Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  2012年03月

BMW M3 (E46)

昨日、E46-M3を仕入れてきました。

2004年式(平成16年)のチタンシルバー
走行距離は5.6万㎞
派手だけど渋めの赤色レザー
足回りにビルシュタインBPS&BBS・LM19&前後ブレンボ
チタンマフラーが入ってて、チョイうるさ目

昨日の夜と今朝方、試乗してきました。

結果、超イイ~



1ヶ月ほどかけて手入れして、店頭に並びます。。。

http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2012/03/30 09:13 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

WAKO'S RECS

納車前のBMW318i(E46)に、WAKO'S RECSを施工しました。
吸気系の掃除ですね。
今更説明するほどでもありませんが、スロットルバルブから後ろ側、インテークマニホールドを通過して、バルブと燃焼室をきれいにします。


このような感じて、カバーがあって施工部分が見えません。
クルマが新しくなればなるほど、カバーをかぶせてスッキリさせる傾向があります。


カバーを取り外し、このエンジンの場合はブローバイホースを抜いて、専用アタッチメントを挿入します。


使用する洗浄液はこちら。
吸気系統からエンジン内にこびりついたカーボンやスラッジをきれいに落としてくれます。


少しずつゆっくりと点滴を落とし、エンジン始動します。
何でゆっくりかと言うと、あまり多く落とすと、エンジン内に洗浄液が溜まってしまい、エンジンを吹かした時に一気に燃焼室に洗浄液が入り、ピストンを痛めてしまうことがあります。
その予防のために、点滴式にしてゆっくりと注入します。



点滴終了後、全て洗浄液を出し切るために、数度空ぶかしをして終了です。

施工後、100㎞ほど走行すると、ほとんどの汚れが落ちてエンジンがよみがえった状態を体感できます。


http://www.stella-motors.co.jp




[ 2012/03/29 19:49 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

E39ツーリングのレベライザー続き、E30M3ウォーターホースなどなど

昨日手を付け始めたE39ツーリングのレベライザー。
予防整備ではありますが、はずした状態を見るとお客様の判断は正しかったです。
 

この状態を見る限りは、時間の経過で汚れているだけと思います。
実際に手で触れると、ゴムの部分が硬化していて、トラブルがそう遠くない時期に起こりそうな気配があります。
 

ゴムの部分に少しずつひびが見えます。
このひびがだんだん大きくなってきて、エア漏れが起こります。
最初のうちは、乗り始めるとポンプがエアを供給するのでなんとか走行できますが、漏れた場所は圧力がかかって少しずつ拡大していきます。
今まで一番大変だった方は、走行中にベローズが破裂してしまいました。
予防は大切ですね。
この作業の他、今日は燃料ポンプと燃料フィルターも交換しました。
 

こちらは、E30M3のサーモスタットです。
現状では、サーモスタットに問題はありません。
ホースがかなり劣化してしまってます。
ホースバンドの近くが膨らんでいるのが見えるでしょうか。
写真はわかりにくいですね。
実物は、ツチノコみたいな形になってます。
 

同じくE30M3。
オイル漏れが進行中です。
全体的に漏れていますので、エンジンを下ろして徹底的に対処する事をお勧めしました。
今回は見送り、時期を見てクラッチ交換を含めてメンテナンスをしたいとの事でした。
エンジンは好調ですので、一気に手を入れるとまだまだ乗ることが出来るクルマです。
 

こちらは、E39のラジエターサブタンクです。
1年ほど前でしょうか、一度破裂して、お客様が部品持ち込みで修理を請け負いました。
部品はネットオークションで購入した物とのことです。
あまり見たことがないメーカーの部品でしたが、純正の半額以下で入手できたと喜ばれていたことを覚えております。
が、1年前後でご臨終でした。
おまけに、水位確認のスティックが沈んだ状態です。
水漏れは深刻なトラブルにつながりますので、できればしっかりとしたメーカーの物を選びたいところです。
 

こちらは進化剤です。
効果がわかりやすいので人気です。
圧縮が回復するとか、フリクションロスが減る、吹け上がりが軽くなる、燃費が良くなるなどなど。
いろんな効果が見られます。
 
 
[ 2012/03/26 18:45 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW528iツーリング プチレストア他

いやいや、今日も朝から働きまくりました。。。
午後、1時間ほど楽な時間がありましたが。
朝から好天に恵まれ、行楽地は賑わっていたようですね。
花粉がビンビン飛んでるのが見えて、ティッシュの山を作ってます。




こちらは、BMW528iツーリング(E39)
リアレベライザーのメンテナンスです。
壊れてしまったわけではありませんが、オーナー様は今後も大切に乗り続けたいと考えておられまして、お出かけ中にトラブルは面倒なので、あらかじめメンテしてしまおうという計画です。
このようなお考えなら、安心して乗り続けることができますね。

エアポンプ自体は元気に働いているので、レベライザー関連は下記の部品で済みそうです。




その他にも、水回り関係で、ラジエターを筆頭にウォーターポンプとサーモスタット。
ホースは全て交換。


細かいパーツが諸々です。
プチレストアですね。

足回りはKONI FSDでしなやかさを求めて一新する予定ですが、FSDが国内在庫無しのためバックオーダー中です。
FSDの到着が待ち遠しいです。


その他、オイル交換やLEDの加工、納車引き取り等々でした。

遠方からお越しいただきましたM3のN様、部品の在庫が無く、大変ご迷惑をおかけしました。
すぐに準備をして作業に取りかかります。

M3をお探しで立ち寄られたお客様、バリモンをご用意してお待ちしております。


http://www.stella-motors.co.jp


[ 2012/03/25 20:33 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

WAKO'S Pro Stage S

本日、WAKO'Sのエンジンオイル"Pro Stage S"が入荷してまいりました。

このオイルは、車両販売時の納車で使用したり、車検時の定期交換用のオイルで使用したりと、けっこうな量を消費します。
現在、当店価格1リットル1,050円で販売しております。
高いショップだと1.890円くらいですね。
ドラムでじゃんじゃん仕入れてますので、かなり値段でがんばれます。
が、原油高騰+円安傾向で値上げも近いとか何とか・・・
しかし、できるだけ販売価格を上げない努力を続けます。




MOTULのエンジンオイルは販売価格を改定します。
300Vシリーズは、若干の値下げです。
今までのダブルエステルから、新しいエステルを使用したシングルエステルにモデルチェンジです。
300V CHRONOが今までの価格3,150円から2,980円へ
300V POWERも今までの3,150円から2,980円へ
4月1日から新価格です。

4100POWERは、定価は2,100円に値上げですが、
当店価格は据え置きで、1リットル1,575円でがんばります!!


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/03/23 16:07 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ホームページの更新

時々思いついたようにやってるホームページの更新作業ですが、いろいろと難しいですね。

今日も、時間を見ながら写真をきれいにしたり、バナーを作ったりやってますが、正直な話し「センス」が必要だと痛感してます。
がんばればがんばるほど、ショボくてショッパいデザインになっていきますな。

さてさて、写真を汚す続きをします。



http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/03/22 18:49 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン

前から検討していました「BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン」
本日、導入を決定しました。
 
エンジンオイルが通る部分を、専用の機械で溶剤を送り込んできれいにするシステムです。
 
4月中旬には、機材が揃って開始できそうです。
 
到着しましたら、どういうシステムかをあらためてご紹介させていただきます。
 
 
[ 2012/03/21 20:58 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

新しい診断機がきました

昨日、新しい診断機が到着しました。

右側の画面が付いているモノが診断機本体です。
左側は、各自動車メーカーに適合したソケットのカプラー。


オートランドサイエンテック社のVeDisⅡというもので、この診断機1台でBMWをはじめ、フォルクスワーゲン・アウディ・メルセデスベンツ・ポルシェ・ボルボ・ジャガー・フィアット・アルファロメオなどなど、様々なメーカーの車両診断が可能です。もちろん、日本のクルマにも対応してますよ。

本当は、BMW専用やメルセデスベンツ専用の診断機がありますが、当店の場合は様々なメーカーのクルマが入庫してまいりますので、できるだけたくさんのメーカーに対応しているモノが必要となってきます。
そして、こういうタイプの診断機も侮れない部分がありまして、専用診断機ではわからないことも診断可能なケースがあります。また、手で持って診断できますので、走行中のデータ取得も可能です。

さてさて、診断機でどの様な事ができるかと言うと、ズバリ診断です。
その他、E39ツーリングやE61ツーリングなどのリアサスの調整。レベライザーになってる車両ですね。
普通は、車高調整用のロッドが社外品として市販されていますので、それを使えば可能ですが、問題点が二つあって、ひとつはたまにレベルセンサーを壊してしまうことがあります。
もうひとつの問題点は、ドンピシャの車高を出すのが難しい。。。
この診断機は、調整機能が付いています。まだ着たばかりなので試してませんが・・・
もちろん、メルセデスベンツのエアサスの調整もできます。ベンツに関しては、先代の診断機でも可能でした。
ほかには、今ハヤリのコーディングも可能みたいです。こちらもまだ試してません。
BMWのポジションバルブをデイライト化したり、デジタルメーター表示させたり、リモコンキーのON・OFFでハザードの点滅回数を設定するとか。
テスト車両を調達して、きちんとできる様だったら、サービスメニューに加えたいと思います。




こちらは旧診断機。
新診断機の下取りとして引き取られて行きます。
けっこう使い倒しました。
見た目は少し汚れているだけですが、傷だらけで"おつかれサン"ですね。
今までありがとう。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/03/19 19:24 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW E65に進化剤 注入~!!

本日、ご予約頂きましたI様に進化剤注入です。

車両は、BMW735i(E65)です。
この方は大のクルマ好きで、1年に1度は進化剤を注入されます。
施工後にエンジンフィーリングが変わっていくのが楽しみのようですね。




進化剤の注入量は、基本的にエンジンオイル量で決定します。
エンジンオイル量が6リットルまでのクルマは、進化剤 Earth Zero Plusを1本。
6リットル以上のクルマは2本が基本です。




で、進化剤をボトルに入れて、ボンネットのヒンジからぶら下げます。



そうそう、進化剤の注入先は、オイルレベルゲージのパイプからです。
最近は、レベルゲージが無いエンジンが増えておりまして、そういうクルマはエンジンオイルに少しずつ入れて撹拌し、オイルにまんべんなく混ぜて入れます。
エンジンオイルと同時交換です。




そうして、この様に点滴式で、ポタポタと少しずつ注入していきます。

一気に注入することはできません。進化剤が一カ所に効き過ぎてしまいます。
1分に1滴ほどの流量で、ゆっくりと注入します。
このクルマの場合は、約1時間前後かけての作業でした。


そして、効果のほどは。。。



お客様のこの笑顔が、進化剤の効果を物語っています。

エンジンオイル量6リットルまでのお車は15,750円
6リットル以上のお車は進化剤 Earth Zero Plus2本使用で28,350円で施工しております。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/03/17 18:44 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW320iツーリング(E91)エンジンオイル漏れ

E91-320iのエンジンオイル漏れ修理です。

このお客様の車両、実は今年の初めに最初の修理で入庫して参りました。
その時は、タペットカバーガスケットとフィルターブロックガスケットからエンジンオイルが漏れていて、加えてミッションハーネスのシールリングからもATF漏れがありました。
定番メンテですね。

で、今回もまだ漏れている場所が有ったらしく、またまた入庫となりました。
何度も足を運ばせて申し訳ありません


で、調べてみたところ、オイルフィルターブロックガスケットから漏れたオイルが、エンジンブロックとオイルパンの間に溜まっていて、それが滴り落ちた模様でした。


このお車、バキュームポンプからのオイル漏れが無いのですよ。見た感じですが。
一度交換されたのか。。。

はずしてよく見てみると、少しだけ怪しいので、分解して対策を講じました。




カバーとA/Cフィルター等々をはずしたところです。
奥の方はカバーで手が入りませんので、場所を広くとるために一時的に取っちゃいます。




エンジンの後ろ側で、カムシャフトとつながってます。




はずしたバキュームポンプを分解すると、こんな感じになってます。
ポンプの中で、ロータリーエンジンみたいに回転して、空気を吸い込んで負圧を作り出してます。




これはポンプのふたの部分。
本体との間は、Oリングで接合されています。
Oリングがペチャンコになって、隙間ができてエンジンオイルが漏れてしまいます。

ここらへんをちょっと対策しておけば、バキュームポンプはまだしばらくOKですね。


http://www.stella-motors.co.jp


[ 2012/03/16 19:54 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

WAKO'S パワーエアコン



WAKO'Sパワーエアコンがまとめて入荷しました。
出始めの頃は効果???と感じていましたが、缶のデザインが変わってからはバツグンの効果が期待できます。

何が効くって、走行中にエアコンのコンプレッサーがONとOFFを繰り返す訳ですが、ONになった時にコンプレッサーに奪われるエンジンのパワーロスを減らすことができます。

と言うことは、エンジンの負担が減るわけなので、燃費に優しいですね。

ガソリン価格が高騰を続けてますので、少しでも燃費の足しになればGOODだと思います。


http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2012/03/12 19:28 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ATF交換用ポンプ

最近、ATFの交換需要が多い為、ATF交換用のポンプを増やしました。
 

 
信頼性抜群のTOKICO製のATFポンプです。
今まで、1つのポンプで作業していましたが、ATFを5種類用意しているので、いちいちポンプを取付直していると時間の無駄ですので、新たに増やしたというわけです。
最初に使い始めたポンプは、現在10年以上使い続けてますが、未だ現役です。
ゴムがATFに負けてポンプがダメになることが多いのですが、TOKICOはがんばってます。
 
ATFチェンジャーを使っている所もありますが、当店はあくまでもポンプを使用しての手作業にこだわります。
ATFチェンジャーの利点は、作業の早さでしょう。
あとは、きちんと設定して作業をすれば、抜いたATFと新しいATFを同じ量だけ入れることが出来ます。
 
それじゃ、漏れていた場合はどうなるか。
そこらへんを考えると、ポンプ注入が最適ですね。
 
作業の流れとしては、
・ドレンからATFを抜く
・抜いた同量の新油を入れる
・エンジンを回して、シフトをP・R・N・Dと順番に入れて、ATFを循環させる
・ATFを抜く
・さらに同量の新油を入れる
~~~
と、作業を繰り返し、最後にストレーナーを交換してATFを注入。
診断機でATFの油温を確認しながら、オイルレベルを点検して完了。
 
こんな感じの流れです。
新車時と同量のATFとなります。。。
 
 
[ 2012/03/09 18:44 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BBSのリペア

先週、アルミホイールのリペアを依頼して、仕上がった物を取りにいってきました。
 
 
こちらがリペア前。

ちょっとわかりにくいですが、左はじのリムが曲がってしまってます。
エア漏れは有りませんが、少し心配。
 

アップで見ると、微妙にゆがんでいるのがわかると思います。
 
 

こちらがリペア後です。
正直な話、ガリ傷もきれいに治して頂いちゃって、どこに歪みがあったかわからない状態です。
タイヤ組み替えとバランス取り直しも含めて25,000円~です。
 

 
あとは、こちらのメンテナンスをやってます。今日仕上げて明日納車。
少しピッチを上げてます。
 
 
[ 2012/03/09 17:55 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

アルファ156のオルタネーター他

2012年3月7日水曜日18:42現在、少し一服してます。
 
本日も朝イチから働きまくってます。
8時過ぎに、VWニュービートルのお客様、5年ほど前に当店でご購入頂いた車両です。
カレラウィングを付けた、イケてるニュービートル。
しばらくぶりにクルマに乗った時、ブレーキを踏んだらガリガリと音が出たそうです。
ご近所の方でして、この後仕事なので預けるとの事。
さっそく点検しましたところ、ローターがサビサビで、パットとの隙間に食い込んでました。
分解して清掃し、近くなので即納です。
 
あっ、ブログネタとして写真を撮り忘れました。
 
その後、アルファ156をお預かりして車検準備。
 
 
先日入庫の、オルタネーターがパンクした156、オルタネーターが届きましたので、さっそく交換作業。
 

 
前にも書きましたとおり、エンジンを下ろさないとオルタネーターを固定しているボルトが抜けません。
たった1本のボルトをはずす為に、エンジンを下ろします。
まずは、バッテリーやエアクリーナーなどを取って、いろいろなカプラーをはずします。
エアコンパイプもじゃまなのではずします。エアコンガスは再注入です。
パワステホースもはずしますのでパワステフルード再注入です。
足回りごと下ろしますので、ブレーキホースをはずします、ブレーキフルード再注入です。
ウォーターホースをはずしますので、LLC再注入です。
そのほか、諸々はずします。
 

 
マフラーもじゃまなんですよ。
なので、はずします。
 

 
シフトレバーもいろいろと干渉してしまうのではずします。
エンジンを下ろすと言っても、その前の作業が多いですね。
 
で、ワタクシは156の車検に出かけました。
車検は難なくOK。
とっとと帰ってきました。
 
そしたら、ガラス屋が来ていて、BMW528iのフロントウィンドウを交換してました。
 

 
ちょうど車検シールの真上です。
気が付きにくいですよね。
保険修理ですので、お客様の現金負担無しです。
 
 

 
こんな感じで、ガラス屋がしっかり養生して作業します。
 
 

 
ガラス屋が、「どうぞ」と置いていきました。
皆様、ご来店の際にはご遠慮なくお召し上がりください。
 
 
そうそう、またまた先日からのお預かりのE46M3。
バッテリーが上がるクルマ、原因がわかりました。
オルタネーターは13.8V~14.1Vの電気を出してくれてます。
セルモーターもナカナカ元気でした。
で、結論は暗電流が流れちゃってることがわかりました。
暗電流っていうのは、鍵を抜いてクルマを止めていても、どこかでわずかに電気を使ってしまっているんです。
時計やオーディオのメモリーなどは別として、気が付きにくいのはグローブボックスのライトやトランクのライト類。ここらへんの場合は、意外とわかりやすいです。
わかりにくいのは、コントロールユニットが電気を食っちゃってる時。
 
 

 
一度バッテリーをフル充電して、順番に調べていきます。
こっちの方がやっかいな場合があります。
 
 
で、「オルタネーター、どうなった?」とメカニックMに聞くと、ワタクシが車検に行ってる間にエンジンが下りて交換して、またエンジンを乗せ終わったそうです。
かなりこの作業をやってますからね、累計100台は超えてるでしょうか。
 
あっ、ブログネタの写真、撮れてないです。
 
さてさて、仕事に戻ります。。。
 
 
 
 
[ 2012/03/07 19:12 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

本日は休業日

本日は休業日でしたが、年度末の為にいろいろと仕事が山積みとなっており、一日出勤しました。
主な仕事は書類整理や細かい連絡などですが。
それでも仕事があると言うことはありがたいですね。
 
午後からは広告屋さんと打ち合わせの為に新宿区上落合へ。
クルマで行ったのですが、けっこう駐車場は見つからないモノですね。
歩いて10分くらいのコインパーキングを見つけて駐車しました。
打ち合わせが終わった後、踏切を渡ろうとしたら、ずっと遮断機が下りたままでした。
踏切で待っている人や車はかなりイライラ。
踏切手前で電車が止まってました。何か事故か故障が有ったみたいです。
30分ほど待って、やっと遮断機が上がりました。
 
と、意味はありませんが今日の出来事をツラツラと綴りました。
 
 
[ 2012/03/06 18:45 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

BMW330i(E46)に進化剤

本日、進化剤施工のBMW330iです。
 

ネーミングがベタでイマイチ知る人ぞ知るですが、けっこう効くんですよ。
エンジン内部が摩擦ですり減るのですが、その減った部分に入り込んで埋めてくれるモノです。
シリンダー内部やカムシャフトとかメタルなどなどいろんな所に効きます。
 
ご覧のように、点滴みたいにして少しずつタラタラとエンジンに注入していきます。一秒に一滴くらいのペースで、30分くらいかけてゆっくりとした作業です。
以前、ベンツを中心にやってるショップの人と進化剤の話をした時、その人は面倒だから一気にオイルフィラーキャップを開けてドボドボと注いだそうです。そしたら、進化剤がカムにかかり、カムが太ってエンジンが調子を崩し、ロックしてしまったそうです。
そのくらい、摩耗した金属に効きます。
 

動画ではないのでわかりづらいのですが、こんな感じでポタッポタッくらいのペースが良いですね。
 
こうやって注入していくと、摩耗が進んだエンジンの場合は、作業中にエンジンの音が変わっていくクルマもあります。
進化剤が効き始めたと言うことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
点滴を注入する先は、オイルレベルゲージを抜いた穴です。
ここからオイルパンにゆっくりと少しずつ落とし、オイルポンプがエンジンオイルと一緒に進化剤を吸い上げて、エンジンの各部に送り出します。
オイルレベルゲージが無いクルマの場合は、エンジンオイルを交換しながらの作業です。
エンジンオイルに進化剤を混ぜて、撹拌してからエンジンに注入します。
その後、20分ほどアイドリングを続けて、進化剤が入ったエンジンオイルをエンジン各部に送ります。

 
すぐに進化剤が効き始めるクルマもありますが、だいたいのクルマは100㎞~800㎞くらい走行すると、進化剤がエンジンに定着します。
 
 

こちらはバッテリー上がりのE46M3。本日引取にお伺いしました。
お話しをうかがうと、インパネのバッテリー警告灯が瞬間的に点灯した気がするとの事です。
単純に考えれば、オルタネーターの不良ですが、
「バッテリー警告灯が瞬間的に点灯した気がする」という部分がミソですね。
 
過去に、似たトラブルがありまして、あれこれやったらスターター不良と言うことがありました。
 
 
 
 
 
その他、諸々と車両が入庫して参りました。
明日から、スタートダッシュで仕事を進めていきます。
 
 
[ 2012/03/04 19:37 ] 進化剤 | TB(0) | CM(0)

アルピナB10 V8

朝からタイヤ入替やオイル交換、ナビ付けなど諸々やって、やっとアルピナB10V8の作業に取りかかれます。
 
 

 
朝イチでクルマに乗って出かけようとしたら、何となく焦げ臭くなり白煙がボンネットの隙間から出てきたそうです。ラジエターやウォーターポンプ類はOKで、冷却水の跡をたどるとエンジンの後ろ側が激しく汚れてました。
目視したら、ヒーターホースに亀裂が入ってました。
 
 

 
部品は揃ってますので、DASHで仕事をしちゃいます。
 
 
そうそう、今日のタイヤ入替の作業、クルマ屋仲間からのご依頼。
忘れずにStella Motorsに連絡をいただいての仕事です。
ありがたいですね。
 
 
[ 2012/03/02 17:23 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです