Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2013年02月

BMW320i (E90) 12ヶ月点検

なかなかブログのUPが出来ず、先週のお話となります。

N様のBMW320iを12ヶ月点検でお預かりしました。
本来は、12ヶ月点検の時期ではありませんでしたが、時々エンジン不調があるりクルマの状態をある程度総合的に知っておきたい、ヘッドライトに水滴が溜まってしまい、それを取り除くための作業で少々お時間をいただくため、12ヶ月点検という形でお預かりでした。

総合的にクルマの状態を知るためには、各部の診断が必要となるため、BSPとか12ヶ月点検での点検診断が最適です。


DSC05337.jpg

BSP・12ヶ月点検・車検では、まず最初にバッテリーの診断から始まります。
状態は良好でしたが、念のため補充電をしておきました。


DSC05293.jpg

ヘッドライトの水滴を取るために、ヘッドライトを取り外します。
ヘッドライトの取付ネジがバンパーの内側にあるため、バンパーははずさなくてはなりません。


DSC05295.jpg

かなり水滴が溜まってます。
ゆっくりと暖めて湿気を無くし、怪しい場所をシーリングします。


DSC05326.jpg

定番のオイルフィルターブロックからのオイル漏れは有りませんでした。


DSC05327.jpg

タペットカバーからのオイル漏れも有りません。


DSC05331.jpg

DSC05333.jpg

バキュームポンプからのオイル漏れも定番ですが、こちらも大丈夫でした。
オイル漏れ修理は済んでいるんでしょうか。

DSC05334.jpg

ミッションのオイル漏れも有りません。


DSC05336.jpg

デフも、オイル漏れも無く変な音もありません。


DSC05329.jpg

パワステホースも、オイル漏れが始まっているクルマがありますが、N様の320は大丈夫でした。


DSC05328.jpg

ベルトは最近替えたばかりですね。
印刷がクッキリと残っています。


DSC05330.jpg

DSC05335.jpg

前後とも、足回りはしっかりした状態です。
違和感を感じるようになったら、個別にメンテナンスをするとイイでしょう。

写真を撮れていませんが、ブレーキパットは前後とも残量が4~5ミリ程度です。ローターも摩耗が始まっていますので、近いうちにブレーキには手を入れる事になると思います。


DSC05338.jpg

エンジン不調を感じる件、コントロールユニットにはミスファイアのエラーが入力されていました。


DSC05340.jpg

さらに深く調べると、インジェクターの作動時間が規定値からはずれていました。
また、グラフを見るとけっこう調子が悪いですね。
イグニッションコイルも、不安定な状態です。
4番シリンダーで不調を出しています。

時期を見て修理をされるとイイと思います。



http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト

BMW320i (E90) エキセントリックシャフトセンサー

先日より長らくお預かりしておりましたS様のE90。
修理が完了して納車となりました。

入庫時には、エンジン警告灯が点灯していましてちょっと不安な状態でした。
さっそくBOSCHの診断機KTSでECUの状態を点検しましたところ、エキセントリックシャフトセンサー関連のエラーが数個入力されていました。

一度エラー消去して、アイドリング状態でKTSをモニターすると、エンジンコントロールユニット故障のエラーが入力されたり、バルブリフト量異常のエラーが入力されたり。

何かのタイミングで、エラー入力の順番が変わるようです。

いたずらに費用がかかる修理とならないように、慎重にトラブルシュートを続けました。

結論は、エキセントリックシャフトセンサーのトラブルと、バルブリフトモーターの抵抗値異常ということで結論付けました。


DSC05302.jpg

昨年の車検時に、オイル漏れ修理でタペットカバーガスケットを交換してますので、ガスケットを新たに交換するのはもったいないのですが、一度はがしたガスケットを再利用すると、オイル漏れの原因となりますのでやむを得ず交換です。


DSC05303.jpg

エキセントリックシャフトセンサーは、チェーンの横についています。


DSC05304.jpg

センサー本体は、見た目では何も異常はありませんが、内部で何かが起こっているのでしょう。


DSC05324.jpg

モーターは、新品状態では抵抗値0Ωなのですが、5~8Ωの抵抗が出ていました。


交換後、試運転をして異常がない事を確認し、納車となりました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/25 14:06 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

ケミカルメンテナンス

当店に限った話しではなく、設備を整えたショップはどこもケミカルメンテナンスが人気のようです。
数年前までは、いかがわしい商品などがあふれていたのですが、化学の進歩のおかげでしょうか。
きちんと検証をしてから世の中に出てくるものが増えています。

昨日も、そんなケミカルメンテナンスでご来店いただきました。


DSC05342.jpg

Y様は、VWゴルフGTIでご来店くださいました。
施工内容は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンです。
10万キロ超で、試してみたかったそうです。
過給器付きですので、オイル管理はキチンと見ていきたいですよね。
フラッシング後、交換したエンジンオイルはPower Cluster BiLENZA 5W-40です。
多くの方から、使用後に高い評価をいただいておりまして、確実にリピーターが増えているオイルです。


DSC05343.jpg

H様はBMW325iです。
まずはWAKO'S RECSから。
RECSのイメージは、施工中から終了までの間、マフラーから出る白煙ですね。
実は、白煙は余ったRECSの溶剤が霧状になって出ている物です。
白煙が多いほど、溜まったカーボンに吸収されていないということですので、施工料に対して白煙が少ない方が効果が出やすい傾向です。


DSC05344.jpg

RECS施工後は、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンです。
こちらは、エンジンオイルラインに溜まった汚れを取り除きます。
スムーズなエンジン回転を実現します。
やはり施工後はPower Cluster BiLENZA 5W-40に交換です。


DSC05346.jpg

MINIもRECS施工をさせて頂きました。


DSC05348.jpg

MINIもBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンといく手順でしたが・・・
アダプターが大きくて、MINIのせまいスペースにつなぐ事が不可能でした。
M様、申し訳ありません。工夫してアダプターを作成します。
急遽、インジェクターフラッシュの施工となりました。


DSC05347.jpg

MクーペもRECSです。


DSC05349.jpg

その後にインジェクターフラッシュを施工。


DSC05350.jpg

その次にインテーククリーニングをさせて頂きました。

S様、ちょっとお待たせの時間が長くなりまして、ご迷惑をおかけしました。



http://www.stella-motors.co.jp

BMW735i 進化剤

「進化剤」、怪しい名前ですがイイ具合に体感出来ます。
エンジンの圧縮がそろい、吹け上がりが軽くなったり、ベアリングの回転が良くなったり。
一度体感すると、クセになってきます。

そんなクセになったI様が、京都からはるばる進化剤の施工にご来店くださいました。


DSC05341.jpg

今まで、1年に1回~2回くらいの割合で施工にご来店頂いております。
そのたびにエンジンの調子が良くなっている事を体感されているそうです。

遠いところをありがとうございました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/23 19:15 ] 進化剤 | TB(0) | CM(0)

BMW550i インジェクターフラッシュ&インテーククリーニング

先日、BMW550iにお乗りのK様が、インジェクターフラッシュ&インテーククリーニングの施工でご来店くださいました。
車両を購入して、まだ数日とのこと。
何となくイメージと違うエンジンと言われてました。


DSC05301.jpg

まずはインジェクターフラッシュから。
エンジンをアイドリング状態で、専用溶剤を燃料ラインから流し込みます。
インジェクターノズルに溜まったガソリンのカスや、排気の吹き返しで溜まったカーボンを除去します。
アイドリング時の燃費がいいクルマだと、40分~1時間くらい溶剤を送り続けます。
今回は、15分くらいで終了しました。
アイドリングでもけっこうガソリンを食いますね。


DSC05305.jpg

続きましてインテーククリーニングです。
こちらは、ブローバイガスを除去します。
吸気ラインを分解すると、意外とブローバイによるオイルのカスが至る所に残ってます。
分解洗浄をしても手が入らない部分も、インテーククリーニングはすみずみまで洗浄してくれます。

帰路はいかがでしたか。
変化があるとイイですね。



この施工を、隣のネジ屋の社長が見てまして、「やってみて~」というので施工しました。

DSC05306.jpg

クルマは、ランクル80です。
リッター4キロくらいしか走らないらしいです。
走行中も何となくエンジンが調子いいのか悪いのか、力も無くイマイチとの事でした。

こちらは、洗浄剤が5分で終了してしまいました。
燃費悪いですね。

施工後にランクルに乗って帰って行ったネジ屋の社長、すぐに引き返してきて「スゲー調子がいい、全然変わってるぅ」とか言って興奮してました。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW M3 (E30) エンジンオーバーホールなど

昨年の11月からのんびり(?)やってた作業が、今年2月の第一週に完了しました。
本当は1ヶ月くらいで終わらせるはずだったのですが・・・

T様、遅くなりまして大変ご迷惑をおかけしました。


DSC04252.jpg

クルマは、BMW M3 (E30)です。
エンジンのオーバーホールを中心に、点火系を手直ししたり足回りを良くしたりとかの作業です。
オーバーホールの目的は、激しいオイル漏れの修理と、どうせ分解するのなら予算が許す限りエンジンを良くしようというところです。
この写真は10月下旬です。
当初は、あらかじめおおよその部品を準備して普通に作業が終わる予定でしたが、エンジンを分解してからオーバーホールに必要な追加部品があり、しかも日本国内に在庫が無く、ドイツからの取り寄せに時間がかかったりして、都合3ヶ月ほど費やしてしまいました。


DSC04253.jpg

この頃のエンジンは、軽いしハーネスも少ないしで、楽と言えば楽ですね。


DSC04261.jpg

エンジンとミッションを下ろしたところ。
ハーネスもちょっとヤバいところがあったりして、所々で補修をしたりしました。


DSC04718.jpg

いきなりこんな写真ですが、全て分解して洗浄したりしました。


DSC04719.jpg

写真を整理しようと思っていたら、途中の経過写真が全然無いですよ。


DSC04915.jpg

もうバルブがついちゃってます。
本当は、バルブは交換したかったのですが、エンジンオーバーホールの総額で新品エンジンの金額を超えてしまいますので、丁寧に研磨して済ませました。
新品エンジンにすればイイじゃんとお思いでしょうが、供給終了となっているそうです。


DSC04916.jpg

ピストンも丁寧に汚れを取って、磨き上げました。
リングは交換しました。

カムシャフトとクランクシャフト、バランス取りをしたかったのですが、予算がありますので・・・


DSC04956.jpg

途中で、何度か部品の追加があり、その都度ドイツにオーダーして待ってましたので、エンジンの組み付けが今年になってから完了しました。


DSC04969.jpg

せっかくなので、クラッチも交換しました。


DSC04967.jpg

あと、エンジンマウントとミッションマウントも。


DSC05106.jpg

点火プラグも新しくなっております。


DSC05111.jpg

電極の減り具合は微妙なところですが、年数も経っているので替えておきたいですね。


DSC04966.jpg

で、エンジンを乗せる運びとなりました。


DSC04961.jpg

ロアアームブッシュは、こんな感じでクタクタなので交換です。


DSC04963.jpg

ボールジョイントもそろそろですね。


DSC04964.jpg

せっかくなので、まとめて交換です。


DSC05075.jpg

サスショックも一式新調致しました。


DSC05081.jpg

フロントはケースが固着していて、ちょっとはずすのに苦労しました。


DSC05084.jpg

もちろんアッパーマウントも同時交換です。


DSC05143.jpg

全ての作業が終わって、最後にアライメント測定・調整で終了となりました。

他にも手を入れたいナァという作業はありましたが、時間とご予算の都合もありますので、今回はエンジンと足回りをメインにしました。

これからも、少しずつ手を入れて、最終的にはレストアの仕上がりを目指しましょう。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/20 19:39 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW335i 12ヶ月点検&BSP

ちょっと遠くから、T様が12ヶ月点検&BSPでご来店くださいました。
車両はBMW335i(E90)です。
最近購入されたそうでして、クルマの現在の状態を把握しておきたいとのことでのご依頼でした。

中古車で購入された方は、BSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)での診断で、現在の車両の状況と近々に必要なメンテナンスの計画を立てやすくなります。


DSC05249.jpg

車検も12ヶ月点検もBSPも、一番最初はバッテリー診断から。
健康なバッテリーがクルマを正常に動かします。
バッテリーの状態は良好でした。
30分放置後の電圧は少し低めでしたが、容量は充分でしばらくはこのままご使用いただけます。


DSC05254.jpg

続いてコントロールユニット診断。
BOSCH製の診断機"KTS"を使用して、エンジンを始め各部のコンピューターの作動状況を診断します。


DSC05256.jpg

モニターに各部のエラー状況が表示され、そのエラーがどの様な種類の物か、またどのような状況で入力されたのかを把握する事が出来ます。
今回は、センサーの誤作動程度のエラーは認められましたが、クルマの性能に影響する物はありませんでした。


DSC05257.jpg

続きまして、BOSCH製のアナライザー"FSA"でエンジンの作動状態を診断します。
BSPでは、主に排ガスの成分からアイドリング時~エンジン回転2800rpmまでを測定します。
今回は、アイドリング時にややガソリンが濃い傾向が見られました。
1500rpm・2000rpm・2800rpmと、エンジン回転を上げると排出される未燃焼ガスは減りますが、アクセルをオフにしてアイドリングに戻る瞬間に未燃焼ガスが増えます。
エアクリーナーとマフラーが社外品でしたので、燃調に少し狂いが出ているようです。
車検には問題ないレベルのHC数値でした。
その他、イグニッションコイルの作動状態をオシロスコープでモニターしたり、過給器の圧力を測定しましたが、いずれも正常という結果でした。


DSC05253.jpg

一般的な油脂類の点検に移ります。
いろいろ点検しましたが、写真はブレーキフルードのみです。すみません。
ブレーキフルードは若干変色がありますが、問題はありません。
おそらく、中古車として販売した会社が、納車時に交換していると思います。
その他、パワステフルードも問題ありませんでした。
LLCは、1Lほど量が少ない状態でした。
交換はしたものの、エア抜き不十分だったと考えられます。
補充して対応させていただきました。


DSC05258.jpg

点火プラグの焼け具合、良好です。
一度交換してますね、社外品が付いてます。


DSC05266.jpg

ウォーターポンプはきちんと作動しています。
最近、E9xの車両でも、ウォーターポンプやサーモスタットのトラブルが出始めています。


DSC05265.jpg

エンジンオイル漏れ、ありません。


DSC05268.jpg

ATF漏れは少し始まってます。
定番トラブルですので、やむを得ない(?)ですか。
もう少し、こうならないように設計してもらいたいものですね。


DSC05269.jpg

ミッションハーネススリーブからは、お約束のATF漏れがあります。

ひどくならないうちに、修理を兼ねたATF交換をお勧め致します。


DSC05271.jpg

デフに関しましても、オイル漏れはありません。
デフの下部を擦った跡がありますが、部品自体には影響はありません。
車高、低いですからね。


DSC05263.jpg

DSC05270.jpg

フロント・リアともに足回りはしっかりしています。ブッシュやボールジョイントもしばらくは大丈夫でしょう。


DSC05272.jpg

DSC05273.jpg

フロントブレーキパット残量11ミリです。
ローターに偏摩耗はありません。


DSC05275.jpg

DSC05276.jpg

リアブレーキバット残量9ミリです。
ローターに偏摩耗はありません。


DSC05277.jpg

左リアのハブだけ錆びていました。
理由はわかりませんが、前オーナーさんの使用環境の影響でしょうか。


DSC05278.jpg

ハブは研磨してグリスアップしておきました。
四輪とも研磨してグリスアップしてあります。
錆びるとホイールがはずれにくくなって苦労するんですよ。


DSC05282.jpg

右前のタイヤから空気が漏れる件、リムにタイヤが当たっていない部分があるみたいです。
残りの二輪からも、微少な漏れがありました。
急ぎタイヤ屋に連絡しましたが、土日スケジュールで一杯とのことで、手当が出来ませんでした。
申し訳ありません。

タイヤメンテナンスは、当店で作業をしても良いのですが、作業の確実性を考えて提携しているタイヤ屋に依頼しております。
一日にちょっとだけタイヤ作業をする当店よりも、一日に100台の作業をするプロに任せるという考えです。
タイヤは重要ですからね。軽自動車でもトラックでも、どんなに高性能なクルマでも、路面に接している部分はタイヤの僅かな一部分でしか有りません。
タイヤ屋という専門の仕事があるくらいです。


DSC05289.jpg

点検・診断がひととおり済んで、アライメント測定・調整でした。
リアは微調整でイイ位置に入ってます。
フロントは、左右ともにトーが+35′なんていう位置にありました。
何か意図してやったと思いますが。。。
走りやすい位置に入れてあります。

もし違和感があるようでしたら、走行に支障ない範囲で再度微調整させていただきます。


DSC05251.jpg

追加ご依頼をいただいておりますRECSを施工しました。
過給器付きエンジンですので、至る所にバキュームラインがありますが、効果があるラインは一ヶ所です。
排ガスの数値から考えると、RECSでエンジンフィーリングの変化を感じる事が出来るのではないかと思います。


DSC05283.jpg

エンジンオイルは相応の汚れ方でした。
マメなオイル交換で、長期間いい状態のエンジンとなるでしょう。


DSC05285.jpg

エンジンオイル交換前に、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工です。


DSC05286.jpg

フラッシング工程を4回続けて、エンジン各部のスラッジを回収します。


他店で同様のフラッシングをしたけれど効果が無く、当店で施工したら体感できたという方が数名いらっしゃいました。
洗浄液も工夫していますが、大元の機械も少し工夫しています。

フラッシングマシーンは、エア式で洗浄液をエンジンに圧送します。マシーン内のポンプが断続的に送り込むわけでして、6~8Kg/cm2が最適なエア圧です。
それ以上だと、エンジンによっては洗浄液がオーバーフローします。
常に6~8Kg/cm2を維持すれば、必要最高回転のポンプ回転数となります。
この圧を維持するためには、コンプレッサーの性能が鍵となります。
20分間ずっと同じ圧を維持するためには、コンプレッサーにかなり負担がかかり、圧の変動が出てポンプ回転が落ち、洗浄能力に影響があります。
以前使用していたコンプレッサーは、フラッシング作業中に焼き付いてしまいました。


DSC05287.jpg

現在は、連続使用に耐えられるコンプレッサーを中古で見つける事ができましたので、洗浄能力に影響が出ることなく施工出来ます。
圧力が落ちないように、タンクも増設しました。
圧力を限界まで上げているので、コンプレッサーの寿命が持たないだろうとアドバイスをいただき、格安の中古を手配してもらいました。


DSC05288.jpg

いつでも最高のフラッシング性能を維持するため、タンクの圧力はレッドゾーンぎりぎりですよ。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW323i KONI FSD

BMW323i(E90)に、KONI FSDの取付でした。

DSC05209.jpg

「伸び側で効く」というキャッチフレーズが、イマイチわかりにくいとご指摘が多いダンパーですが、要はバンプした時の沈みはノーマル並みで、沈んだダンパーが戻る時に効くという事です。
固さを感じずに、しっかり感が欲しいコンフォートな足回りですね。


DSC05243.jpg

E90のサスは「く」の字型をしていますので、きちんとしたスプリングコンプレッサーを使用しないと、正しい位置にスプリングが納まりにくいです。


DSC05292.jpg

ひととおり組み付けが完了後、アライメント測定・調整作業をします。
キャンペーン中の足回りセットは、アライメント測定・調整が一緒になったお得な価格設定となっております。


DSC05280.jpg

ちょっと足回りに時間がかかりまして、翌日にWAKO'S RECSの施工をさせていただきました。
吸気系統~バルブ回り~燃焼室のカーボンが取れて、軽く回るエンジンになります。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW323i 車検整備

BMW323i(E90)を車検整備でお預かりしました。


DSC05194.jpg

ひととおりの診断をさせていただきました。
コントロールユニットは、エラーがひとつも入っていません。
走行距離が2万キロ弱と、走っていないのも理由のひとつかもしれませんが、極度にコンピューターで制御されたクルマですので、微妙なセンサーの数値から多少のエラーあっても不思議ではないのですが、こういうこともあるものですね。
バッテリーは弱り気味でしたので、交換となりました。


DSC05180.jpg

ブレーキフルードは、時間経過で自然劣化があります。


DSC05181.jpg

新油はこのように澄んだ色です。


DSC05196.jpg

パワステフルードも少々劣化していました。


DSC05197.jpg

パワステフルードはCHF11Sを使用しています。
以前、このタイプのフルードを使用するクルマに、普通のATFを入れているクルマがありました。
すんごい音を出してパワステが唸ってましたよ。


DSC05182.jpg

フロントブレーキパット、残りタップリです。


DSC05183.jpg

リアブレーキパットも十分に残量有りです。


DSC05184.jpg

冷却水は定期交換です。


DSC05188.jpg

DSC05191.jpg

DSC05193.jpg

フロント・リアともに足回りはしっかりした状態でした。


DSC05190.jpg

DSC05192.jpg

ミッション・デフ、オイル漏れや変な音はありません。


しばらくは、安心して乗り続ける事が出来るでしょう。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW320i arc CLIMAX-Ⅰ

先日お預かりしましたY様のBMW320i(E90)に、arcのCLIMAXⅠを取り付けしました。
居住性を確保しつつスポーティーな足回りで人気ですね。


DSC05208.jpg

いきなり取付後かっ、なんて突っ込まれそうですが、すみませんバタバタもんで装着後の写真でございます。


DSC05205.jpg

フロントのアッパーマウントはもちろんですが、リアもアッパーマウントは交換したほうが良いんですよ。
5万キロくらいでこんなに縮んでしまいます。


DSC05207.jpg

取付後は、アライメントをチャチャッといじって、ベストな位置にあわせておきました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/17 18:56 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ALPINA B3 エンジンオイル警告灯

DSC05198.jpg

E46にお乗りの方、エンジン始動後にこんな感じでエンジンオイルの警告灯が点灯している事はありませんか。
少し時間が経つと消えてしまいます。

こちらは、エンジンオイルレベルセンサーのトラブルが原因で点灯する事がほとんどです。


DSC05200.jpg

エンジン下部のオイルパンにセンサーが取り付けられています。
交換する際には、エンジンオイルが全て抜けてしまいますので、オイル交換時期に合わせて手を入れるといいと思います。


DSC05201.jpg

左が新品で右が旧品。
見た目では良い悪いが判断しにくいパーツです。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/14 10:01 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 12ヶ月点検

先週の水曜日に、S様のBMW M3をお預かりして、12ヶ月点検を承りました。

1週間ほどお預かり出来て、細部にわたり点検する事ができました。
時間に余裕があると、つい見落としがちな部分も確認出来てイイですね。


DSC05174.jpg

お決まりのバッテリー診断から。
意外と首の皮一枚でつながった状態のバッテリーが多いです。
充電と放電がバランスしていないと、「昨日まで大丈夫だったのに・・・」という事がよくあります。
今回は、要充電とテスターに表示されましたので、約1日かけて充電しましたが、ちょっと厳しい状態で70%くらいしか充電出来ませんでした。
ご連絡をさせていただきまして、バッテリーは交換作業となりました。


DSC05178.jpg

コントロールユニット診断では、エンジンにエラーがひとつ、その他で数個のエラーが入力されていました。
走行に問題があるものは無く、当面心配はいらないかと思います。


DSC05173.jpg

アイドリング時もレーシング時も、調子がいいエンジンでした。


DSC05177.jpg

点火プラグは、中心電極が減って台形になり始めています。
少しずつ火花が弱くなり、イグニッションコイルに負担をかけますので、こちらも交換させていただきました。
プラグ自体は、10万キロくらいは火花が出ますが、点火が不安定になり別のトラブルを引き起こす事がよくあります。
意外と高くつきますので、プラグ交換で防げるなら積極的に手を入れたい部分です。


DSC05153.jpg

ベルト回り、水回り、問題なしです。
日頃からメンテしてますね。


DSC05161.jpg
DSC05162.jpg
DSC05166.jpg

心配されておりましたフューエルホース、今のところ全く問題はありません。
10万キロに近づいた時点で、状況によって交換でよろしいかと思います。


DSC05156.jpg

足回りはしっかりした状態です。


DSC05157.jpg

ロアアームのボールジョイントもしっかりしてました。


DSC05158.jpg

リアのボールジョイントは、最近は交換時期が迫っているクルマが増えていますが、カチッとした状態です。


DSC05159.jpg

リアトレーリングアームの付け根にあるブッシュ、まだまだいけます。


DSC05160.jpg

オイル漏れも無く、全体的にきれいで状態がいい車両です。
このまま定期的な点検とメンテナンスで、しばらくは快適にドライブができる事でしょう。


DSC05144.jpg

最後に、アライメント測定・調整をして完了となりました。


http://www.stella-motors.co.jp

ロボコン?登場!!

昨日、当店にロボコンが来店しました。


DSC05203.jpg

BOSCHで作られたロボコンで、ひととおり使用方法のレクチャーを受けまして、さっそく一台やってみました。

なかなか良さげなヤツです。
テレビのロボコンとは違って、いつも100点満点で働いてくれそうです。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/14 09:18 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMWのATF交換やビルフラなど

仕事は溜まる一方、ブログのアップが進んでません・・・
写真を撮る時間が無く、材料不足ということもありますが。


DSC05179.jpg

BMW630iにお乗りのO様が、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工でご来店くださいました。
先月は、WAKO'S RECSを施工させていただきましたが、走行距離が少ないせいか格段の違いを体感するには至らなかった模様です。

したがいまして、今回BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンは、渾身の力を込めて施工しました。
近年、メーカーがオイル交換サイクルを長くする傾向にありますので、その通りのオイル交換サイクルのクルマは、エンジンの中はスラッジが多く溜まってきます。

どうでしょうか、違いは出てますか。


DSC05186.jpg

比較的ご近所にお住まいのK様のE46M3もBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工です。

リップと路面のクリアランスが・・・

なんとか入庫して施工完了。

実用的なパーツがバリッと決まったM3でした。
いかがでしょうか、違いは出てますか。


DSC05136.jpg

E46-330iのATF交換なども済ませました。


DSC05137.jpg

ATFの状態は良かったですよ。


DSC05138.jpg

ストレーナーのスポンジは、真っ黒になるまでは至っていません。


DSC05140.jpg

とは言っても、新旧を比較するとこのような感じです。


DSC05139.jpg

マグネットは山盛りでした。

使用したATFは、Power Cluster BiLENZAです。
少し走ると、スムーズな変速でビックリされることでしょう。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/12 16:04 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(4)

BMW E61 インジェクターフラッシュ&インテーククリーニング

昨日、遠方よりインジェクターフラッシュとインテーククリーニングの施工でK様がご来店くださいました。
いつもありがとうございます。

クルマはBMW E61でして、施工しやすさがうれしい車種です。


DSC05146.jpg

お先にインテーククリーニングから施工させていただきました。
吸気系統に溜まったブローバイガスのネバネバを、霧状の洗浄液が時間をかけて洗い流します。
インジェクターに溜まった表側のネバネバもきれいに除去します。


DSC05148.jpg

その次にインジェクターフラッシュの施工です。
なんだか、同じ写真に見えますが、同じ機材で施工します。
こちらはインジェクター~インマニ~バルブ~燃焼室~O2センサーを主に洗浄します。

両方の施工で、2時間弱ほど。
現在キャンペーン中ですので、全車種一律17,325円でスッキリとクリーニング完了です。


http://www.stella-motors.co.jp

VWゴルフ PPE

ご近所のオーディオショップ「東京車楽」さんのVWゴルフGTにPPEを取り付けました。

DSC05152.jpg

ゴルフGTは、ターボ+スーパーチャージャーで、馬力はノーマル170psが200psにアップ、トルクはノーマル250NMが297NMと、ちょっとしたPPEの取付で満足のパフォーマンスと変化します。
ロムチューンと比較しても、金額が8万円くらいでリーズナブル。おまけに乗った瞬間から違いがわかります。


DSC05151.jpg

隙間が狭いので、ハーネスを通すのにちょっと時間がかかりましたが、1時間かからないくらいの取付で激変を体感出来ます。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/10 19:44 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

VOLVO V70 12ヶ月点検&BSP

様々な行事と仕事が重なって、少し更新の間隔が空いてしまいました・・・

さてさて、横浜からT様がVOLVO V70の12ヶ月点検&BSPでご来店くださいました。
都心を抜けて来るので、ご来店も半日仕事となってしまいますね。
遠いところをありがとうございます。


DSC05117.jpg

まずは、お約束のバッテリーチェックから。
充電状態がよろしくなく、補充電しました。
その後、オルタネーターテストをしましたが、発電量は良好です。
車検時にはバッテリー交換をするといいと思います。


DSC05118.jpg

エンジンの燃焼状態を診断するため、排気ガステスターのプローブをマフラーに挿入します。


DSC05119.jpg

アイドリング時の排ガスの状態から、最大で2800回転までの排ガス測定をします。
高速道路走行時のエンジン燃焼状態を知る事が出来ます。こちらは、静的診断と動的診断の両方を見る事が出来ます。

その他、オルタネーターテストやコントロールユニット診断などもしましたが、そこら辺は省略させていただきます。

DSC05120.jpg

12ヶ月点検の基本的な部分ももちろんチェックします。
フロントブレーキの状態は良好です。
ローターが少し減ってきていますので、次回車検時の状態でパットとローターの交換が必要となる可能性があります。


DSC05121.jpg

リアブレーキも同様、次回車検時の状態を見て交換となるかもしれませんね。
年間で2万キロ以上乗るとの事ですので。


DSC05127.jpg

点火プラグは交換時期です。
DENSOのイリジウムプラグに交換しました。


DSC05131.jpg

タイミングベルト・ウォーターポンプ・ドライブベルトなど、一式交換時期でした。
こちらも交換しましたので、しばらくは安心してお乗りいただけます。


DSC05124.jpg

T様からリクエストいただきましたWAKO'S RECS、整備の途中で施工させていただきました。


DSC05125.jpg

マフラーからRECS溶剤が排出されます。


DSC05135.jpg

エンジンオイルは、「仕事しましたっ」ていう感じの色でした。
キャンペーン中のPower Clusterへの交換です。


DSC05142.jpg

最後に、アライメント測定・調整をして完了です。
少しだけ欽ちゃん走りしてるようでした。
いい位置に合わせましたので、多少スムーズに走るように変化していると思います。
アライメント測定・調整は、BSPの中に含まれていますので、車検時や12ヶ月点検時はお得なプライスでご利用する事が出来ます。

昨日納車となりました。
帰り道は混まずに帰る事が出来ましたでしょうか。

いろいろと楽しいお話など、ありがとうございました。



http://www.stella-motors.co.jp

BMW525i 車検プレチェック

1年に1度は当店をご利用いただいておりますS様。
諸事情より、あまりクルマに乗る機会が無くなってしまったとの事でした。
それでもやってくるのは車検です。
検査を通しておかないと、いざ使うとなるとどうにもなりません。


DSC05095.jpg

一番最初はバッテリーのチェックから。
理由は何度も書いておりますので詳しくは触れませんが、クルマに電気が送られなければ何も始まりません。
充電量が低下しておりましたので、補充電を試みましたが、かなりバッテリーが弱っておりまして規定の容量まで充電出来ない状態でした。
こちらは交換作業となります。


DSC05096.jpg

次に、コントロールユニットの状況をチェックしましたが、こちらは全くエラーが入力されていません。



DSC05098.jpg

ファンベルト、亀裂など無いですね。ベアリングも良好でした。


DSC05100.jpg

冷却水漏れ、ありません。
通常の定期交換となります。


DSC05097.jpg

パワステフルードも心配ありません。
少し吹き出した跡が見られますが、問題ないレベルです。


DSC05105.jpg

ブレーキフルードは交換した方がよさそうです。


DSC05101.jpg

エアクリーナーは、ほとんど汚れていませんのでエアブローしておきます。


DSC05102.jpg

エアコンフィルターは塵で膨らんでいます。
身体に悪いので交換しましょう。


DSC05087.jpg

足回り全般、シャキッとした状態です。


DSC05089.jpg

ボールジョイントブーツは弾力十分です。


DSC05088.jpg

ラックブーツ、最近は検査中に破れてしまうクルマがたまにあります。
念入りに点検しておきます。


DSC05090.jpg

エンジンオイル漏れ、無いです。


DSC05091.jpg

ミッションは作動状態・ATF漏れともに心配ありません。
E39からはミッションは丈夫になりましたね。
E34の頃は、いつ壊れるかヒヤヒヤしてましたよ。


DSC05092.jpg

デフも状態良好です。


DSC05093.jpg

最近のE39は、10台のうち8台くらいこのボールジョイントにガタが出始めています。
痛んでくると、高速走行でケツ振り現象が出たりします。
こちらは大丈夫でした。


DSC05094.jpg

アッパーアームは一度交換しましたね。


DSC05104.jpg

ヘッドライトは、表面が曇ってしまってます。
こちらは、磨いてきれいにしておいてとのご要望でした。
雪予報が出てますので、晴れてるうちに磨いてしまいます。


DSC05112.jpg

最初にペーパーで表面を荒らします。


DSC05115.jpg

その後は、ひたすら磨いてこんな状態まで復活させます。


DSC05116.jpg

ほとんどキズが無い状態まで仕上げます。

パッと見、新品ですよ。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW750Li BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン

昨日、午後になって4月並みの気温となり、まったりと仕事をしておりましたところ、「BMW750Liのビルフラしに今から行きます」とのお電話をいただきました。

準備をしてお待ちしておりましたが、なかなかご来店が無いですね~
事故に遭ってなければイイですが・・・

日が落ちて寒くなり始めた頃にご来店。
なんとっ、超遠方のナンバープレートでした。


BILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの為に、電話連絡後にダッシュで駆けつけてくださったそうです。
ありがたやありがたや。。。


DSC05086.jpg

さっそく施工させていただきました。

オイル管理、悪くないですよ。
きれいにスラッジが除去出来てます。


近年、若者のクルマ離れが進んでいると言われ続けておりますが・・・
ご来店くださいました750LiのY様、お若い方ですがクルマに対する愛着を感じられました。
ポイントを押さえたドレスアップ、さりげなく高価なパーツを要所に取り入れたり。

少しずつ、クルマに興味を持つ方が増える事を願います。


http://www.stella-motors.co.jp

ALPINA B7 TURBO/3

ALPINA B7 TURBO/3にお乗りのN様が、メンテナンスでご来店くださいました。
極上の逸品でして、走行距離はわずか1万と4千Kmほど。
各部細かいところまで手が入り、ポイントを押さえて維持されています。

最初にインジェクターフラッシュをご用命いただきました。


DSC05079.jpg

予想に反して、少し複雑な燃料経路で手間取りましたが、20分弱でインジェクターフラッシュが終了。


続いてBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンの施工です。

がっ、アダプターが合いません・・・

申し訳ありませんでした。
アダプターのネジ長が全く違い、オイルフィルターブロックを抑える事が出来ません。

今週中には、適合するモノを作っておきます。
隣がネジ屋ですので、ネジに関する事はいかようにもなります。


http://www.stella-motors.co.jp

BMW M3B 異音など

BMW M3Bにお乗りのK様。
都内にお住まいですが、時々メンテナンスで埼玉県の片田舎にある当店にご来店くださいます。

ご来店目的は
1.エンジンから異音がある
2.クラッチ操作で異音がある
3.ビルフラ等
でした。

1.のエンジンからの異音は、ご来店時にはメカニックが確認しておりましたが、その後症状が見られません。
冷間時、温間時ともに音の確認には至りませんでした。
ベルト類を点検しましたところ、アイドラープーリー・テンショナープーリーに少しガタが見られました。
すぐに手当が必要な段階ではありませんが、状況によっては音の原因となる事が考えられます。
ウォーターポンプのシャフトも、わずかですがガタがあります。

2.のクラッチ操作で異音がある件は、最初はペダルを分解確認させていただきました。
以前、当店で分解した記憶があるような無いような・・・
各部にグリスアップの跡があり、付け根がスレて音が出ている様子はありません。
確認のため、お電話にて再度お伺いしたところ、ペダルを踏むと「キュッ」という音とのことでした。

八割方、マスターシリンダーで間違いないですね。
もうしばらくで抜けると思います。
同時にレリーズシリンダーもやっておきましょう。
マスターよりもレリーズの方が先に寿命を迎える傾向があります。


DSC05070.jpg

左がレリーズシリンダー、右がマスターシリンダー。
両方とも、水鉄砲の様な構造です。
内部にゴム栓があって、使用頻度と経年で劣化してきます。

交換したら、スムーズなクラッチ操作となりました。
もちろん、音が出る気配もありません。


その他、ワイパーアームを交換したり、ワイパーアーム下のカウルパネルを交換したり。


DSC05071.jpg

エンジンオイルの交換も承りました。
キャンペーン中のPower Clusterをご用命くださいました、ありがとうございました。

DSC05073.jpg

オイル充填前にBILSTEIN R-2000 スラッジクリーンも。。。


DSC05074.jpg

デカいスラッジはありませんでした。
半年に一回くらいのペースでオイル交換を続ければ、長い間スムーズなエンジンを楽しめます。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/03 10:05 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW330i パワステフルードじゃじゃ漏れ

先週の日曜日、時折ご来店くださるK様の330が、駐車場でピンク色の液体が漏れているとの事。
その時は時間を見てご来店くださるようにお話ししましたが、その後あらためてご連絡をいただくと、どうも悠長な事は行っていられないような感じでした。

あまり遅くならない時間に引き取りに行って参りました。

K様の330はSMGなので、ピンク色の液体はパワステフルードしか使っていません。
ですので、明けて翌日の月曜日に点検してみました。


DSC05002.jpg

漏れていたのは、パワステポンプの樹脂製パイプの口からでした。
1秒に一滴くらいのペースでポタポタと漏れていました。
リザーブタンクを確認すると、パワステフルードはほとんど残っていません。

車両を引き取りに行ったのは正解でしたね。


DSC05069.jpg

ホース(リザーブタンク~ポンプ)をはずしてみて、パイプにガタがありませんでしたので、分解して液体パッキンを塗布してみました。
組み付けて、パワステフルードを充填。
圧力がたいしてかからない部分でしたので、もしかしたら大丈夫かもとか考えました。
高圧側だったら無理ですね。

その後、一週間ほどお預かりしておりましたので、アイドリングしたりステアリングをすえ切りしたりして経過を見ました。

大丈夫そうですね。
このくらいの処置で治ってくれれば助かります。

もう少し経過を見てください。
何事もない事をお祈りしております。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2013/02/03 09:44 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(1)

BMW525i (E60) 車検整備

BMW525iの車検整備がありました。
日頃から仕事で使用されているクルマで、そろそろ10万キロに手が届くところまできております。


DSC04981.jpg

通勤のみならず、仕事の外回りで使用すると、それなりに部品の劣化が早くなってきますね。


DSC05066.jpg

いつも通り、バッテリーチェックから点検が始まりますが、写真を取り忘れました・・・

ですので、BOSCHの診断機KTSの接続から。


DSC05067.jpg

コントロールユニットのエラーコードをひととおりチェックし、トラブルの状態を点検します。
特別大きな問題は見あたりませんでした。


DSC04995.jpg

エアクリーナーは目詰まりしておりました。


DSC04985.jpg

エンジンオイル漏れが酷く、ベルトに垂れていました。
ボンネットから変な音が出ると訴えられておりまして、おそらくはこのことが原因での異音と推察致します。
ベルト類一式、承りました。


DSC04982.jpg

下回りは、エンジンオイル漏れが激しく、ポタポタと垂れてくる状態です。


DSC04997.jpg

オイル漏れの原因その1、オイルフィルターブロックのガスケット不良。


DSC05054.jpg

エンジンは新しくなっても、オイル漏れの原因は同じです。


DSC04998.jpg

エンジンオイル漏れの原因その2、タペットカバーガスケット。
こちらも相変わらずですね。

エンジンオイル漏れ修理、一式承りました。

DSC05052.jpg

リアブレーキパットは残量2ミリ、ローターはヘリが出て交換時期、パーキングブレーキシューは問題ありません。


DSC05055.jpg

リアパット、ローター、センサー一式、キャンペーンでお得な金額で交換でした。


DSC05057.jpg

点火プラグは極限状態です。
こちらはDENSOイリジウムプラグに交換でした。


DSC05059.jpg

フロントロアアームブッシュ、抜けてグラグラになっておりました。
SSTを使用して打ち替えです。


DSC04988.jpg

定番のATF漏れはありませんでした。


DSC04989.jpg

後ろ側は足回りの状態は良好でした。


DSC05062.jpg

LLCは、30%の濃度で交換させていただきました。


DSC05063.jpg

パワステフルードは交換時期ですね。


DSC05064.jpg

こちらのパワステは、ATFは使用しません。
CHF11Sという作動油を使用します。
これがまた高いんですよ。


DSC05065.jpg

ブレーキフルードを交換し、最終点検をして納車の運びとなりました。
ありがとうございました。


http://www.stella-motors.co.jp
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです