Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2013年09月

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン 日帰りメンテの人気NO.1です

朝晩は涼しくなって、一日ごとに秋の深まりを感じますね。
日中はまだまだ暑い日があり、汗をかきまくって仕事をしていますが・・・

体感出来るメンテナンスを数種類ご用意しておりますが、常に人気のトップはBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工です。
車検時や12ヶ月点検時に、エンジンオイル交換する際にリクエストをいただいたり、クイック作業でビルフラ目的でのオイル交換も多く、マシンがフル稼働しております。

通常のオイル交換作業に加えて、マシンの作業時間がありますので、ご来店時にはあらかじめご連絡をいただけましたら、お待ち時間が少なく着手させて頂けます。


DSC_9820.jpg

N様は、BMW335iでご来店くださいました。
最近、335iが多いです。
普段乗りで、時にはハイパワーが欲しいなんていう方にピッタリのクルマですね。
306psエンジンが搭載されている乗用車ですから。
M3Bのパワーを超えてますね。そりゃ楽しいですよ。


DSC_9816.jpg

DSC_9817.jpg

H様はE46でご来店くださいました。
ビルフラ施工後に、進化剤もリクエストをいただきました。
1ヶ月で5000Kmくらい乗ってしまうそうです。

DSC_9818.jpg

DSC_9819.jpg

キャンペーンももうすぐ終了のロボコン、相変わらずの人気です。
導入直後は、ここまで御指示をいただけるとは思っていませんでした。
うれしい誤算でした。
来年も、ゴールデンウィークあたりからロボコンのキャンペーンを予定しております。


DSC_9786.jpg

K様の550iツーリングは、車検入庫時にビルフラでした。

DSC_9788.jpg

DSC_9790.jpg

DSC_9791.jpg

ひととおり点検を済ませ、油脂類の交換くらいしか手を入れるところはありませんでした。
普段のメンテが後々まで響いてきます。

DSC_9812.jpg

プロのレースをされている方で、車体の挙動に不満を訴えておられました。
アライメント測定をさせて頂きましたところ、僅かな数値のズレがありました。
普通の人は気付かないレベルですが、わかる人は感覚で身体が違和感を察知するのですね。
調整とテスト走行を繰り返し、ドンピシャで調整させて頂きました。


http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト
[ 2013/09/30 09:14 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW540i メンテナンス

BMW540iのK様が、ATF交換でご来店くださいました。
走行距離が15万キロほどで、交換には少々不安があるそうです。
現在、変速ショックがあるとか変速時にスベってるなどの症状がある場合、改善は見込めない場合があります。
内部の摩擦材の摩耗が激しい場合も、交換しない方が良いでしょう。
Stella Motorsでは、微妙な車両はテストを実施してからの交換ですのでご安心ください。

ATF作業前にいろいろお話をお伺いしましたところ、追加であれもこれもでリクエストをいただきまして、けっこうなボリュームとなりました。


DSC_9792.jpg

DSC_9793.jpg

DSC_9795.jpg

ハーネススリーブは旧タイプが取り付けられていました。


DSC_9796.jpg

DSC_9797.jpg

使用したATFは、Power Cluster BiLENZAです。
交換直後からフィーリングの違いに気付かれることでしょう。


DSC_9801.jpg
DSC_9802.jpg

いつものようにマグネットには鉄屑タップリです。


追加リクエストはこちら。。。

DSC_9798.jpg

DSC_9799.jpg

9月いっぱいはまだまだキャンペーン中のロボコン。
日中は暑いですからね。


DSC_9800.jpg

RECSなどもリクエストをいただきました。
600ccですよ、1時間以上かかります。


DSC_9803.jpg

DSC_9804.jpg

Injector flushとインテーククリーニングも施工です。
こちらは、10月もキャンペーン継続決定です。


DSC_9806.jpg

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンもご用命。
交換したエンジンオイルは、WAKO'S 4CT-Sです。
サーキット走行でも耐えられる品質です。
熱量が大きいエンジンにピッタリですね。


DSC_9807.jpg

それでもって進化剤を注入。
15万キロのエンジンを考えると、効果が期待出来ます。

その他、再追加でデフオイルとパワステフルードも交換でした。
かなりリフレッシュ感がわかることでしょう。


http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2013/09/29 09:39 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

AUDI RS6 AVANT ハブベアリング

はい、一週間ほどブログをおさぼりです。
なかなか書く時間がありませんで・・・
9/15の週は、BOSCHの会議で外出したりしていました。自動車の電源に関する講習を受講しました。
難しいですが役に立つ内容でした。


DSC_0029.jpg

9/22の週は、アライメントのトレーニングでした。
理論や実技に関する内容で、忘れていたことやあらためて気付かされることが多く、有意義です。
現車を使用して、キャンバーやトウを極端な数値にして走行し、角度による作用を再確認することが出来たいいトレーニングでした。
実務に直結する内容でしたので、即活用できる知識が増えました。


DSC_9661.jpg

DSC_9662.jpg

I様のAUDI RS6 AVANTのハブベアリング交換をしました。
右後ろからゴロゴロと音が出ていました。
走行中の音は、カクカクとかゴロゴロとかキーキーなど、いろいろな音があります。
意外と判定が難しかったりします。だいたい60%くらいはタイヤに起因する音でしょうか。
残りは足回りだったり、今回のようにハブベアリングだったり。
ハブベアリングの場合は、タイヤを手で揺すってガタを見るなどの判定方法ですが、ガタが無いケースもあります。実に悩ましいです。


DSC_9665.jpg

DSC_9667.jpg

左右でカラーの色が違うベアリングが入っていました。
片側は一度補修をしたことが有るのでしょうか。
そこらへんが不明でしたので、間違いない方法で左右を同時に交換となりました。


DSC_9669.jpg

DSC_9673.jpg

DSC_9674.jpg

DSC_9676.jpg

ナックルごとキャリアから外して、プレスでベアリングを打ち替えます。
同時にフランジもプレスで挿入します。

ナックルの錆が多く、少々時間を要してしまいました。
ゴロゴロから解放されて、I様はまたひとつ快適な環境を手に入れることが出来ました。


http://www.stella-motors.co.jp/

BMW M3 12ヶ月点検&BSP

K様のBMW M3が12ヶ月点検&BSPで入庫でした。
大物作業を溜め込んでしまった月に当たり、時間がかかってしまい大変ご迷惑をおかけしました。


DSC_9730.jpg

まあいつも通りですが、車検・12ヶ月点検・BSPは最初にバッテリーの診断から始まります。
正しい電気がクルマに供給されている事が、クルマのベストコンディションをキープできます。
たとえば、弱ったバッテリーで診断すると、各部にエラーが不要なエラーが入力されたり、センサーの働きやアクチュエーターの動作に異常が現れて、正しい状態がわかりません。
また、電源に起因するトラブルがあった場合、素直にクルマが言うことを聞いてくれず難儀することも多いと思います。


DSC_9732.jpg

BOSCHの診断機"KTS"を使用して、コントロールユニットの診断をします。

話しは変わりますが、コントロールユニットって一台のクルマに何個くらい有ると思いますか。
古いクルマだと1個とか2個、ABSが装着され始めてからはABSのコントロールユニットが増えて、エアバッグが装備されたらエアバッグの分が、ずっと増え続けていまして、最新のBMW7シリーズあたりだと60個以上のコントロールユニットが装備されています。
コントロールユニットと言うのはコンピューターですので、現代のクルマは走るコンピューターですね。


DSC_9733.jpg

DSC_9734.jpg

DSC_9735.jpg

コントロールユニット診断を経て、BOSCH製アナライザー"FSA"を接続して、コントロールユニットを介さず直接アクチュエーターやセンサーなどの作動状態を診断します。
エラーは入力されないけれど、少し弱っているアクチュエーターなどを発見することが出来る場合もあります。


DSC_9743.jpg

〆でBOSCH 3Dアライメントテスターを使用して、足回りの状態を整えます。


DSC_9779.jpg

DSC_9780.jpg

DSC_9782.jpg

DSC_9783.jpg

その他、ミッション・デフ・パワステに"進化剤"の注入をご用命いただきました。
そうそう、エンジンオイルやタワーバーも。。。

BSPによるトラブル回避が出来ているクルマが増えております。


http://www.stella-motors.co.jp

WAKO'S RECS

WAKO'SのRECSというメニューも、今ではエンジンメンテナンスの定番化してまして、効果の方はほとんどのクルマで体感することが出来ますので不動の人気ですね。

でも、当店でRECSを導入したのは極々最近です。
2011年の11月頃からでしょうか。
RECSが発売されたのは、WAKO'Sの担当営業が今から4代前くらいですので、4年か5年くらい経ちます。
何ですぐに導入しなかったかと言いますと、最初の頃はあまり効果がわからなかったことがあります。
担当営業がデモをしてくれまして、RECS施工後にクルマに乗ってみたのですが、「ん~~」な感じだったことを覚えております。
その当時、当店ではエンジンの燃焼室は別の方法で直接洗浄をしていましたので、あまり関心も無かったのでしょうね。
また、発売直後だったためか、担当営業が施工方法に迷いがあったとかイロイロとあると思います。

数年して、別の担当になってから、あまりにもしつこく薦めるので、当時使用していたトランポのベンツV230に施工してみました。
そしたら、施工直後からエンジンが生まれ変わったようなフィーリングで、「あらら」的な感覚になったことを覚えています。
「洗浄液がグレードアップしたんじゃないの?」なんて問いつめてみましたがムニャムニャ言ってハッキリしない返答で、「まあよろしい」と導入に至りました。


DSC_9756.jpg

S様のアルファ147のツインスパークにRECS施工でした。
正直な話し、アルファのエンジンはRECSの効果がわかりやすいですね。


DSC_9813.jpg

W様のBMW320iツーリング、こちらも効果がわかりやすい車種です。
洗浄液を注入する位置とインマニの形状がRECSに合ってるのだと思います。

対して、V12エンジンなどは、本当にやり方を考えて施工しないと、たいした効果がわからないことがあります。
あとはクルマのコンディションも関係していますね。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/22 09:22 ] RECS | TB(0) | CM(0)

BMW M3 日帰りメンテ

BMW M3のS様が、日帰りメンテでご来店くださいました。


DSC_9770.jpg

DSC_9774.jpg

まずは定番のインテーククリーニングから。
強力な効果を求めて、洗浄液W施工です。
6連スロットルの隅々まで洗浄してしまいます。


DSC_9777.jpg

DSC_9776.jpg

続きましてInjector flushの施工。
こちらも洗浄液Wです。

Injector flushもインテーククリーニングも、洗浄液Wの場合はお得な金額を設定しております。
欲張りな方はジャンジャンお問い合せください。


DSC_9778.jpg

DSC_9781.jpg

最後に、今月いっぱいでキャンペーンが終了するロボコン。
9月はロボコンは少ないかななんて思ってましたが、意外にもご依頼が多いです。
残暑を乗り切る為には、快適な車内空間を維持したいですよね。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/20 10:07 ] エンジン | TB(0) | CM(2)

BMW E39 足回りがヤバイ

頭の中からすっかり無くなっていましたBMW E39の足回りのリコール。
ショックアブソーバーのスプリングを受ける下側のプレートが脱落します。
対策として、プレートの下側にステーを取り付けるのですが・・・


DSC_9748.jpg

DSC_9749.jpg

割れてしまっています。
実は、ここまでなってしまったのは初めてでした。
ほとんどの車両が対策済みなんですね。

少しずつフロントの車高が下がっていたそうです。


DSC_9751.jpg

片側のショックアブソーバーがこのような状態になるということは、反対側もいずれはと言うことが考えられます。
左右とも、BILSTEINのB4に交換となりました。

走行中にいきなり「ドカン」と車高が落ちなくて良かったですね。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW MINI COOPER S 日帰りメンテ

K様がBMW MINI COOPER Sで日帰りメンテのご来店でした。

作業は定番メニューの三項目。
来店時とお帰り時では、エンジンのフィーリングの変化に気付かれることでしょう。


DSC_9757.jpg

まずは人気のWAKO'S RECSから。
エンジンの構造上、エアクリーナーボックスをズラして作業です。
インマニが短いので、エンジンへの効果も多く期待出来ます。


DSC_9758.jpg

RECSの後はインテーククリーニングをしました。
ターボ車ですので、効果的な位置を考えて施工です。


DSC_9760.jpg

最後にInjector flushの施工でした。

施工直後に体感されるクルマが多いのですが、たまに100キロくらい走ったらクルマが変化していたなんていうご連絡をいただいたりもします。
いずれにしましても、エンジン内部のクリーニングの効果を体感される方が多いのは、うれしい事実です。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/20 09:27 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

作業場はパンパンですがっ

どうもブログの更新が遅れ気味で、頭の中がてんやわんやです。
9月はちょっと大物メンテが多く、進捗優先とさせていただいております。
したがいまして、ネタは多いものの写真が無い状況です・・・


DSC_9752.jpg

アルファ156のY様がメンテでご来店くださいました。
アルファのJTSで、やっぱりエンジンがブルブルとなっております。

最初はRECSの施工からとなりました。


DSC_9753.jpg

DSC_9754.jpg

Injector flushとインテーククリーニングの施工もバッチリです。
Injector flushは洗浄液"W"で施工です。

直噴エンジンは、燃焼室やピストン、バルブその他インジェクターにカーボンが溜まりやすく、エンジン不調となるクルマが多いです。
RECSやInjector flush、インテーククリーニングは、コンディションを取り戻す為にも予防する為にも、有効なメンテナンスです。


DSC_9663.jpg

F様のE61-550i、RECS施工です。
RECSの前に、DIXCELのブレーキパットとローターを前後に装着でしたが、ブレーキ作業の為、手がベタベタで写真は撮れておりません。


DSC_9740.jpg

遠方よりS様がBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工でご来店くださいました。
1ヶ月で5000キロくらい走ってしまいますので、毎月のようにエンジンオイル交換でご来店くださいます。
Power Cluster BiLENZAがお気に入りで、オイル消費量が激減されたとのことです。


DSC_9737.jpg

N様のメルセデスベンツAMG CL63は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工でご来店です。
フラッシングの後は、Power Cluster Racing 10W-60をご用命いただきました。
指定粘度よりも固めですが、粘度を超えたオイルの性能を持ち合わせております。
問題なく暴力的なエンジントルクをお楽しみいただけます。

DSC_9739.jpg

進化剤もポタポタと注入です。
5万キロ弱のエンジンですので、フラッシングでエンジン内部の汚れを落とし、進化剤の効果が出やすいのでは無いかと思います。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/19 09:19 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 OS技研のクラッチやA/m/sのブッシュなどなど

大型台風18号、猛威をふるって北上中です。
昨日、台風の前の雨で、一部浸水をした当店。
雨と風が心配で様子見で出社しました。

震災後の影響でしょうか、なんだかわかりませんが、地盤が緩くなってイロイロな現象が起きています。
昨日は、床から地下水がわき出てきまして、あわてて排水ポンプを購入して水を出す作業をしてました。
今日の台風も心配ですね。湧き水の状態を点検し、ポンプのセッティングに来ております。


さてさて、しばらくお預かりさせておりました(というより作業の手順の悪さや諸々の事情ですね)Y様のE46-M3、昨日作業完了となり納車の運びと相成りました。
大変お待たせ致しました。


入庫時の症状は、走行中にミッションが入らなくなったとの事でした。
あと、エンジンの調子もイマイチなど。
エンジンの方は、VANOSをチョビッとだけ疑いましたが、診断機で見てみるとインテーク側カムシャフトセンサーの異常でした。こちらはサクっと完了。

ミッションが入らないと言うのも、チャチャっと見たかったのですが、なにせリフトが満員状態が続きナカナカ手を付けることが出来ませんでした。
本当に申し訳ありません。


DSC_9579.jpg

というわけで、やっとミッションを下ろすところにこぎ着けました。


DSC_9580.jpg

いきなりミッションが下りるわけではなく、マフラーやらいろいろと取りはずします。


DSC_9581.jpg

DSC_9582.jpg

ミッション自体が分解を拒む構造ですので、まずはキチンと各部にシフトが入るかとか外観の点検などをしてみるのですが、ハウジングに無数のキズがあります。
何かが脱落して、ハウジングで暴れていた感じですね。


DSC_9583.jpg

レリーズフォークやスプリングなどは全く問題ない状態ですので、クラッチを疑います。
何となくダイヤフラムの感じが変だななんて思ったりはしました。


DSC_9584.jpg

クラッチカバーを裏側から見ると、ダイヤフラムの押さえが一部欠落、どこに行ったんでしょうね。。。
ミッションが入らないというのは、原因はこちらですね。


DSC_9585.jpg

クラッチプレートも、ヘリが摩耗してます。
ここから更に摩耗が進むと、繊維がほつれてきてジャダーが出てきます。


DSC_9695.jpg

フライホイールは、フリー状態でクルクル回ります。
スプリングが効いていないですね。


DSC_9696.jpg

クランクシールはオイル漏れ無し。


DSC_9697.jpg

Y様にご連絡しましたところ、OS技研のツインプレートへの換装となりました。


DSC_9698.jpg

シングルのフライホイールもセットですので、純正よりもお得感タップリ。


DSC_9701.jpg

工具を持ってないと組み付けは難儀します。
というよりも、無理でしょうね。


DSC_9717.jpg

DSC_9718.jpg

ガタが出始めていたハブベアリングも交換。
そうそう、もうミッションは載せてあります。


DSC_9719.jpg

DSC_9727.jpg

A/m/sのリアアームにお取り替え。


DSC_9720.jpg

DSC_9722.jpg

セミトレアームブッシュもA/m/sのウレタンに入替です。
ウレタンの質がイイですね。


DSC_9724.jpg

DSC_9721.jpg

DSC_9726.jpg

フロントロアアームブッシュは、左側が抜け始めてました。
同じくA/m/sのウレタンブッシュに交換しました。
これがまた曲者で、圧入にメチャクチャPowerを要します。
工具がグニャグニャに変形しました・・・


DSC_9728.jpg

ミッションオイル交換もご用命いただきました。
鉄粉がイイ感じで混入してます。


DSC_9742.jpg

最後にアライメントを調整して完了。
A/m/sのロアアームブッシュ、けっこう優れものですね。
左右のキャスターがドンピシャで合っちゃいました。

Y様、大変お待たせ致しました。
これでまたガンガン遊んでくださいませ。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/16 09:29 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

BMW 4気筒エンジン 水漏れの傾向

水漏れ油漏れなど、いろいろ漏れてくるBMWのエンジンですが、最近の水漏れはさらに多岐にわたっています。

N42とかN46エンジンなどの傾向です。


先日入庫しましたBMW318i(E46)のN42エンジンです。


DSC_9707.jpg

DSC_9708.jpg

エンジンに向かって右側、オイルフィルターブロックとの間のパイプです。
今年に入って4台ほど修理しています。
この車両はまだ大丈夫でしたが、年式や走行距離を考えると手を入れた方が良いですね、予防です。


DSC_9709.jpg

DSC_9710.jpg

DSC_9713.jpg

エンジンヘッドからサーモスタットへのホースです。
写真のように、フランジがグズグズに腐ってしまいます。


DSC_9711.jpg

DSC_9712.jpg

DSC_9716.jpg

これは意味不明の部品なんですが、エンジンの後ろ側にあります。
目視確認は少し難しいのですが、エンジンとミッションの間から冷却水が漏れてきます。
最下段の写真のように、一部に亀裂が入るだけで水漏れがあります。

放置するとオーバーヒートの可能性がありますので、水回りの修理をする際には同時に手を入れておきたい部分です。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW525i 車検&BSP

BSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)のご依頼が増えております。
車検や12ヶ月点検に絡めてご依頼いただけましたら、BSPの通常価格29,400円が18,900円ですからね。
アライメントの調整までついて、かなりお得です。
価格設定的に、少し"ヤッチマッタ"感がありますが・・・


いつも遠方よりご来店くださるY様のE60、車検&BSPのご依頼でした。


DSC_9671.jpg

走行距離が4万キロ台と少なめですが、愛車のコンディションは把握しておきたいですよね。


DSC_9670.jpg

いつもながら、バッテリー診断からです。
クルマが動く為には何が必要か、ガソリンやエンジンも大切ですが、正常な電気が供給されていることが一番重要です。


DSC_9672.jpg

BOSCHの診断機"KTS"を使用して、車両に搭載されている各部コントロールユニットと通信し、作動状態やエラーのチェックをします。


DSC_9677.jpg

DSC_9678.jpg

また、BOSCHのアナライザー"FSA"で、エンジンのコンディションなどを診断します。

通常の点検では見えない部分や、診断機ではエラーが入力されずに見逃しがちなトラブルの予兆がわかったりします。


DSC_9658.jpg

最後に、BOSCHの3Dアライメントテスターで、走行状態を整えて完了です。


Y様のE60は、トータル的に良いコンディションを維持しておりました。
また、定期的なメンテを実施しておりますので、ほとんど手を入れる場所も有りません。


DSC_9679.jpg

ブレーキフルードは、車検ごとの交換をおすすめしております。
水分を吸収しやすい性質を持った油脂ですので、いざというときの為の交換です。
ブレーキフルードに一定以上の水分が溜まりますと、ベーパーロック現象と言いまして、ブレーキが効かなくなってしまいます。


DSC_9680.jpg

DSC_9682.jpg

パワステフルードも実は重要です。
ポンプやギアの保護の為、こちらも定期交換をおすすめしております。
壊れたら高いですからね。


http://www.stella-motors.co.jp

エンジンオイルライン洗浄のBILSTEIN R-2000 スラッジクリーン

導入して1年半ほど経過しましたBILSTEIN R-2000 スラッジクリーン、期待通りの効果が得られる車両が多く、施工する都度ありがたく感じています。


DSC_9629.jpg

DSC_9630.jpg

BMW318iです。
前期型のモデルで、エンジンは車検証上"194E"、M43ですね。
少し力が少ないエンジンですので、スラッジが溜まると更に力不足感が出てしまいます。
施工後は、エンジンの振動が減ってエンジンレスポンスの軽さを取り戻すことが出来ました。


DSC_9692.jpg

DSC_9693.jpg

H様のE60-550iは、ビルフラの後にPower Cluster BiLENZA 0W-40を入れて、更に進化剤の施工でコンディション維持です。V8エンジンでオイル量も多い為、進化剤はW施工でした。
熱量が多いエンジンですので、進化剤の定着も早いと思います。


DSC_9703.jpg

DSC_9706.jpg

M様は、スバルサンバートラックでご来店くださいました。
ビルフラの施工とInjector flushのご依頼でした。
走行距離が10万キロ超えて、長く乗る為にメンテをしておこうと。
仕事で使用する車両ですので、トラブルを回避したいですよね。

いろいろとお話を聞きましたところ、サンバートラックで70万キロも走る強者もいらっしゃるとか。
しかもエンジン載せ替え無しだそうです。
軽トラで70万キロっていうの、大型トラック並みの耐久性ですよ。
がんばって100万キロを目指してください。


http://www.stella-motors.co.jp

ALPINA B3 3.3 デフとハブベアリング

7月にエアコン関連で遠方よりご来店くださいましたN様が、デフとハブベアリングの交換でご来店くださいました。

車両はALPINA B3です。


DSC_9606.jpg

ハブベアリングの交換から作業しました。


DSC_9607.jpg

ブレーキを分解して、スライドハンマーで引き抜きます。
正確に言えば、ベアリングをスライドハンマーで引き抜くのではなく、フランジを引き抜きます。
左側はあっさりとはずれましたが、右は粘りに粘って4時間くらいかかりました。


DSC_9609.jpg

DSC_9610.jpg

上が抜いたフランジです。スプラインが「▲」の形になってます。
下は、フランジが噛み合うドライブシャフトのスプラインです。「■」の形になってます。
「▲」を「■」に入れてありますので、あたりまえですがガッツリ食い込んで抜けにくいですね。
でも、不思議とベアリングが弱っているとあっさりと抜けることが多いです。


DSC_9611.jpg

DSC_9612.jpg

上が旧品、下が新品です。


DSC_9615.jpg

こんな感じで組み付けます。


DSC_9617.jpg

ハブベアリングの作業が終わり、デフの載せ替えとなりました。
曲がる時に、ガクっと言う感じがありました。


DSC_9616.jpg

こちらが新しいデフです。
BMWのシールが貼ってありますが、ALPINA専用です。
価格もALPINA価格で、アゴがはずれますよ・・・


DSC_9619.jpg

DSC_9620.jpg

どうせデフを外しますので、亀裂が入っていたマウントを交換しました。
後側に1個と前側に2個。
前側のマウントが、ゴムがネバって時間がかかります。


DSC_9621.jpg

で、新しいデフを組み付けます。
ギアとかベアリングだけでパーツが供給されていれば安く済みますが、Assy供給なんですよ。

このあと試乗しまして、ガクっが無くなっていることを確認して納車の運びとなりました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/10 12:09 ] デフ | TB(0) | CM(0)

アルファ147 KONI FSD

KONI FSDって地味に人気がある足回りです。
ガチガチの足回りじゃなくて、程よく制御された固さを出しつつもコンフォートな乗り味を実現するにはピッタリのショックアブソーバーですね。

K様のアルファ147に取り付けしました。


DSC_9631.jpg

DSC_9632.jpg

少し腰高感があるアルファロメオですので、FSDの装着と同時に固すぎずに程よく車高が下がるH&Rのサスキットを組み合わせました。
なんでH&Rかって言いますと、FSDの発売時に個人的にアルファ156Wに乗ってまして、いろいろと足回りで悩んでおりました。
様々な足を組みまして、スタイリングはバッチリなんですが、前後の重量配分が悪い156でブレーキング時のピッチングが影響してノーズダイブ気味だったわけです。
で、当時、FSDに関して全く評価が無い状態(発売直後ですからね、誰も感想は当然ありません)で試してみたわけですよ。
で、組み付けてみたら良かったと。ブレーキング時に四輪が沈む感じが得られました。
いろいろな車種に試してみたいとは思いましたが、FSDのラインナップが少ない為、組み付け可能なクルマも限られてしまいます。

という能書きは置いておいて。。。


DSC_9636.jpg

DSC_9640.jpg

上の写真がフロント、下がリアです。
アルファ147や156、GTもそうですが、後の方がゴツいショックが入ってます。
設計した人が「これで良し」と判断したのでしょうから、まあイイのですが・・・


DSC_9635.jpg

DSC_9641.jpg

H&Rのバネ、上がフロント下がリア。
自由長に違いはありますが、実際に組み付けるとここまでは車高に違いは出ません。
参考となるダウン値は、フロント35ミリ・リア25ミリ。
クルマの状態とか、ボディの緩み具合で車高の落ち具合は変化します。
緩いアルファにダウンサスを入れると、とことん車高が下がって、車検に困ることもあります。
ここらへんが読めないところがアルファなんですが・・・


DSC_9634.jpg

スタンド式のスプリングコンプレッサーを使用するのですが、見てわかりますでしょうか。
フロント側はたわむんですよ。
やりにくい部類の足ですね。


DSC_9644.jpg

で、サクっと組み付けて。。。


DSC_9645.jpg

チャチャっとアライメントを測定してビシっと合わせます。


DSC_9654.jpg

DSC_9652.jpg

フロント25ミリ・リア20ミリのダウンで、少し腰高感は無くなりました。
乗り味は、クルマ全体が安定して路面をつかむような走りに変わります。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW M3 LUXI BLACK-1を取り付けつつRECS

少しブログのテンプレートをいじってみました。
どこが変化したかわかります?


K様が、ヘッドライトのLEDとRECS施工でご来店くださいました。


DSC_9515.jpg

ヘッドライトにはLUXIのLEDイカリングの取付です。


DSC_9518.jpg

点灯するとこんな感じです。
LEDがパッと明るく・・・
写真、難しいです。


DSC_9519.jpg

これでドヤっ
わかりにくいですね・・・


DSC_9516.jpg

イカリングをやりながら、WAKO'S RECSの施工もさせていただきました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/06 13:53 ] ライトニング | TB(0) | CM(0)

Injector flush&インテーククリーニング

Injector flushとインテーククリーニング、手軽に施工出来て効果がわかりやすいメンテとして、地味に人気のメニューです。


DSC_9509.jpg

DSC_9511.jpg

DSC_9512.jpg

DSC_9513.jpg

BMW130iにお乗りのY様、Injector flushとインテーククリーニングの他、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工までご依頼いただきました。


DSC_9586.jpg

DSC_9587.jpg

DSC_9588.jpg

DSC_9589.jpg

W様のE61は、Injector flush&インテーククリーニング&ロボコンでした。
まだまだ残暑は続きますので、エアコンのコンディションも整えておきたいですね。


DSC_9503.jpg

DSC_9506.jpg

DSC_9508.jpg

M様のE46は、RECSを施工した後にInjector flushとインテーククリーニングでした。
施工の順番は、効果とは関係有りません。
施工中の車両の待ち具合で、器具が空いたものから手を付けさせていただいております。


DSC_9563.jpg

N様のE38は、Injector flushの施工で、洗浄液Wでした。
デカいエンジンですからね、念入りにやっておきたいとのご要望、よくわかります。


DSC_9590.jpg

DSC_9592.jpg

DSC_9596.jpg

DSC_9598.jpg

H様の550iは、Injector flush・インテーククリーニング・RECS・ロボコンでした。
実は、ロボコンはこの時期でも人気です。
エアコンは、エアコンディショナーというだけありまして、冷房だけでなく台風シーズンの窓ガラスの曇りを取る除湿機能もあります。
ゲリラ豪雨や台風での湿気が多い時、除湿出来ないと運転も危険ですからね。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW335i ATF交換

おかげさまで、ATF交換のご依頼が多く、本来の走りプラスアルファのクルマに仕上がるBMWが増えております。
無交換と言われますATFですが、油脂の劣化や汚れの蓄積は必ずありますので、洗浄して交換のメリットは多く有ります。

今回は、ちょっと遠くからI様がATF交換でご来店くださいました。
車両はBMW335i(E90)です。


DSC_9622.jpg

DSC_9623.jpg

いつも通りに、ATFの排出・フラッシング・排出を繰り返してオイルパンを取りはずします。


DSC_9624.jpg

ミッションの角の方に、少しATFの汚れがありました。


DSC_9625.jpg

原因はこのパーツです。
いつもの事ですが、このタイプのハーネススリーブは、Oリングの劣化が早いのか、密着性が悪いのか、ほとんどの車両でATFが漏れてきます。


DSC_9626.jpg

走行距離は3万キロ少々ですが、これもまたいつものようにマグネットは山盛り状態です。

定期的に取り除くことで、コンディションが良いミッションを維持出来ます。
もちろん走りに違いも出ます。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/06 11:46 ] ATF | TB(0) | CM(0)

BMW E46 車検時にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工

車検で入庫のH様のBMW320i(E46)。
ひととおり点検しまして、ファンベルトにヒビが入っているのみで、現状は良いコンディションを保っていました。

大きな出費が無ければ試してみたいとのことで、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工となりました。


DSC_9627.jpg

DSC_9628.jpg

施工風景につきましては、何度もブログでお伝えしておりますので詳しくは省略させていただきます。

通常のエンジンオイル交換では取りきれない汚れも、マシンの力で洗浄しますので、ガッツリとスラッジを回収します。

所要時間30分前後で、エンジンオーバーホール以外では不可能なオイルラインの洗浄が出来てしまいます。
ちなみに、エンジンオイルとフィルターの交換は必要です。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW 525i 進化剤

BMW525iにお乗りのY様が、進化剤の施工でご来店くださいました。
いつも遠方よりありがとうございます。

進化剤ってベタな名前ですが、効き目は施工した人だけがわかる謎の液体です。いえ、魔法の液体です。
エンジン各部の摩耗した部分を、進化剤の内容物が入り込んで埋めてくれます。
ベアリングやシリンダーなどの摩耗を埋めるわけです。


DSC_9613.jpg

施工中にエンジン音が静かになるクルマも多く有りまして、それはもうフリクションが減り始めている効果です。

また、エンジン回転で熱が加わり、一度冷えてからエンジンを再始動した時に、以前のエンジンと違いが出ていることも多くあります。

怪しい名前ですが、お勧めの逸品です。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/06 11:27 ] 進化剤 | TB(0) | CM(0)

BMW750i エアコンが効かない

今回は業者さんからのご依頼でした。

BMW750iのエアコンが効かないとの事でした。
最初に診断して原因の特定をするわけですが、今回は難しかったです。
もう一台、判断に迷うクルマをやりましたが、それよりは良いか・・・

各部を診断しても異常は見あたりませんでした。
数値的に全てOK。
ただ、ただ、エアコンが効かない。
診断内容を、よ~~~くご説明して、コンプレッサーの交換をOKしていただきました。

DSC_9575.jpg

DSC_9573.jpg

こちらは、もともと取り付けられていたコンプレッサーです。
汚れてますよね~
でも、汚れだけでは不良の判定にはなりません。


DSC_9576.jpg

こちらが新しいコンプレッサー。


DSC_9578.jpg

コンプレッサーを取り付けて、ロボコンで規定量のガスを充填します。

もちろんヒエヒエでした。。。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/01 14:19 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

AUDI A4 電動ファンの回転が不安定&エアコンが効かないことがある

S様のAUDI A4、電動ファンの回転が不安定な症状と、エアコンが効かないことがあるとの事で入庫でした。

コントロールユニット診断で、それぞれ個別のトラブルであることがわかりました。
個別かどうか、意外と重要でして、電動ファンの回転不良で、エアコンガスを冷却しきれない場合があります。
ちょっと慎重に診断しないといけないですね。


DSC_9554.jpg

DSC_9555.jpg

電動ファンの件、コントロールユニットの不具合が原因でした。
コントロールユニットは、ファンレジスタの少し進化したものですね。
ファンの上部に付いてます。


DSC_9556.jpg

新しいものを取り付けるわけですが、カプラー接続では無いですね。
ハンダ付けです。
余計な時間がかかります。


DSC_9561.jpg

エアコンの効きがイマイチの件は、エアコンガスのプレッシャースイッチ異常でした。


DSC_9562.jpg

左が新品です、右は旧品。
形状が違うので「?????????」となりますが、大丈夫です。


DSC_9560.jpg

ひととおり作業が終わり、ロボコンでガス充填です。

もちろんヒエヒエですよ。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/09/01 13:50 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW325iツーリング 車検時にステアリングアングルセンサーの修理

BMW325iツーリング(E91)にお乗りのS様が、車検でご来店くださいました。
走行距離が少なく、車両の状態は良好なコンディションですが、右左折時にウィンカーが戻らない症状がありました。

E87やE90ではよくあるトラブルです。


DSC_9568.jpg

ステアリングコラムを取りはずして、ステアリングの角度がどのくらいかを評価するアングルセンサーの交換をします。


DSC_9569.jpg

交換する中身はこのようなパーツです。


DSC_9571.jpg

こんな感じで取付です。

このトラブルの80%くらいは、リペアキットで治ります。
たまに治らないクルマが有るのが、頭が痛いところです。。。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW335i BSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)

BMW335iにお乗りのS様が、BSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)でご来店くださいました。


DSC_9577.jpg

DSC_9520.jpg

BSPは、
・バッテリー診断
・コントロールユニット診断
・エンジンの燃焼状態などの診断
・足回り判定
などの診断メニューです。

通常の点検ではわかりにくい部分を、BOSCHの診断機器を使用してチェックします。

アライメント作業を伴いますので、通常は3日ほどお預かりしての作業となります。

最近は、クルマの寿命が延びて、長く乗られる方が増えております。
定期的なBSPで、予期出来ないトラブルを防ぐ一助にもなります。


http://www.stella-motors.co.jp
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです