Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2013年08月

通常営業に戻りました

今週はBOSCHの研修に出かけておりまして、作業が滞り大変ご迷惑をおかけしました。
昨日より、正常な状態に戻っております。
一気に遅れを取り戻したいと思っております。

BOSCHの研修では、今回はクルマの制動に関しての内容でした。
要するにブレーキですね。
油圧ブレーキの基礎をおさらいして、ABSに始まり、ASRやESP、BMWで言えばDSCですね。
基本構造や進化に伴った追加機能などについて、徹底的に学習してきました。

単純にクルマを止まらせるだけでなく、安全な姿勢を作り出して動きを制する構造です。
詳しく知らなかった部分が多いことを痛感しました。


研修で留守の間も、遅れながらも作業は進んでいました。


DSC_9488.jpg

I様のBMW X5は、車検で入庫です。
同時に、ミッションからのオイル漏れがあり、ATF交換を兼ねてオイル漏れ修理でした。


DSC_9489.jpg

漏れている原因は、定番のハーネススリーブでした。


DSC_9492.jpg

DSC_9493.jpg

DSC_9494.jpg

オイル漏れの修理ですが、ATFを入れ替える作業が伴いますので、通常のATF交換と同じ手順でフラッシングします。


DSC_9496.jpg

X5はミッションの形状はFRモデルと異なりますが、ハーネススリーブの取付方法は同じです。


DSC_9497.jpg

ガスケットやストレーナーを交換して、オイルパンを洗浄して戻します。



DSC_9541.jpg

次の車両は、H&Rサスキットの取付でした。
純正と比較しても、自由長の短さから交換後のスタイリングが期待出来ます。


DSC_9542.jpg

このスプリングコンプレッサー、最近では使用しているショップも増えましたが、当店で導入した時は20万円くらいしてなかなか普及していませんでした。
安全で早く作業が出来る優れものです。


DSC_9543.jpg

新車ですので、スプリングの収まりも良いですね。
やりやすいです。


DSC_9550.jpg

DSC_9553.jpg

スプリングの作業が終わりましたら、リア→フロントの順番でアライメントを調整します。


DSC_9551.jpg

お車はI様のメルセデスベンツB180でした。



DSC_9487.jpg

K様のポルシェカイエンは、BSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)で入庫でした。
先にアライメントの測定と調整を済ませました。


DSC_9502.jpg

DSC_9501.jpg

バッテリー診断をはじめ、コントロールユニット診断やBOSCHのアナライザー"FSA"を使用した総合的な診断です。
今回は、異常は認められず、バッテリーが少し弱り気味という結果でした。
BSPは、通常の点検を越えた診断です。
予期せぬトラブルを可能な限り防ぐ情報を集めることが可能です。


http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2013/08/31 08:46 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

WAKO'S CORE502

8月1日から新発売となりましたWAKO'Sの新商品「CORE502」ですが、実は7月よりモニターとして実証を続けております。


DSC_9320.jpg

まずは、オイル添加剤なのですが、どの様な効果があるかといいますと、WAKO'Sのホームページをそのままコピーします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

CR502 CORE502 エンジンフィーリング向上剤

WAKO’S CORE502は、性能を妥協せず最高級の原料を吟味し処方することでエンジンの理想的な潤滑・保護状態を実現し、アクセルを踏み込む楽しさを味わう事のできる唯一無二のエンジンチューニングケミカルです。

ベースオイルに潤滑性や耐熱性に優れるエステルを採用し、「リキッドセラミックス」と「オーガニックFM」を高濃度に処方することで、低温から高温まで幅広い温度域で異次元のローフリクションを実現し、長期にわたりアクセルレスポンスを向上させます。また、「オーガニックFM」が金属表面に強力に吸着することでエンジン各部に素早く作用し、メカノイズ・振動を低減すると同時に、配合された他の添加剤の効きを高め、優れた潤滑・保護状態の維持に貢献します。


SPECIFICATIONS

品名 CR502 CORE502
添加量 オイル量3~6Lに1本を使用
容量 300mL
荷姿 12入り
販売価格 12,600円(本体価格12,000円)/1本


性能評価

SRV 往復摩擦試験【摩擦低減効果を確認】

試験条件
①試験片材質:SUJ2 軸受銅 ②荷重:400N ③振幅:1.50mm ④試験温度:40-120°C

エンジンで発生するエネルギーのうち、おおよそ1割は機械損失として摩擦面などに奪われてしまいます。ハード面での改善が非常に困難なこの問題をCORE502は潤滑性の向上により大幅に改善させることができます。
ファレックス焼付き荷重【優れた極圧性能を確認】

試験方法
ASTM D3233

試験条件
①回転数:290rpm ②すべり速度:9.64cm/sec ③油温:室温 ④給油法:浸漬

評価
数値の大きい方がより極圧性能に優れている事をあらわす

ファレックス焼付き荷重 市販純正油【SN 5W-30】 市販純正油【SN 5W-30】+CORE502 (10%)
焼付き荷重 750 ポンド 2000 ポンド
ファレックス耐摩耗性試験【優れた摩耗防止性能を確認】

試験方法
ASTM D2670 に準拠

試験条件
①回転数:290rpm ②試験時間:30min ③試験荷重:500 ポンド ④油温:室温

評価
数値の少ない方がより摩耗防止性能に優れている事をあらわす

ファレックス耐摩耗試験 市販純正油【SN 5W-30】 市販純正油【SN 5W-30】+CORE502 (10%)
摩耗量 18.8mg 8.8mg

CORE502 はニューリキッドセラミックステクノロジーを採用することにより、優れた極圧性能及び摩耗防止性能を有し、エンジン各部の保護に大きく貢献します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何の事かよくわからないですよね。
開発担当をされた方の記事のコピーです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

弊社には、『CORE502』の前身商品として、“究極のエンジンオイル添加剤”『CORE501』があり、エンジンの振動を抑え、上質なエンジンフィーリングを実現する商品としてプロショップ様をはじめ、多くのカーユーザー様から非常に高い評価を頂いております。厳しく吟味した原料を惜しみなく用い、弊社の技術力を注力し開発したことから、“これ以上ない商品”という思いがありました。

そんな中、2012年8月に新成分『オーガニックFM』を配合した『エコカープラス』というエンジンオイル添加剤を発売しました。『オーガニックFM』は、金属表面への強力な吸着力を有し、低温から高温まで幅広い温度域で摩擦低減効果を発揮する成分で、『エコカープラス』の市場での高評価から、その有効性はデータだけでなく、ユーザー様の感性に響くと確信いたしました。
実験機器

そこで『オーガニックFM』を活用し、より高い技術力を結集した商品開発ができないかと考え、弊社の独自技術である『リキッドセラミックステクノロジー』※1に『オーガニックFM』を組み合わせ、『ニューリキッドセラミックステクノロジー』へと進化させました。

この新たな技術開発がきっかけで、今まで最良と考えていた『CORE501』の処方変更に着手。『ニューリキッドセラミックステクノロジー』をベースに、配合する他の成分についても更に吟味し、『CORE502』を開発いたしました。

…と言葉で書くと簡単なのですが、実際に『CORE502』を開発するのは容易ではありませんでした。どんなに有効な成分も、単に多量に配合すれば効果が高くなるわけではないため、エンジンオイルに添加した時に最大限の性能が発揮できる様、各成分を最適なバランスで処方することに時間を費やしました。その上で、エンジンオイル用添加剤という商品特性上、最新のエンジンオイルへの相溶性の問題をクリアし、様々なエンジンオイルに添加してもきちんと効果を出せる処方に仕上げる必要があるため、その試作処方は期限ギリギリまで見直しと調整を行いました。その結果、『CORE501』の性能を全てにおいて上回る『CORE502』を商品化することができました。


異次元のローフリクション、そして上質なエンジンフィーリングを実現する唯一無二のエンジンチューニングケミカル『CORE502』は、WAKO’Sの技術力を注ぎ込んだ世界に誇れる商品と自負しておりますので、是非お手に取っていただき、その効果をご体感ください。


※1 リキッドセラミックステクノロジー
アモルファス状態(液体と固体の中間状態)のセラミックスを媒体に、オイル内添加剤成分の効果をより高いレベルで発揮させることで、潤滑性や耐熱性などのエンジンオイル性能をトータル的に向上させる独自技術

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エンジンのフィーリングを高めてローフリクションを実現させるって言うことですね。
「良さそうじゃん」ということで、さっそく使用させていただきました。

DSC_9321.jpg

CORE502をエンジンオイルに混ぜます。
使用するオイルは、WAKO'S 4CT-Sです。
WAKO'Sの添加剤ですからね、パワクラやNUTECに使用したらいけないですね。


DSC_9315.jpg

試験で使用する車両は、当社のトランポであるE91君。

ビルフラでしっかりと汚れを落としてからテストします。


DSC_9318.jpg

かなり汚れてますね~
米粒大のスラッジが出てますよ。


さてさて、5000Kmくらいテストして、イイ商品だったら導入したいと思います。
意外と慎重なんですよ、全ての商材はテストして、良かったら導入を決定しております。。。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/23 19:03 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(2)

VWゴルフ WEITEC車高調取付

VWゴルフⅠ、懐かしいですね~
免許を取って数年後、少しだけ乗ってたことあります。

極上のVWゴルフⅠカブリオレを入手したN様が、足回りを一新してカッチョ良くしたいとのことでWEITEC車高調取付入庫でした。


DSC_9458.jpg

昔のクルマですからね、少し腰高感はしかたありません。


DSC_9462.jpg

サクサクやって全部はずして。


DSC_9461.jpg

四輪にWEITECを取り付けました。


DSC_9465.jpg

最後にアライメントをビシっとそろえて完了でした。

デタラメなクルマじゃ無かったですよ。
キッチリ手を入れるべき所には手が入ってます。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW E60 オイル漏れ修理他メンテナンスいろいろ

E60にお乗りのY様が、BMW E60の修理やメンテナンスでご来店くださいました。
いろいろと手を入れますので、3日ほどお預かりでの作業となりました。


DSC_9402.jpg

DSC_9403.jpg

入庫台数いっぱいいっぱいで、リフトの空きが出来てすぐに手を付け始めました。
まずはデフオイルの交換からでした。
E60は鉄粉が出るクルマは少ないですね。E90だと、鉛色に変色したオイルが出る事が多いですが。


DSC_9406.jpg

懸案だったATF交換も実施しました。
走行中、変速する時に3速→4速でエンジン回転が不安定になる症状がありました。
一度ご来店いただき、当店の周りをご一緒にグルグル回って状況確認をさせていただきまして、あらためて作業の為に入庫となりました次第です。


DSC_9407.jpg

念入りにPower Cluster Racing ATFでフラッシングしました。


DSC_9408.jpg

フラッシング後、ストレーナーとハーネススリーブを交換しました。
ハーネススリーブは旧タイプの物が取り付けられていました。


DSC_9410.jpg

オイルパンのマグネットは、いつも通りにタップリと山盛りです。


DSC_9411.jpg

交換用のオイルパン。


DSC_9412.jpg

左が旧油で右が新油です。
作業後にご連絡をいただき、気になっていたエンジン回転が不安定な症状が消えて、快適に走ることが出来るようになったそうです。
狙い通りになるってお互いにうれしいものですね。


DSC_9413.jpg

もう一つの懸案であったエンジンオイル漏れの修理です。
オイルパン周りがベトベトに濡れていて、オイルパン周りの漏れか上部の漏れかの判断が必要でしたが、洗浄してみたところタペットカバーとオイルフィルターブロック、VANOSホースとブローバイホースからの漏れでした。


DSC_9414.jpg

タペットカバーガスケットが劣化して、遮熱板までオイルが垂れています。


DSC_9416.jpg

ついでに点火プラグも交換のご用命をいただきました。


DSC_9431.jpg

DSC_9432.jpg

一番エンジンオイル漏れが酷かったのが、オイルフィルターブロックからの漏れです。
エンジンを回すと油圧がかかるので、他の部分よりも目立って漏れてきます。


DSC_9436.jpg

オイル漏れ修理が終わって、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンでエンジン内部の大掃除。


DSC_9433.jpg

ブレーキング時に、車体がカクカクした変な感じがありました。
ロアアームブッシュの亀裂が有りましたので、交換作業となりました。
もちろん、その後アライメント測定と調整をさせていただいております。

かなりクルマの乗り味に違いが出たのではないかと思います。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/19 13:43 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

残暑にロボコン

いやいやいや、毎日毎日、厳しい残暑ですね。
おかげさまでロボコンが毎日稼働で火を噴きそうです。


DSC_9454.jpg

DSC_9455.jpg

I様のBMW130iにロボコンでした。
E87は、車体の割にガスが入りますね。


DSC_9456.jpg

DSC_9457.jpg

S様のBMW318iは、ガス量を規定量にしたら、設定温度29度でもヒエヒエでした。


DSC_9452.jpg

DSC_9453.jpg

N様のE90は、ガス量が規定量の約半分まで減っていました。
かなりの違いが出るのではないかと思います。


DSC_9417.jpg

DSC_9418.jpg

N様のE46は、インテーククリーニングとInjector flushのご用命をいただきました。

DSC_9421.jpg

ロボコン前にセンタールーバーの温度を測定、14度でした。

DSC_9422.jpg

DSC_9423.jpg

DSC_9424.jpg

ロボコン後に再度センタールーバーの温度を測定すると7度。
まずまずの冷え方ですね。
エキパンとかを見直せば、もう少し下がるかもしれません。

DSC_9425.jpg

DSC_9426.jpg

ひととおり作業後は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工でした。
けっこうスラッジ塊が出ました。
少しの汚れでも施工後は効果がわかることが多いですので、スラッジが溜まっていたクルマならエンジンスルスル状態をお楽しみいただけるのではと思います。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/18 16:44 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW Z4 12ヶ月点検&BSP

BMW Z4にお乗りのM様が、12ヶ月点検&BSPでご来店くださいました。


DSC_9337.jpg

最近ご購入されたようでして、これから乗り続けるに当たって、車両の現況を知りメンテナンスが必要な場所を洗い出したいとのご要望でした。
まさに12ヶ月点検&BSPが最適メニューです。


DSC_9338.jpg

BSPでも12ヶ月点検でも車検でも、診断の基本バッテリーテストから実施します。
電源が安定していることが、クルマのポテンシャルを最大に引き出します。


DSC_9341.jpg

BOSCH製診断機"KTS"を接続して、コントロールユニットの状態を細かく診断します。


DSC_9343.jpg

様々なデータをグラフ化して、各部の機能をチェックします。


DSC_9344.jpg

また、BOSCHのアナライザー"FSA"で、エンジンの作動状態をモニターします。
エンジンの燃焼状態を中心に見ていくわけですが、この作業によってホースのどこからか二次エアを吸っているとか、コントロールユニット診断ではエラーが無かったけど微妙なセンサー類の劣化が判明するとかがあります。


DSC_9339.jpg

点火プラグの状態は良好ですが、そろそろ交換時期です。


DSC_9340.jpg

プラグホールをのぞいてみましたところ、オイル漏れも無く良い状態でした。


DSC_9349.jpg

ベルト本体は問題有りませんが、テンショナーやプーリーに劣化が見られました。
ガタが少し出始めています。
もう少し経過すると、音が出始めると思います。


DSC_9350.jpg

ラジエターサブタンクは微妙ですね。
こちらは破裂が頻発しています。時期を見て交換をおすすめ致します。


DSC_9351.jpg

DSC_9352.jpg

DSC_9355.jpg

DSC_9356.jpg

フロント・リアともに足回りの状態は概ね良好です。
左リアのショックアブソーバーからのオイル漏れがありました。


DSC_9353.jpg

SMGは問題なく機能しています。


DSC_9354.jpg

デフは音が出ていたりオイル漏れなどは有りません。
最近は車齢が伸びている為、デフのオイル漏れが多いです。


DSC_9345.jpg

DSC_9348.jpg

Injector flushとインテーククリーニングのリクエストをいただきました。
中古車で購入されたクルマには、エンジンの状態をリセットする為にも有効です。


DSC_9361.jpg

最後に、BSPのメニューのひとつ「BOSCH 3D アライメント測定・調整」で終了です。
どうです?クルマが路面を滑らかに走るように変化してますか?


http://www.stella-motors.co.jp

AUDI RS6 中古車で購入の為に気になる部分をリセット

最近AUDI RS6をご購入されたI様。
安心して長く乗る為に、ウィークポイントなどの手入れでご来店でした。
作業は、少し時間がかかる部分もあり、お預かりでのメンテでした。


DSC_9358.jpg

暴力的なトルクで、ヘビーな車体を軽々引っ張る、飽きないクルマですね。


DSC_9359.jpg

お預かり時は入庫車両が多く、まずは手を付けやすい部分から作業させていただきました。

レイアウトの問題なども有りますが、エアコンフィルターの汚れ方が酷いですね。


DSC_9360.jpg

エアコンフィルターは、1年に1回くらいの割合で交換したいですね。


DSC_9362.jpg

DSC_9370.jpg

ATF交換のご依頼をいただいております。
排出するATFは、スラッジをたっぷりと含んでいます。
本来のATFの色になるまで、3回ほどフラッシングしました。


DSC_9371.jpg

フラッシングが完了すると、ストレーナー(フィルター)を交換する為にオイルパンを取りはずします。


DSC_9372.jpg

取りはずしたオイルパンはこのような感じ。。。


DSC_9373.jpg

負荷が多いミッションですが、マグネットは4個しかありません。
いつも通りに、マグネットには鉄屑がタップリでした。


DSC_9374.jpg

オイルパンとマグネットをクリーニングし、チリひとつ無い状態にします。


DSC_9375.jpg

交換するストレーナー(フィルター)です。
左が旧品、右が新品。


DSC_9376.jpg

ストレーナーを取り付けたら、トルクレンチで締め付けトルクを確認しながらオイルパンをセットします。


DSC_9377.jpg

使用するATFは、Power Cluster Racingでした。
トルクが太いエンジンに最適のATFです。
スムーズな変速で、エンジンのパワーをしっかりと伝達するATFです。


DSC_9378.jpg

左が新油です。
右は排出したATFで、明かな違いですね。


DSC_9400.jpg

ATFの作業が完了して、タイミングベルトの交換作業です。


DSC_9404.jpg

同時に、ウォーターポンプやサーモスタットも交換しました。
構造上、タイミングベルトを交換する際に同時交換が良しです。
費用の面でも時間の面でも、同時交換ですね。


DSC_9405.jpg

何でバンパーを外しているかと言うと、交換作業時に手を入れるスペースを作る為です。
バンパーを外して、ラジエター類を少しずつ前にずらしてスペースを確保します。


DSC_9419.jpg

ベルト作業が終わり、リクエストをいただいておりましたBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工です。


DSC_9420.jpg

マシンが回収し始めた洗浄液です。
デカいスラッジは有りませんでした。
さすがにこのクラスのクルマだと、オイル管理が悪い人は少ないですね。


DSC_9429.jpg

最後にデフオイル交換などもさせていただきました。
4WDなので、前と後にデフがあります。
後は普通に交換作業が出来て問題ないのですが、前側は少しややこしい場所にありまして、抜くのも入れるのも周りがオイルでベタベタですよ。

追加で作業が必要な場所も有りましたが、部品調達の関係などで後日ということで納車の運びとなりました。


http://www.stella-motors.co.jp

本日から営業です

皆様、暑い夏はいかがお過ごしでしょうか。

Stella Motorsは、8/11~8/15まで夏休みをいただきまして、本日から営業開始です。
営業開始初日から、たくさんのお問い合せとご来店をいただいております。
まことにありがとうございます。

休みに入る前は、大物作業が5台ほどありまして、ブログアップもままならない状態でした。
なんとか納車の運びとなり、残っている写真でご紹介させていただきます。


DSC_9448.jpg

S様がランエボで遠方からご来店くださいました。
最初は、WAKO'S RECSの施工予定でしたが、急遽インテーククリーニングへ変更となりました。
ありがとうございました。


DSC_9451.jpg

E90でお世話になっておりますS様、もう一台の車、スバルサンバーディアスにInjector flushの施工でした。
排ガスの数値が悪いとディーラーで指摘されたとのことでした。


DSC_9442.jpg

DSC_9443.jpg

Z4のT様は、Injector flushとインテーククリーニングでご来店。
あと、BCS仲間のガルフストリームさんのオレンジウルフ1WAYバルブの取付もありました。


DSC_9450.jpg

E90のM様は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工とPower Cluster BiLENZAエンジンオイルに交換でご来店くださいました。


DSC_9447.jpg

H様のアルファブレラは、BOSCH 3Dアライメント測定・調整でお預かりしました。
さらに曲がりやすく、しかも直進安定性も確保してのリクエストでした。
イイ感じに仕上がりました。


DSC_9444.jpg

E46のY様、Injector flushとインテーククリーニングの効きを体感されて、さらにBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工と進化剤の施工でご来店くださいました。
エンジン、スルスルじゃないですか?


DSC_9438.jpg

DSC_9439.jpg

遠方からご来店のS様は、E46にInjector flushとインテーククリーニングの施工でした。


DSC_9437.jpg

T様のE46は、Power Cluster BiLENZAのエンジンオイル交換にロボコン、エアコンフィルター交換作業でご来店くださいました。


DSC_9428.jpg

DSC_9430.jpg

ロボコンのご依頼も多かったです。
休み前の5日間で15台ほどヒエヒエになりました。


DSC_9434.jpg

D様のALPINA B10はロボコンとオイル交換です。
前回、お試しでPower Cluster BiLENZA 0W-40を入れたところ、オイル消費がほとんど無くなったそうです。
オイルを喰って困るBMWは、パワクラが効きそうですね。

その他、たくさんご来店いただきましたが、写真を撮りきれてませんでした。
ありがとうございました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/16 15:08 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(2)

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン

人気のメンテメニュー「BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン」の施工で、ALPINA B10 BI TURBOのK様がご来店くださいました。

アダプターの適合が心配でしたが、組み合わせてみたらOKでした。


DSC_9381.jpg

極上の車体で驚きましたが、なんと走行距離が1万キロに届いていない個体です。

エンジンオイルは、キャンペーン中のPower Cluster BiLENZA 0W-40をチョイスしていただき。。。


DSC_9382.jpg

スルスル回るエンジンをとの事で、進化剤の施工もリクエストいただきました。
進化剤はターボ装着車にももちろんOKです。



DSC_9393.jpg

I様のVWパサートにもBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工でした。
この型のVWやAUDIのアダプターが無く、試行錯誤して製作し、施工が可能となりました。

直噴エンジンですので、オイルの汚れ方も激しく、まさにフラッシングが必要と感じる車でした。

アダプターの適合が無い車でも、車検証上の型式と車台番号をご連絡いただけましたら、アダプターを製作して施工させていただきます。
アダプターの製作時間は、およそ15日ほどです。

他店でお断りされた方も、是非お問い合せください。


http://www.stella-motors.co.jp

ポルシェカイエン お預かりですが日帰りメンテ

ポルシェカイエンにお乗りのK様から、少々お時間を頂きながら定番メンテをさせていただきました。


DSC_9326.jpg

まずはWAKO'S RECSから。
通常は、排気量の10%のRECS溶剤を使用しますが、当店ではさらなる効果を求めて1.5倍での施工です。
4800ccエンジンの場合、通常は480ccですが、720ccの溶剤を使用します。
720ccって、2時間くらいかかります。
その分、多くの効き目を期待出来ます。


DSC_9327.jpg

続きましてインテーククリーニングを施工させていただきました。
ポルシェはカイエンも911も、エンジンを積む場所は違いますがレイアウトの考え方は同じでしょうか。
イイ具合に洗浄液を吸い込んでくれます。


DSC_9328.jpg

次にInjector flushなのですが、カイエンはちょっと苦労します。
割り込ませるフューエルラインがやたら遠いです。


DSC_9329.jpg

フェンダーから手を伸ばしても遠いし、バンパー側から手を伸ばしても遠い場所を通っています。
接続自体は簡単なのですが・・・

インジェクターや燃焼室に汚れが溜まりやすいエンジンですので、その後の効果に期待したいですね。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW120i アーキュレーマフラー

T様のBMW120iにアーキュレーのマフラー取付でした。

N43エンジン搭載の車両でして、ちょびっとレアで受注生産のマフラーでした。


DSC_9388.jpg

クルマのサイズとエンジンパフォーマンスのバランスが良く、乗って楽しめるクルマですね。


DSC_9389.jpg

ノーマルマフラーは、出口がこのような感じですが。。。


46-1.jpg

このアーキュレーマフラーを取り付けることによって。。。


DSC_9391.jpg

このようなスポーティーな印象になります。


DSC_9390.jpg

純正マフラーのパイプを切断して取付です。
さすがアーキュレーですね。ドンピシャサイズで全く排気漏れは有りません。
リアバンパーとのクリアランスも絶妙の造りです。

音質は、日本の住宅事情に合った音量で、アイドリング時は静かに、エンジン回転が上がるとともに骨太のサウンドをお楽しみいただけます。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/05 10:52 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

猛暑再来!! ロボコンはお早めに

ここ数日は耐えきれない暑さから解放されていましたが、天気予報によりますと再び猛暑が日本を襲ってくるとか。
もう間違いなくロボコン頼りですね。


DSC_9380.jpg

DSC_9383.jpg

DSC_9384.jpg

アルファ147のK様は、最初にWAKO'S RECSを施工して、エンジンの中をきれいにしてからロボコンでした。
R134aのガスを使用しているクルマは、ほとんどの車種がロボコン対応となっております。
まだ暑い日は全体の半分、10月くらいまで暑いですから。


DSC_9385.jpg

DSC_9386.jpg

E36のM様もロボコンでした。
E36は、前期だと一部12aガスを使用しています。
12aはすみません、非対応です。


DSC_9395.jpg

F県からはるばるご来店くださいましたN様、ALPINA B3のエアコンを総合的に点検などもさせていただきました。
コンプレッサーはきちんと圧縮していました、変な音もありません。
エアコンが最大にがんばっても、センタールーバーの温度は19度。
厳しいですね。
センタールーバーから「シュワー」と音が出る件、ガスが少ないと配管を通るガスの音が聞こえることがあります。

DSC_9396.jpg

ロボコンを接続して作業が始まると、ガス漏れの度合いも知ることが出来ます。


DSC_9397.jpg

風量が不安定な件、ブロアレジスターですね。
右が旧品、左が対策後の新品です。
ブロアレジスターは、抵抗で風量を調節します。
エアコン作動中のブロアレジスターは、抵抗を通る電気の熱で手で触ることが出来ないくらい加熱します。
その熱を、剣山状のヒートシンクで冷やしますが、対策前のブロアレジスターは放熱が追いつかず抵抗が焼けてしまうようです。
対策品に交換で直りました。
こちら、E46用はキャンペーン中でして、9月一杯まで18,900円で交換できます。もちろん工賃込みです。


DSC_9398.jpg

ロボコンが終わった後は、いつも通りにWAKO'Sパワーエアコンを充填します。


DSC_9399.jpg

どうですかっ
19度だったのが4度まで下がってます。

風邪などひかぬようご注意くださいませ。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/05 09:16 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 Injector flushとインテーククリーニング、定番の日帰りメンテ

BMW M3のM様が、Injector flushとインテーククリーニングのご依頼でした。


DSC_9322.jpg

DSC_9323.jpg

Injector flush、インテーククリーニングともに、E9xM3はロス無く施工出来て、その後のご感想をいただく機会が多いのですが好評を得ております。

Injector flushは、どのクルマも同じくフューエルラインに接続して施工します。
専用の洗浄液を使用して、エンジンをアイドリングして送り込み、洗浄液がフューエルラインとインジェクターをきれいにしてくれます。
インジェクターの目詰まりが原因のエンジン不調は、確実に効果を発揮してくれます。

E9xM3にインテーククリーニングを施工する場合、下段写真の通りに洗浄液を注入します。
この場所がミソなんですが、噴霧した洗浄液がきれいに各スロットルバルブをクリーニングしてくれます。
もちろんサージタンクなどの手が入りにくい場所も洗浄します。
人間の手作業では不可能な場所も、霧状の洗浄液が入り込みますので、やはり効果がわかりますね。

エンジンがどのように進化しても、汚れが溜まるメカニズムに変化はありません。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW M3Bにロボコン

ロボコン人気は衰えることなく、様々なお車のエアコンをヒエヒエにしております。

K様が、BMW M3Bにロボコンの施工でご来店くださいました。

古いクルマ(とは言っても、ガスは134aに限ります)や、中古車で購入して前オーナーがどのようなエアコンメンテナンスをしたか不明なクルマもあるかと思います。

エアコンのガス漏れ修理で、漏れ止め剤を使用したクルマは、漏れ止め剤がロボコンに悪影響を与えてしまいますので施工は難しかったのですが、少しだけ頭をひねってサービスが可能となりました。

ガスを回収する時に、漏れ止め剤がロボコンに入り込むといけないわけでして、入らないようにすればOKです。


DSC04071.jpg

以前から使用していた、エアコン用の真空ポンプを使うだけですが・・・

まずは、真空ポンプを使用して、徹底的に現車に入っているエアコンガスと漏れ止め剤を排出させて別タンクに回収します。
少し作業時間が長くなりますが、確実に冷えるエアコンを目指す為には安全な作業です。


DSC_9324.jpg

DSC_9325.jpg

今まで入っていたガスの量がわからなくなってしまいますが、キッチリとガス充填量を規定値とすることで、今までとは別次元のヒエヒエを体感していただくことが可能となりました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/04 16:30 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW323i ATF交換

BMW323i(E90)にお乗りのK様が、ATF交換でご来店くださいました。

今年に入ってATF交換は64台目となります。
昨年は年間で149台のATF交換をしておりまして、今年も同じくらいのペースで作業させて頂いております。
安全・確実な方法でATF交換をしておりますので、ATF交換によるミッションの不具合は報告されておりません。
ご安心してご依頼ください。
しかし、滑りが発生しているミッションや、機械的な故障及びコントロールユニットのトラブルが発生しているミッションは、根本的な部分を修理しなければATF交換の効果を得ることは出来ませんのでご注意ください。


DSC_9334.jpg

いつも通りに、ATFを排出して新油を充填、フラッシングを繰り返して交換に使用する新しいATFをミッションになじませて洗浄します。


DSC_9335.jpg

ほとんどのE90が、オイルパンとストレーナーが一体式となっています。
マグネットにはタップリと鉄粉が吸着されています。
ミッション内部のマグネットは、限界能力が低いのか、ある程度の鉄粉を吸着するとそれ以上は吸着しません。
その他の鉄粉は、ミッション内部をATFと一緒に循環していると推察できます。


DSC_9336.jpg

左が排出したATFです。右は新油で、今回はWAKO'S HYPER Sをご用命いただきました。

ATF交換でシフトフィーリングが変化する様子をご体験いただけましたようで、うれしいかぎりです。

ATF交換は、作業時間を2時間前後いただいております。
ご来店の際には、あらかじめご予約をいただけましたら、お待ち時間が少なく作業させていただけます。



http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/04 09:28 ] ATF | TB(0) | CM(0)

シボレーコルベット Z06 アライメント測定調整

BMW F10にお乗りのT様、シボレーコルベットZ06もお持ちで、是非アライメントを取り直したいとのことでご来店くださいました。

実は、この作業の2週間ほど前、一度ご来店頂いて作業しておりましたが、ゲリラ豪雨と落雷の影響で、停電したりなどがありましてうまく作業が進みませんでした。

ご了解を得まして、あらためてご来店頂いての作業となりました。


DSC06655.jpg

マッスルカーの代表的なクルマですね。
暴力的なトルクの太さと、シャープなデザインでも乗りやすいことが魅力でしょうか。
仕事で触れているとはいえ、良さを感じる事ができるクルマでした。


アライメントの方は、きれいに数値を整えて納車の運びとなりました。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW Z4 キャンペーンご利用で日帰りメンテ

BMW Z4のO様が、日帰りメンテでご来店くださいました。


DSC06715.jpg

DSC06716.jpg

DSC06717.jpg

WAKO'S RECSをやって、Injector flushとインテーククリーニング。
よくご質問をいただきますが、それぞれ狙っている部分が違います。
WAKO'S RECSは、吸排気バルブと燃焼室のクリーニングに優れています。
Injector flushは、機器を接続したフューエルラインからインジェクターを中心に、ガソリンのカスであるガム質をきれいに洗浄して落とします。
インテーククリーニングは、スロットルバルブ~インテークマニホールドに溜まったブローバイガスのベタベタをよく落とします。
手作業でベタベタを落とすのは、車種によっては不可能ですので有効な洗浄手段です。
BOSCHのトレーニングでも何度か話しがありましたが、スロットルバルブのバタフライを洗浄する事は、メンテナンスの中でも有益であるなんて言います。
僅かに堆積した汚れが、エンジンのレスポンスを悪くしてしまうんですね。


DSC06718.jpg

最後に、DENSO IRIDIUMプラグ交換でした。

キャンペーン用のプラグは、残り少なくなってきました。
プラグ交換をお考えの方は、お早めに!!


http://www.stella-motors.co.jp

BMW325iツーリング 12ヶ月点検とATF交換

E46-325iツーリングにお乗りのO様が、12ヶ月点検とATF交換でご来店くださいました。

以前は当店から近い場所にお住まいだったとか。
現在は少し遠くからご来店頂きました。


12ヶ月点検は、バッテリー診断やコントロールユニット診断をはじめ、各部を点検させて頂きました。
現状で、大きな加修が必要な場所はありませんでした。
写真?
すみません、バタバタで撮れてませんでした。


DSC06722.jpg

走行距離が5万キロ台ですが、ATFはガッツリと汚れていました。


DSC06724.jpg

2回フラッシング後、オイルパンを外してストレーナーを取り出します。


DSC06725.jpg

オイルパンとマグネットは、きれいに掃除をして取り付けます。


DSC06726.jpg

DSC06727.jpg

新しいストレーナーを取り付けてオイルパンを取り付け、ATFを充填します。
チョイスしたATFは、WAKO'S HYPER Sでした。
変速ショックを減らし、ミッションを保護する能力が高いATFです。

帰りの道のりは、スムーズなシフトフィーリングを楽しめたとご連絡をいただきました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/08/02 10:00 ] ATF | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです