Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2012年10月

カプリス

本日、エンジン不調で入庫したクルマです。


DSC04223.jpg

1966年式のシボレーカプリスです。
長さ5400ミリ
巾2000ミリ
古き良きフルサイズクーペです。
所有されるY様は、超趣味人でクルマをとことん楽しまれる方です。
最初は、ベンツCLKにお乗りになっている時からのお付き合いで、もう10年近く経つでしょうか。
その後、ベンツゲレンデに乗り換えられ、最近カプリスを入手されたとの事です。

イロイロと調べてみました。
カプリスクーペは、1966年からのラインナップだそうで、ということは最初期モデルですね。
古いクルマほど、初期モデルに魅力を感じてしまいます。


DSC04224.jpg

なんと、完全オリジナルの取説付きですよ


http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 17:46 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

納車前にビルフラ

チャクチャクと準備を進めていますBMW330Ciのメンテ。
納車前に、ガッツリとビルフラでエンジンオイルラインを洗浄致しました。


DSC04222.jpg

エンジンオイルそのものは、たいして汚れてはいなかったのですが、マシン始動直後からゴマのような細かいスラッジがガンガン出てきました。
あまりにも汚れがこびりつくと、固着してエンジンオイルの洗浄成分ではスラッジを取りきる事が出来ないのでしょう。
エンジンの調子が良くなる事、間違えありません。。。


http://www.stella-motors.co.jp

新サービスの練習

ただいま、今後展開を考えております新サービスを研究中です。


DSC04220.jpg

内容は、燃料系統のメンテです。
燃料フィルターの後ろから燃料パイプ、インジェクター、燃焼室をきれいにしてしまおうと言うメンテです。
同じような物はたくさんあるんですよね。
ビルフラの兄弟機種で、カーボンクリーンという物があります。
別メーカーで、ドクターカーボンなんていうのもあります。
施工時間が長く、料金が高いのが「ちょっとなぁ」と考えておりました。
機械が高価ですので、その分施工料金に必ずONされてしまいます。
きちんと効果が出るので、それはそれで良しなのですが。

もう少し安価に、そしてお手軽にご提供できる方法を考えて試行錯誤しておりました。
構造は単純なので、製作してしまおうかとも考えましたが、試作&失敗を繰り返すよりはなにかピッタリの物は無いかと探しはじめて6ヶ月。
アメリカ製の物で、まさにドンピシャの物を見つける事が出来ました。
瞬間的に強いエアーを必要としますので、エアコンプレッサーにエアタンクを増設もしましたよ。

車種によりますが、取付時間に5~10分、施工時間10分くらいです。
インジェクターノズルに堆積したガソリンのカス「ワニス」や、吹き返しで堆積したカーボンをきれいに除去します。



直噴エンジンのアイドリングブルブルにも効果があります。
[ 2012/10/28 09:10 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ビルフラ&パワクラ

遠方よりご来店くださいましたT様。
以前は、ATF交換をご用命頂き、今回はビルフラ&パワクラエンジンオイルでご来店頂きました。
ATF交換は、2~300キロほど走行後に、シフトフィーリングの違いを御体験頂けたとの事でした。
ATF交換後、コントロールユニットの学習値をリセットするか否か。
この時、T様の車両にはリセットせずに施工終了しました。
どちらでもいいのですが、リセットすると新車時の状態になるため、少し走りにダルさが出る場合があります。
逆に、リセットすると、新油の状態を走行し始めた状態から学習することになります。
どちらがイイでしょう、作業時にお伺いする事にします。


DSC04219.jpg

本題のビルフラです。
現在の走行距離が3.5万キロ。
ビルフラするには、ちょうどオイシイ距離ですね。
もう少し早くてもイイです。
まだ新しいうちに一度目の施工をすると、スラッジがエンジンに固着する前に除去する事が出来ます。
エンジンに当たりがついた頃ですので、この時点で汚れを取ってしまえば、定期的なエンジンオイル交換とたまにビルフラで、長く調子がイイエンジンを楽しむ事が出来ます。
走りを楽しんでナンボのBMWですからね。


http://www.stella-motors.co.jp

BMWにRECS三連発

WAKO'S RECS、吸気系のメンテで大人気です。
どこの場所をメンテするかと言いますと、スロットルバルブ→吸気マニホールド→吸気バルブ→燃焼室にこびりついたカーボンを、時間をかけて除去していきます。
RECSの溶剤がカーボンにしみこみ、しだいに柔らかくなって吸気の圧力ではがれて排気とともにエンジンから外へ出すという仕組みです。


DSC04217.jpg

まずはALPINA B7 TURBOでした。
こちら、20数年の歴史を経た個体ですが、状態の良さに驚き
走行距離はわずか1.2万キロ、レストアをしたわけではなく、オリジナルの状態
縁あって入手することが出来たそうです。
まったく手つかずのオリジナルではなく、細かい部分はキチンと手を入れてありました。
年数を経たクルマも、RECS施工に全く問題有りません。


DSC04218.jpg

お次、BMW M3Bです。
M3BとRECSは、とても相性がよろしいです。
スロットルバルブに、RECSの為とも思えるようなパイプが付いてますので、そこから1気筒ずつ丹念に施工する事が出来ます。


DSC04221.jpg

おあとは、納車作業中の330Ci。
こちらは、負圧が強いので、またまたRECS向きのクルマです。
少しもたつき気味だった吹け上がりも、きれいにレッドゾーンまで入るようになりました。


しかし、RECSを一日3台はキツイですね~。
翌々日まで鼻の中はRECSの臭いが残ります


欧州車のRECS施工は、Stella Motorsにおまかせください。
[ 2012/10/28 08:46 ] RECS | TB(0) | CM(0)

BMW330Ci エンジンオイル漏れ修理他

10日ほど前からお預かりしておりますBMW330Ci、いろいろと作業をしまして、本日はエンジンオイル漏れの修理にとりかかっております。


DSC04211.jpg

外車はいたる所からオイル漏れがありますよね。
国産車では、オイル漏れはあまり聞きませんね。

なんでオイルが漏れるか?
構造上の問題とか、気候の違いなど、よく言われますが、実は違うようです。
漏れる場所は、ゴムやプラスチックで出来た部分が大半で、あたりまえですが金属の部分から漏れる事はほとんどありません。
ホースとかガスケット、Oリングからの漏れが普通ですよね。
これ、全部ゴム製品です。
どうやら、ゴムの質が違うようです。
同じ品質の物は作れないのかというと、そうでも無いらしいのですが、環境問題だとか規制などがあったりで、なかなか簡単にいかないらしいです。


難しい話しはどうでもよくて、

DSC04213.jpg

オイルフィルターヘッドとエンジンブロックの間のガスケット、これの劣化(というかつぶれて変形)は定番中の定番。モデルの新旧を問わず、ある時期にエンジンオイル漏れが始まります。

ダメになった部品は、替えればキチンと直りますので、気がついたら手を入れるのがよろしいかと思います。

そういえば、国土交通省のホームページで、エンジンオイルの管理を怠った為に車両火災に至ったデータが出てました。
当店でも引用させて頂き、店舗に掲示しております。

エンジンオイル交換の重要性と、オイル漏れの因果関係。
その他、興味深い内容となっております。


DSC04214.jpg

T様、チャクチャクと作業は進んでおります。
もう7割くらい終わったでしょうか。


DSC04216.jpg

よれよれのCピラーも、シャキッとしました。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/26 19:49 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

11月のキャンペーン予告

11月のStella Motorsのキャンペーン予告です。

・エンジンオイル
こちらは、WAKO'Sの上級グレードオイルを予定しております。
4CT-Sと4CRが通常よりもかなりお得な金額でご購入頂けます。
もちろん、オイルフィルターセットの金額です。
※Pro Stage Sは、通常でもかなりお安くしておりますので、キャンペーンの対象外です。

・ATF
隔月キャンペーンですが、リクエストが多く、「やるのかやらないのかハッキリしてくれっ」とお叱りをいただいております。
WAKO'SとPower ClusterのATFでのキャンペーン実施となります。

・KONI FSD
こちらもリクエストが多く、すでにE90系3シリーズとE60系5シリーズのオーダーを数台ずついただいております。
E60系は、国内在庫が少ないため、早めのご予約受付中です。

・BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)
こちらもリクエストが多く、キャンペーン継続です。
というか、いつになったら通常価格にできるやら

・BOSCHバッテリー
こちらも、10月同様にキャンペーン継続です。
これから秋が深まり、バッテリーに厳しい冬がやってまいります。
近年のバッテリーは、構造上突然死いたします。
昔のバッテリーの様に、徐々に弱くなる事は滅多にありません。
心配な方は、いきなり交換するのではなく、当店所有のBOSCHの高性能バッテリーテスターで、一度点検をして考えられてはいかがでしょう。もちろん、点検は無料です。

・新メニュー
エンジンに効く新メニューを研究中です。
ある程度は煮詰まり、実用段階に来ていますが、もうちょっとイロイロとやって、間違えない状態にしてからお試しキャンペーンを考えています。

多少の内容の変更もあるかと思いますが、当店をまだご利用した事がない方も、いつもご贔屓にしてくださる方も、是非お得なキャンペーンをご利用ください。
また、リクエストにもお応えさせて頂きますので、ご提案などございましたら、何なりとぶつけて頂ければ幸いです。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/24 18:07 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW M3C アライメント

納車待ちのM3Cは、ひととおり整備が終わりまして、ご要望の10㎜車高ダウンを済ませ、アライメントの測定と調整をしました。

DSC04210.jpg

E36やE46は、車高を上下させても、アライメントの数値は大きくズレることがあまり無いですね。
かなり下げても、トーの変化はほとんど無く、キャンバーの数値が少し基準値からはずれる程度です。


BMWその他欧州車のアライメント測定調整はおまかせください。

新メニューの準備

いつもクルマが良くなる事をイロイロと考えております。
エンジンなんかは、お金をかければ当然良くなるのですが、必要以上のコストがかかるのもどんなモノかなとも思っておりまして、できるだけ費用を抑えて効果が高いサービスを心がけております。


DSC04208.jpg

本日、新しいツールが到着しました。

これも、エンジンを良くするサービスに使用致します。
「何やこれ?」とお思いの事でしょう。
内緒です。




いやいや、内緒ではありませんが、イロイロとテストをして、より効果的な手法が確立できましたら、あらためてご紹介させて頂きたいと思います。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/21 20:38 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

一気に納車準備

岩手県へ嫁ぐM3C、少しずつ手を入れています。
写真が溜まってますので、一気に書き上げます。


DSC04174.jpg

ヘッドライトをはずしまして、いろいろと細工しました。
つっかえ棒?
ハイ、ダンパーがヘタってます。もちろん交換致しました。


DSC04176.jpg

はずしたヘッドライトは、中のレンズが曇っております。


DSC04205.jpg

分解清掃して、CCFLリングを取り付けました。
やっぱりBMWのライトは「リング」が似合いますね。


DSC04187.jpg

ブレーキフルード&クラッチフルードの交換です。
ブリーダーで圧送しますので、全量交換が可能です。


DSC04189.jpg

一応状態を把握しておりまして、問題ないのですが・・・
遠方への納車である事と、ワタクシが住む関東地方とは環境が違うという事を考えて、惜しみなくベルト類の交換をいたしました。


DSC04190.jpg

もちろんエアコンベルトも。


DSC04192.jpg

こちら、交換したベルト一式です。


DSC04193.jpg

パワステの高圧ホースがちょっと怪しげで、「ん~」な感じでした。


DSC04194.jpg

こんな場所についてます。
パワステポンプとギアボックスの間のホースです。
納車してからパワステフルードがタラタラだと、お互いにイヤな思いをしますよね。


DSC04196.jpg

ミッションオイルも交換です。
こちらの車両、マニュアルミッションですが、使用するオイルはATFです。
前オーナー様は当店でメンテをしておりまして、けっこう気を配られていたため、油脂類はあまり汚れていません。というよりも、汚れる間もなく交換をしておりました。


DSC04198.jpg

で、別途オーダーで、ミッションに進化剤をご用命いただきました。


DSC04200.jpg

ミッションの場合は、点滴注入ではなく、注射いたします。


DSC04201.jpg

デフオイルも交換です。


DSC04202.jpg

なんと、デフにも進化剤を・・・
でも、これは進化剤の正しい使い方のひとつです。


DSC04203.jpg

寒~い所へ納車ですので、LLCは50%の濃度にしました。
もちろん、冷却系統のフラッシングもバッチリやっております。


DSC04206.jpg

E36は、パワステフルードのリザーブタンクが、少し面倒な場所に付いております。
なので、手を抜く人が多いのですよ。
でも、きっちりとパワステフルードを定期交換していれば、大きいトラブルは避ける事が出来ます。


DSC04209.jpg

あとは、ナンバー灯をLEDに替えました。
閃光がまぶしいです。


あと、まだまだやる事はありますが、今日のところはここらへんで。。。


http://www.stella-motors.co.jp

[ 2012/10/21 20:27 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

BMW318iツーリング デフ交換

先日ハブベアリング異音かななんてやってましたBMW318iツーリング。
原因はデフという事が判明し、さっそく部品調達しました。


DSC04180.jpg

純正リビルトが国内に在庫がありまして、オーダー後にすぐ到着しました。


DSC04181.jpg

古いデフをはずします。
ミッションジャッキをセットして、少しずつずらしてはずします。


DSC04183.jpg

左が旧品で右が新品です。
分解してどの様な事になっているか検証したいところですが、コアを返さなくてはいけないので、分解できません。


DSC04184.jpg

旧品からデフオイルを抜いてみました。
金属粉がオイル全体に混ざっていて、ほとんど真っ黒の状態です。
ギアの摩耗やベアリングの摩耗など、外からは見えない部分が侵されています。


DSC04186.jpg

新しいデフに換装し、試運転をして異常がない事を確認しました。

I様、大変お待たせ致しました。


エンジン修理・ミッション修理・デフ修理などもおまかせください。
[ 2012/10/21 20:12 ] デフ | TB(0) | CM(0)

BMW M3 (E36) アライメント測定・調整

ご贔屓にしてくださるY様のM3、縁石に乗り上げられたそうで、ステアリングがやや左向きとの事でした。


DSC04178.jpg

さっそくBOSCHのアライメントテスターで測定です。


DSC04179.jpg

各タイヤにターゲットを取り付けて、3Dで測定して数値が出てきます。
こちらは調整の途中の画面です。
ノーマル状態で、特にご指定がなければ、基準値を参考に調整します。

高速走行主体とか、クイックなハンドリングとか、ご要望がありましたら、基準値にとらわれない調整も可能です。


BMWのアライメント測定・調整、おまかせください。

T様、現在内装移植中です

DSC04172.jpg

現在、ナビの移植がほぼ終わりまして、細かいパーツの組み付け作業中です。
今週中には、鈑金に出せるようにします。


http://www.stella-motors.co.jp

危うく判断ミスをするところでした

先日よりお預かりのI様の318iツーリング。
ワタクシが3日間ほどボッシュの研修に出かけておりまして、時間をかけて診断できず、大変申し訳ありません。

本日、研修が無事に終了し、帰社後すぐに点検しました。

入庫時に症状をお伺いしたところ、走行中に後ろから「ゴロゴロ」音有りとの事でした。
後部座席に乗らせて頂き、I様に運転して頂いて走行テストをしました。
右フェンダーあたりから、鈍い振動が有りまして、「ん~、ハブベアリングの可能性が有りますね」ということで、詳しい点検をするためにお預かり。
いろいろと点検すると、どうもハブにガタが有るわけではなく、「なんだかなぁ」なんて考えておりました。


DSC04171.jpg

ハブベアリングというのは、ブレーキローターをはずしたさらに奥の方に隠れています。
これをはずすの、結構たいへんな場合が普通なのですよ。


DSC04168.jpg

どうもハブベアリングじゃなさそうな気がして、少しデフを疑ってみました。


DSC04170.jpg

誤診断はいけませんので、一応ドライブシャフトをはずしてデフを回転させてみると、ゴロゴロと言っているではあーりませんかっ。。。

まあ、場所の特定は出来まして、完治する道のりは見えて参りました。
がっ、逆に部品が高いのですよ。
バラでパーツが出ませんので。

その他の部分でがんばるしかありませんね。

I様、もうしばらくお待ちくださいませ。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/18 20:46 ] デフ | TB(0) | CM(0)

ALPINA B3 デフマウント

本日も、Bosch Car Serviseの講習に朝から出かけておりました。
机に向かって勉強、20年以上やってませんでしたので、鼻血が出そうです。
明日も講習です。

ワタクシは講習に行っておりますが、店は営業中です。


車検があったりメンテが入ったり、いろいろとやっております。

ALPINA B3のデフマウントなどをやっていたそうです。
現在も進行中ですが。
SSTが有っても、少し苦労する部分なんですよ。


DSC04156.jpg

こんな様な部品がこんな場所にあります。
他に写真が撮れてなかったみたいです、すみません。


DSC04157.jpg

デフ本体をはずした時のマウントの写真です。
デフをはずすと、マウントがフリーになるので、亀裂の状態がわかりやすいと思います。
症状としては、加速時に後ろ側から小刻みに振動があったり、異音があったりです。


DSC04158.jpg

デフ本体をはずした状態です。
左右でデフをおさえるクルマが多いのですが、B3のこの個体は、片側でおさえるタイプです。
ちょっと片側では役不足でしょうか、亀裂が入る車両が多い傾向にあります。


DSC04159.jpg

はずしたデフ本体です。
デフには全く問題有りません。


DSC04162.jpg

ブラケットから抜いた状態のマウントです。
本当は作業をどの様にするかをおさえておきたかったのですが、写真は無いみたいです。


DSC04163.jpg

マウントが収まるブラケットです。


DSC04164.jpg

ブラケットに新しいマウントを組み込んだ状態です。
手では入りません。もちろん手で抜く事も出来ません。



DSC04166.jpg

前側のマウントは2個あります。
後ろ側よりも小さいマウントですが、2個有る分、力が分散されるのでしょうか。
たいした傷みはありません。
が、ここまで分解してますので、新調したいですよね。


DSC04165.jpg

現在、急ぎ作業中です。



http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/17 19:56 ] デフ | TB(0) | CM(2)

Bosch Car Servise ワークショッププロセス講習

本日、Bosch Car Serviseの講習のひとつであります「ワークショッププロセス講習」を受講して参りました。
内容は様々なのですが、いかにしてお客様を快適におもてなしするかの講習です。

ご来店の予約受付から入庫し、点検後納車に至るまで、ケースバイケースでこのようにしたら喜ばれるのではないかなど、いろいろとタメになる話しを聞いて参りました。
明日と明後日も講習が続きます。

今までどのようにしたらいいのか、イマイチつかめていなかった部分が見えてきました。
少しずつ改善していけると思います。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/16 19:58 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

T様、業務連絡です

T様、下回りの写真を撮りましたのでご覧ください。


DSC04137.jpg

右前


DSC04138.jpg

左前


DSC04139.jpg

フューエルフィルター
こちらは交換した方がいいかもしれません。


DSC04140.jpg

デフは錆が浮いてますが、磨けば取れます。
デフマウントも錆びています。こちらは、進行するとマウントが切れても交換不可能となる可能性があります。


DSC04141.jpg

右後ろ


DSC04142.jpg

左後ろ

右後ろ左後ろともに、ナックルに各パーツを取り付けているボルトが錆びていますので、交換する方が間違えないと思います。


DSC04143.jpg

消音器に錆が出始めています。
穴は空いていません。
将来的にマフラー交換を考えていらっしゃれば、今は手を入れなくていいと思います。


DSC04144.jpg

ミッションのオイルパンボルトが錆びています。
錆の影響ではずれないクルマが多々あります。
ATF交換時に、全てボルトを替える必要があると思います。


DSC04145.jpg

パワステフルード漏れは現状では有りません。


DSC04146.jpg

交換した形跡はありませんが、パワステホースからパワステフルードは全く漏れていません。


DSC04147.jpg

水漏れ無しです。


DSC04148.jpg

サブタンクは、見たところ大丈夫です。
メンテ終了後、一度加圧テストをしてみます。


DSC04149.jpg

A/Cベルト及びA/Cコンプレッサーの状態は良いようです。


DSC04150.jpg

オルタネーターのベアリング鳴きも、現状有りません。


DSC04151.jpg

左ブッシュ、切れてません。


DSC04152.jpg

右ブッシュもOKです。


状態は旧車の方がいいと思います。
やっちゃいましょう。


DSC04153.jpg

左クォーターパネルのモールが浮いています。
クリップ割れです。
クリップを新しくすれば治ります。

以上です。

BMW M3 (E46)

M3にお乗りの方。
M3に限らず、BMWにお乗りの方。
BMWというよりも、クルマにお乗りの方は、ボディの劣化は悩みのタネですよね。

劣化の中でも、ウィンドウモールのゴムがガビガヒってちょっと寂しいですね。


DSC04129.jpg

M3のリアウィンドウモール右側のゴムです。


DSC04130.jpg

こちらは左側。


DSC04131.jpg

コーナーの部分も、ゴムがひびわれしています。


DSC04134.jpg

ポップアップウィンドウのウェザーストリップも切れている部分が有りました。
場所が場所なだけに、こちらは雨漏りの心配があります。


DSC04135.jpg

コーナーの部分は、サッシと一体になって供給されます。


ご依頼されたK様は、全て交換のご指示でした。
ありがとうございました。

部品代、タケ~


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/15 20:18 ] ボディリペア | TB(0) | CM(0)

M3は岩手県に嫁ぎます

当店在庫のM3C、岩手県在住のK様が数週間前にご来店くださり、無事嫁ぐ事となりました。

最近、納車ネタを書いておりませんでしたので。。。
やはり、遠方にお住まいの方は、どのように手を入れて納車されるのか、気になりますよね。

昨日手を入れた場所のみ、書かせて頂きます。


DSC04124.jpg

とっかかりはWAKO'S RECSです。
3.2Lエンジンですので、480ccの液剤を使用します。
他店の1.5倍です。
ガッツリとカーボンを落としてくれます。


DSC04126.jpg

RECSが終わり、30分ほどアイドリングしたりレーシングしたりして、余分な汚れと液剤をはき出し、お約束のビルフラです。

エンジンが暖まった状態での施工ですので、さらに効果が上がります。


DSC04127.jpg

K様からリクエストがありました「進化剤」です。
特許申請中とのことで、詳しい成分はオープンになっておりませんが、ある物質が摩耗した金属に入り込み、減った部分を自己修復してしまうモノです。



DSC04128.jpg

点滴状態で、ゆっくりと注入していきます。
一気に入れると、効き過ぎてしまうのですよ。

続きは次の作業にて。。。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/13 09:11 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

アルファ12ヶ月点検

昨日の出来事ですが。。。

DSC04122.jpg

12ヶ月点検で入庫しました、アルファ156TSSWです。
水温センサー部分からの水漏れがありました。


DSC04123.jpg

さらに点検すると、ラジエターからも水漏れが

急ぎパーツの手配をしましたところ、どうにか土曜日には間に合いそうです。

アルファロメオの場合、水漏れはウォーターポンプからを意識しがちですが、他の部分も他車同様にあるものです。

大事に至る前に発見でき、処置をすれば長く乗れます。

定期点検は大切ですね。



DSC04121.jpg

こちら、別のアルファ156です。
2.5V6なのですが、朝エンジンがかからなかったそうです。
保険会社対応の積載車で搬入され、いろいろと調べましたが、どうもココという決め手が有りませんでした。
室内が何となくガソリン臭く、シートをはずして点検すると、燃料ポンプからガソリン漏れが始まっていました。
よくあるトラブルです。

念のため、燃圧を調べると、エンジンが回っている間は基準値通りなのですが、エンジン停止後3分ほどで残圧が無くなってしまいます。
そうすると、次にエンジンを始動する時に、ガソリンがなかなかエンジンに供給されず、始動困難となるのでは。
と、推測しました。
その他、点火系や各センサーなどを点検した後の話しですが。
ガソリンが漏れているので、「エンジン始動困難は燃料ポンプだ」なんて決めつけるのは、少々乱暴ですからね。



http://www.stella-motors.co.jp

WAKO'S エンジンオイル補充

今日はWAKO'Sのエンジンオイル補充の日でした。


DSC04119.jpg

Pro Stage Sと4CT-Sの両方を補充で、見てるこっちは楽ですが、入れる方は大変ですね。

まとめ買いで少し安く入荷しておりますので、来月はWAKO'Sキャンペーンなどを考えております。
まだWAKO'Sを使った事がない方、この機会に是非お試しください。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/11 18:55 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ビルフラ(BILSTEIN R-2000スラッジクリーンシステム)のチャック

今年の4月からビルフラのサービスを開始しまして、相当のご来店をいただきました。
ほとんどの車種に、アダプターが対応しているのですが、一部適合が無いクルマが存在する事がわかってきました。

適合無しでサービス不可能はあり得ません。

ではどうするかなのですが。


DSC04118.jpg

アダプター用のチャックを特注で制作しました。

今後、適合が無い車種が出てきたら、その車種のオイルフィルターヘッドを用意して、制作したチャックを埋め込んで使用します。

左下の金色の物は、アルファV6エンジン用のオイルドレンボルト用です。
これも適合無しだったため、純正のドレンボルトを用意して加工しました。

今まで、適合無しで他店での施工を断念していた方も、当店で幅広く対応できる準備が整いました。


http://www.stella-motors.co.jp

※当て逃げ注意※

いつも贔屓にしてくださるT様。
昨日もメンテでご来店くださり、本日も別件で午前中にご来店との事でした。

お待ちしていると、来る途中に尾久橋通りを走行中、舎人公園前で追突されたとのご連絡。
少しバタバタしておりましたので、とりあえずは警察の検証後にご連絡くださいとお伝えし、引き上げも頭に入れつつ仕事をしておりました。

しばらくしてから、いつも見慣れたBMW330iが到着。
「あれ」なんて作業中に横目で見たら、なんとなく普通っぽい気がしました。

作業があらかた片づき、じっくり拝見させて頂いたところ、かなりひどいです。


DSC04112.jpg

走行中にいきなり後ろから"ドカン"らしいです。


DSC04113.jpg


DSC04111.jpg

トランクの右側が押されて浮き上がっています。


DSC04108.jpg

バンパーは下がってしまいました。


DSC04114.jpg

トランク内は、リアパネルが押されてゆがんでいます。


T様のクルマに追突した後に、他のクルマにも当たりながら逃走していったそうです。
追突してきたクルマは、シルバーでセドリックみたいな感じのセダンらしいです。
乗っていたのは、若い茶色の短髪の男との事です。
相手のクルマは、フロントバンパーに相当のダメージがあると思います。

警察が早く見つけてくれるといいのですが。

クルマの損害も大変ですが、お体はいかがでしょうか。
事故当日は意外にも何もない事が多いです。
仕事の都合もある事と思いますが、病院に出向いてひと通り診断してもらうのが良さそうです。


DSC04115.jpg

こちらのクルマ、ホンダシビックRRです。
すみません、知りませんでした。
車検入庫に至り、いろいろと調べてみましたが、カタログに出ていないモデルみたいですね。
無限の手が入ってるらしく、ホットなスペックのクルマの様です。


DSC04116.jpg

ブッシュエンジンスタートだったり、三連メーターが純正で装備されてます。


DSC04117.jpg

座り心地が良いシートまで最初からあります。

なんかイイ感じのクルマですね。


http://www.stella-motors.co.jp




[ 2012/10/07 20:17 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ACURA NSX

本日は、ACURA NSXが入庫しました。

DSC04105.jpg

バブルの頃は、新車価格が800万円なのに、中古車が1200万円くらいまで跳ね上がり、話題を作った車でした。
デザインも秀逸で、スーパーカーと呼ぶに相応しい"ニクイ"クルマですね。


ビルフラのご依頼でした。

DSC04106.jpg

アダプターは合うかななんて少し心配しましたが、問題なく組み合わせて施工する事が出来ました。


DSC04107.jpg

いやいや、汚れてましたよ。
NSXとは思えない汚れっぷり。

ガッツリと汚れを落として納車しましたところ、エンジンの振動が無くなって「キレ」があるエンジンに変わったとご評価頂きました。

アダプターさえ合えば、ほとんどの車種に対応しています。
今のところ、メーカーからNGと言われていますのは、空冷ポルシェとFC以前のロータリーくらいです。
やり方を考えれば、空冷ポルシェもOKだと思います。
研究する必要がありそうです。


http://www.stella-motors.co.jp

メンテ入庫が多いです

台風が過ぎて、少しは秋の気配がうかがえるかと思っていましたが、夏に戻ってしまいました。

まだまだ残暑が続きますが、皆様は体調など崩さずに過ごされているでしょうか。


DSC04093.jpg

12ヶ月点検で入庫しましたE82-135です。
タイヤに少しヒビがある程度で、ナイスコンディションでした。


DSC04096.jpg

プロペラシャフト等速ジョイント不良のE39-M5も、修理完了し納車しました。


DSC04098.jpg

そうそう、デフのオイルシールも交換です。
オイルがタラタラと漏れておりました。

やりにくくて、デフを下ろさなくてはなりません。


DSC04100.jpg

9月のキャンペーンだったKONI FSD。
一応、9月中にオーダーをいただいておりましたので、キャンペーン価格で取付でした。


DSC04101.jpg

ロアアームのボールジョイントがフニャフニャだったのと、ブッシュもお疲れでしたのでリニューアルです。


DSC04103.jpg

ATFも9月のキャンペーンのご予約で承っておりました。
9月から、ATFは隔月の特価キャンペーンとなります。


DSC04104.jpg

サス交換はこんな機械でやってます。
アッパーマウントの位置決めが素早くできて、しかも正確で安全なんですよ。


あと、まだまだありましたが今日のところはこのへんで。。。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/04 20:04 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです