デフが一直線上に有るのが理想ですから。
エンジンマウントもつぶれてますね。


DSC_4279.jpg

DSC_4280.jpg

DSC_4281.jpg

どうせやるならで、エンジンオイル漏れも改善です。


加えて、、、、

DSCN0287.jpg

DSCN0280.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングも追加ご依頼でした。
あと、ミッションオイルとデフオイルも。


どうせやるなら一気にですね。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/27 09:03 ] デフ | TB(0) | CM(0)

ポルシェ997 RECS

K様のポルシェ911ターボ(997)にWAKO'S RECSでした。


DSCN0259.jpg

ターボは何台か施工したことがありますが、RECSのホースを割り込ませながらアイドリングを維持するのがやりにくいクルマですね。
RECSの作業に適したところが2箇所ありますので、両方を利用して全体に洗浄液が行き渡るように工夫して施工です。

マニホールドに液溜まりができないようにするのも注意が必要です。

作業時間は2時間ほどを想定していましたが、1時間と少しで終わらせることができました。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/27 08:40 ] RECS | TB(0) | CM(0)

BMW750i ATF

タイヤ屋さんのT様から、BMW750iのATF交換ご依頼でした。
お客様のクルマで、ATF漏れがひどく駐車場の床がオイル溜まりになってしまうとのことでした。


DSCN0230.jpg

1ヶ月ほど前に、一度ATF交換のご相談があり、プレチェックをしましたところ、内部摩耗が激しくNGでした。
ATF交換でトドメを刺してしまう可能性がありますので、ご賢察いただいたのですが、あまりにもATF漏れが激しいのでリスク覚悟で修理を兼ねてATF交換も。
診断機でミッションコントロールユニットの状態を見ると、エラーも多数入力されていますので、そちらもご説明の上で作業でした。


DSCN0231.jpg

クルマをリフトで上げている状態でも、ATFが滴ります。
おそらく、規定量の3/4くらいしかATFが入っていないと思います。


DSCN0232.jpg

通常作業通りにATFを排出します。
ちなみに、プレチェックはATFの内部に混入している摩擦材の状態を見ます。色とはあまり関係有りません。


DSCN0233.jpg

バルブボディのさらに奥にギアなどがありますが、このミッションは分解できない構造ですので、プレチェックで状態を判断します。


DSCN0235.jpg

ATF漏れの原因は、一番目が左側のハーネススリーブ。


DSCN0234.jpg

オイルパンのガスケットも密着不良で大量の漏れを発生させていました。


DSCN0236.jpg

もちろん、オイルパンも交換でした。


慎重に時間をかけて作業しました。
が、ミッションのダメージと慎重な作業は今後の状態の影響には関係が無く、少し不安な部分もありますが、テスト走行では異常は認められず、後は乗って頂いて不具合が出た時は、別の作業とご説明させていただきました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/27 08:19 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

BMW335i BSPの結果からメンテナンス

T様のBMW335iは、昨年実施したBSPの結果を踏まえてのメンテナンス入庫でした。

BSPでは、冷却水の温度上昇でサーモスタットの機能に異常有りと判定。
水回りは大事ですからね、折を見て入庫の運びです。


DSCN0237.jpg

ついでに、SDLでフットワーク診断のご依頼もいただいてしまいました。
結果は、リアショックアブソーバーの抜けが判明し、KW Ver.2のご注文をいただいた次第です。
ありがとうございます。


で、本題の冷却水の問題に。


DSC_4246.jpg

アンダーカバーを外したら、ウォーターポンプから冷却水が漏れ始めていました。
いずれにしても、サーモスタット以外にウォーターポンプを交換予定でしたので、部品の準備は整っております。


DSC_4247.jpg

取り外しましたウォーターポンプとサーモスタット。


DSC_4248.jpg

新しい部品はこちら。
サーモスタットがプラスチック製に変わってます。
コストの問題なのか、対策なのかは不明です。


DSC_4249.jpg

オイルフィルターハウジングからエンジンオイル漏れがありましたので、こちらも同時作業となりました。


DSC_4251.jpg

ここからエンジンオイルが漏れると、走行風と冷却風でオイルがエンジンの後に回ります。
そしてオイルパンをベタベタに濡らしてしまいます。


DSC_4252.jpg

いつも通りのガスケットに問題が有ります。


DSC_4253.jpg

きれいに組み付けて完了。


KW Ver.2の入荷まで、もうしばらくお待ちください。




http://www.stella-motors.co.jp/

ALPINA B5 スーパーチャージャーからオイル漏れ

I様のALPINA B5は、スーパーチャージャーからオイル漏れで修理入庫でした。



DSC_4288.jpg

かなり多いトラブルで、10台中10台がなってしまうと言っても過言では無いかもですね。


DSC_4289.jpg

作業はスーパーチャージャー本体を取り外して、シールしなおしです。


DSC_4291.jpg

こんな感じで分解です。


DSC_4292.jpg

作業に必要な部品で、供給されている物は写真のOリング4個だけ。
実作業で必要なのはもっと多いのですが、部品が無いのでは仕方がないと。
工夫してオイル漏れを止めます。


DSC_4290.jpg

写真ではわかりにくいのですが、スーパーチャージャーの下にはオルタネーターがあり、オイル漏れが続くとオルタネーターの中にオイルが入り込み、オルタネーターを機能不全にしてしまうという二次故障となってしまいます。

放置はできないところですね。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/20 09:42 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

ポルシェ997 アライメントのご依頼でしたが。。。

ポルシェ911(997)にお乗りのO様。
高速走行で95km/h付近で車体の振動が出るとの事でした。
当初はアライメント調整のご依頼でしたが、事前の聞き取りでどうもアライメントの問題では無さそうな感じでした。

・最近タイヤ交換をした
・タイヤ交換後から振動を感じるようになった
・タイヤ交換をしたショップでアライメント調整をしたが改善しない

こんなような内容でした。

冷静に考えると、タイヤの問題ですね。

作業の手順として、
・タイヤ空気圧調整
・せっかくなのでSDLによるフットワーク診断
・ホイールバランス取り直し


DSCN0208.jpg

SDLで足回りの状態を見ると、アライメントに大きな狂いは出ていません。
便利ですね、通過するとわかります。

次に、タイヤの空気圧を見てみると、四輪ともにバラバラ。
ホイールバランスを見ると、まあまあ。

怪しいですね。

空気圧を揃えてテスト走行すると、イイ感じで走ります。
まあ、間違いないですね。


作業後、納車して1時間くらい経過して、O様から電話が入りました。

直ってます


と。


よかったです。

ポルシェは敏感な足ですからね。
タイヤの銘柄違いや、指定外タイヤ使用でも影響が出たりします。

アライメント調整も安くないですからね。
無駄なお金は使う必要はありません。
必要なところだけ、しっかりと手を入れて改善すれば、言うことありません。




http://www.stella-motors.co.jp/

ロボコン

4月に入ってからのキャンペーンの「ロボコン」は、順調に稼働して皆様のエアコンを北極化させて頂いております。
冷えるエアコンっていいですね。
猛暑が楽しみになります。




DSCN0244.jpg

U様がE46でロボコンです。
この後、WAKO'S パワーエアコンを注入していますが、すみません、写真をどこかに紛失してしまいました。




DSCN0218.jpg

T様もE46でロボコンです。


DSCN0219.jpg

DSCN0220.jpg

ロボコンの合間に、WAKO'Sの空間浄化システム「エアーキャタライザー」で悪臭をシャットアウト。


DSCN0221.jpg

最後にWAKO'S パワーエアコンを注入して完了でした。




DSCN0252.jpg

DSCN0254.jpg

O様のE91もロボコンでした。
可変コンプレッサーを使用しているエアコンは、特にガス量は重要です。
規定量ドンピシャで充填するロボコン無しでは、寒いエアコンの実現は難しいものとなってきました。




DSC_4241.jpg

ブレーキキャリパーのオーバーホールなどでお預かりのO様のVWニュービートル。
シールキットは国内で発売されていませんが、O様がうまく調達されて作業実現。


DSCN0239.jpg

DSCN0240.jpg

その他、モロモロの作業をして、ロボコンでした。
いつも遠くからありがとうございます。




DSCN0241.jpg

DSCN0243.jpg

K様のE82は、エンジンオイル交換の後にロボコンでした。
いつも遠くからありがとうございます。




DSCN0223.jpg

Y様のメルセデスベンツMLは、ロボコンを作業しつつ。。。


DSCN0224.jpg

エアコンフィルターを交換したり。


DSCN0226.jpg

エンジンが冷えたところでスパークプラグを交換し。。。


DSCN0227.jpg

WAKO'S パワーエアコンを注入です。


DSCN0229.jpg

その後にWAKO'S RECSをたっぷり吸い込ませて、デフオイルの交換やワイパー交換などを承りました。
いつもありがとうございます。




ここ数日、天気はすぐれませんが、ロボコンのご予約を連日いただいております。
機械とスペースに限りがありますので、ロボコンはご予約を頂けましたら幸いです。
作業時間は、1時間前後です。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/13 20:09 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

Dodge Magnum SRT-8

鈑金屋さんからのご依頼で、ダッヂマグナムの修理でした。


1504001.jpg

見た目は、左バンパーとフォグランプの破損程度ですが、下からのぞくと大事ですよ。


1504002.jpg

縁石か中央分離帯に乗り上げたそうで、単独事故です。
フロントサブフレームはグニャりでステアリングラックも損傷し・・・


1504003.jpg

センターメンバーもグニャ。


1504004.jpg

マフラーも擦って・・・


1504005.jpg

ミッションメンバーも欠けてます。


他にも損傷箇所多数。
部品代と工賃で200万円くらいの修理費用。
車両保険での修理ですので、等級が下がるだけで済んでしまいます。
車両保険に入っていても、「車対車+A」とか「エコノミー」や「車両危険限定特約」なんていう特約が付いていると、保険金支払いの対象になりません。
車両保険にはいるなら、何でも有りの保険じゃないと、こういう時に困りますよね。
今、特約が付いている方は、急いで特約を取ることをお勧めします。

写真が多いので、並べていきます。


1504003-2.jpg

1504003-3.jpg

1504004-2.jpg

1504005-1.jpg

1504005-2.jpg

1504005-4.jpg

1504007.jpg

1504008.jpg

1504009.jpg

1504009-2.jpg

1504009-3.jpg

1504011.jpg

1504013.jpg

1504013-2.jpg

1504013-3.jpg

1504013-4.jpg

1504013-5.jpg

1504014.jpg

1504014-2.jpg

1504014-3.jpg

1504015.jpg

DSC_4043.jpg

DSC_4046.jpg

DSC_4048.jpg

DSC_4049.jpg

DSC_4050.jpg

部品点数はかなりの数で、写真の物はほんの一部。
その他、取付の為のボルト類を入れると、入荷した部品が何の部品かを整理するところから段取りが始まります。

ひととおり作業して、元の状態に戻りました。


DSCN0202.jpg

足回りのパーツをいじったので、最後にアライメント調整。

この後は、鈑金屋さんにバトンタッチ。


ホント、保険はフルで入っておくに限ります。
いきなりこんな出費じゃ、クルマに乗り切らないです。

車両保険は特約が付いているので、自腹で修理なんて言う案件も多くありますが、自腹の場合は必ず「できるだけ安く」という制約があります。
そうすると、工賃なんかわずかな物で安くできるのも限界があります。大半は部品代ですから、部品の省略やがまんして再使用なんていう中途半端な修理となってしまいます。
そういう修理をした結果は、どうなるかはご想像にお任せします。

そうそう、この修理、部品のほとんどをアメリカ取り寄せで、全て揃うのに2ヶ月くらい掛かってます。
保険の代車特約やレンタカー特約も必要ですね。

事故修理はキッチリとやりたいですね。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/11 18:14 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

BMW318Ci 足回りなど

O様のBMW318Ciは、足回りを中心にメンテでした。

DSCN0072.jpg

最初にSDLによるフットワーク診断をご依頼頂き、足回りの現状をご報告。
ブッシュの劣化で、リアトーが落ち着かない状況です。
リアトーの角度が悪いと、直進安定性を損ないます。


こちらも交換パーツが多いです。

DSC_4096.jpg

DSC_4098.jpg

DSC_4100.jpg

DSC_4102.jpg

DSC_4104.jpg

DSC_4105.jpg

DSC_4107.jpg

DSC_4108.jpg

DSC_4109.jpg

DSC_4110.jpg

DSC_4111.jpg

DSC_4113.jpg

DSC_4114.jpg

DSC_4116.jpg

足回りはブッシュ類の交換でこのようなところ。


DSC_4118.jpg

DSC_4119.jpg

DSC_4120.jpg

ATF交換もありました。


DSCN0111.jpg

アライメント調整をして完了。

その他、冷却水漏れ修理やモロモロがありました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW335i TR BILSTEIN B14

O様のBMW335i TRは、BILSTEIN B14の取付でした。
BILSTEINはB6とかB12とか、数字でいろいろ有りますのでわかりにくいですが、ここでおさらい。
・B4 純正形状の補修タイプのショックアブソーバー
・B6 純正形状で減衰力高めのショックアブソーバー
・B8 純正形状で減衰力高め、ショートストロークショックアブソーバー ローダウンスプリング装着用
・B12 純正形状でローダウン、減衰力高めのサスペンションとショックアブソーバーのセット
・B14 車高調整式サスペンションとショックアブソーバーのセット 減衰力調整無し
・B16 車高調整式サスペンションとショックアブソーバーのセット 減衰力調整有り
・Clubsport サーキットを走る人の為のセッティング
などなど、派生モデルも有りますが、混乱しますのでこんな感じでまとめてみました。

今回は、B14です。


DSCN0152.jpg


取付作業の前に、SDLでフットワーク診断。

DSCN0151.jpg

結果はなかなかです。

で、作業写真ですが・・・
すみません、どこかに移動して見つからなくなってしまいました・・・

その他、いろいろと手をつけて、アライメントは後日の作業となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW318Ci いろいろなメンテ

H様のBMW318Ci(E46)は、足回りを中心にメンテ盛りだくさんでした。


DSC_4051.jpg

DSC_4053.jpg

DSC_4055.jpg

DSC_4057.jpg

DSC_4058.jpg

DSC_4059.jpg

DSC_4060.jpg

DSC_4062.jpg

DSC_4064.jpg

DSC_4065.jpg

DSC_4068.jpg

DSC_4069.jpg

DSC_4070.jpg

DSC_4071.jpg

DSC_4072.jpg

DSC_4075.jpg

DSC_4077.jpg

DSC_4080.jpg

DSC_4081.jpg

DSC_4083.jpg

DSC_4084.jpg

DSC_4085.jpg

DSC_4086.jpg

DSC_4087.jpg

DSC_4089.jpg

DSC_4091.jpg

DSC_4092.jpg

DSC_4093.jpg

DSC_4095.jpg

DSCN0116.jpg

ダーーーーーーーっと写真を貼り付けましたが、ボリュームたっぷりの内容でした。

ブッシュ類はほぼ一式交換で、ハブベアリングも前後左右とも交換。
その他、写真に無い細々としたものも盛りだくさんのヘビーメンテナンスとなりました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW335i Cp BILSTEIN B12

H様のE92 335iにBILSTEIN B12の取付でした。


DSC_4166.jpg

DSC_4165.jpg

こちらの純正足回りに。。。


DSC_4168.jpg

BILSTEIN B12を取付です。
純正形状の足回りで、約20ミリの車高ダウン。
引き締まった走行特性で廉価なのが人気です。


DSC_4170.jpg

DSC_4174.jpg

フロントもリアも、アッパーマウントは潰れてました。


DSC_4176.jpg

DSC_4175.jpg

取付後は、このようなカラーリングになります。
タイヤが付くと見えないですけどね。


DSCN0131.jpg

最後にアライメント調整をやって完了。






ではなくて、ひとつ宿題をいただきました。


DSCN0212.jpg

某社の某パーツを取付られていますが、どうも走行中にマフラーが当たってコトコトと音が出るようです。
外してみると、マフラーが当たって某パーツが削れていました。


DSCN0211.jpg

某パーツを取り外すと、当然ながら当たらないので音が出ません。


DSCN0210.jpg

対策として、このような物を作ってみました。
マフラーが当たる分をシムで下駄はかせてクリアランスを確保。
全体的なバランスが崩れないように、ちょっと細工をしてみました。
当店の隣はネジ屋ですので、純正と同じ強度もしくは高強度のネジの調達などは楽ですね。
現物を持って行くと、一緒に良いモノができるように考えてくれます。


DSCN0213.jpg

装着すると、絶妙なクリアランスでマフラーの干渉から逃げることができました。

これでコトコトから解放されますね。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW M3 KW Ver.3

DSCN0079.jpg

Y様のBMW M3(E92)が、KW Ver.3の取付でご入庫でした。
珍しいカラーですよね、限定車で「BMW M3 DTM Champion Edition」というモデルです。

最初にSDLでフットワーク診断をしておきます。
走行距離は2000kmほどで、ほぼ新車状態。
結果は意外でしたけどね。


DSCN0100.jpg

取り付ける足は、「KW Ver.3」伸び側と縮み側の減衰力調整機能付きで、車高調整ももちろんOK。
贅沢仕様な足回りです。


DSCN0101.jpg

DSCN0102.jpg

前後純正の足回りが。。。


DSCN0103.jpg

DSCN0104.jpg

このような足に変わります。


DSCN0110.jpg

大人仕様のシャコタンにして、最後にアライメント調整をして完了でした。

純正のEDCは使えなくなりますが、走行ステージに合わせた減衰力で、乗りやすい落ち着いた足回りに変化しました。




http://www.stella-motors.co.jp/

ロボコン

本日より、ロボコンのキャンペーンが始まりました。
初日から、ロボコンでのご来店をいただきまして、誠にありがとうございます。
今日は少し気温が下がり、冷えっぷりをお試し頂けなかったのですが・・・





DSCN0205.jpg

DSCN0206.jpg

F様が、アコードにロボコンでご来店でした。
「国産なので」とご遠慮気味でしたが、全く問題有りません、ここは日本ですので。




DSCN0207.jpg

DSCN0209.jpg

T様は、BMWアクティブハイブリッド3にロボコンでした。
新しいクルマですが、50gくらいガスが減っていました。




DSCN0184.jpg

DSCN0188.jpg

H様のアルピナB3は、車検入庫でロボコン。
前回は、手作業でガスを充填しましたが、規定量740gに対して710gのガスが入っていました。
手作業でも、ゲージを使って入れていましたので、ほぼ規定量に近いガスの充填ができていたことがわかりました。




明日もロボコンのご依頼をいただいております。
暖かい日になると良いのですが。



http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/04 20:06 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

メンテ

年度末のドタバタから解放され、少しだけ落ち着けるかと思いましたが、新年度に入っても相変わらずの段取りの悪さで、皆様にはご迷惑をおかけしております。

写真が溜まってきましたので、書きやすいものからUPします。




DSCN0198.jpg

I様のE90は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)でご来店でした。
3月はビルフラのご利用が多かったです。
オイル交換のタイミングで、たまにはエンジン内部を洗浄しようとお考えのことと思います。




DSCN0201.jpg

K様のE46-M3は、CCFLを取付。


DSCN0199.jpg

その後、Injector Flushの作業を追加ご依頼でした。
設計通りの燃料噴射状態を取り戻すことで、エンジンパワーもよみがえります。




DSCN0178.jpg

K様のE90は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)ご来店でした。
その他、SDLでフットワーク診断のご依頼もいただきました。
リアショックアブソーバーが少し粘着率足りずという結果でした。




DSCN0192.jpg

A様のMINIは、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)施工でした。
R系のMINIはアダプターが二種類あり、適合はOKです。
F系のMINIは、まだ確認が取れていません。
F系MINIでBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンをご希望の方は、あらかじめ車台番号と型式をご連絡頂けましたら幸いです。




DSCN0183.jpg

DSCN0186.jpg

I様のE46-M3は、Injector Flushをやったりインテーククリーニングをやったり、その他モロモロでご来店でした。
エンジン回転がスムーズになり、トルク感もアップします。




DSCN0187.jpg

Y様のE90は、12ヶ月点検と同時にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)でした。


DSCN0189.jpg

12ヶ月点検の結果、大物修理は無かったので、アライメント調整を追加ご依頼頂きました。




DSCN0194.jpg

T様のE82-120iは、WAKO'S RECSをやって。。。


DSCN0195.jpg

DSCN0196.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングをやって。。。


DSCN0197.jpg

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)で〆でした。

かなり変わりますよ。




DSC_4185.jpg

H様のE90は、車検と同時にフロントサブフレームも外したりしています。


DSC_4186.jpg

理由は、エンジンオイル漏れ修理でした。
オイルパンからも漏れてましたので、サブフレームごと取り外す必要があります。


DSC_4187.jpg

クランクオイルシールからも漏れてました。
その他、漏れていた場所は、ヘッドガスケット以外の全てでした。
ちょっとヘビーでしたね。


DSC_4194.jpg

オイル漏れ修理を終えて、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)となりました。
全てのオイル漏れを修理してからのビルフラ、気持ちいいですね。




DSCN0193.jpg

T様のE90は、飛び込みご依頼でBILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)です。
絶妙なタイミングでのご来店で、ぽっかり空いた時間で作業できました。

作業スケジュールがタイトなことが多いですので、あらかじめご連絡を頂けましたら、お待ち時間を少なく作業着手させて頂けます。




DSCN0172.jpg

F様のポルシェ911は、アライメントのご依頼でした。
リアタイヤの内減りが激しいとのことです。
リアキャンバー過多が見られ、一杯の位置まで調整しましたが、基準値には入りません。
ブッシュ交換等の対処が必要なケースでした。




DSCN0164.jpg

F様のメルセデスベンツS600は、ATF交換でした。


DSCN0165.jpg

DSCN0166.jpg

DSCN0167.jpg

DSCN0168.jpg

DSCN0169.jpg

使用したATFは、Power Cluster Racingでしたので、お帰り時の変速フィーリングが激変していることと思います。


DSCN0170.jpg

追加で、Injector Flushもご依頼頂きました。




DSCN0119.jpg

K様のF11は、12ヶ月点検と同時に、メンテナンスいろいろでした。
Injector Flushをやったりインテーククリーニングとか。。。


DSCN0120.jpg

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)をやって、進化剤を注入したり。。。


DSCN0125.jpg

DSCN0126.jpg

DSCN0127.jpg

DSCN0128.jpg

ATFの交換もご依頼頂き、その他低ダストブレーキパットを入れたり、リアゲートの鈑金塗装とか。
盛りだくさんの12ヶ月点検でした。




時間をつくって、またUPします。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2015/04/04 18:58 ] エンジン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです