Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  納車準備

BMW M3(E30) 納車前整備

当店に長く在庫をしていましたBMW M3(E30)は、20歳代の若者のS様の目にとまり、再び世に出ることとなりました。
実は、このくらいの状態のM3は、二度と見ることが出来ないのではと思い、当店で永久保存も考えておりました。
でも、走ってこそクルマですよね。

時折、走らせたりして車両状態の劣化が少ないように気を遣っていましたが、やはり納車整備ではキッチリと点検して送り出したいものです。


SM001.jpg

ブレーキフルード交換中です。
止まることが前提で走りますので、ここらへんは手を抜くことはありません。


SM002.jpg

LLCも交換です。
古いクルマですので、保管中に各部が劣化して水漏れをすることも考えておりましたので、LLCにはUV剤を入れてあります。
そのため、普通よりも緑色が強く見えます。


SM003.jpg

ミッションオイル・デフオイルもモチロン交換です。


SM004.jpg

ある程度油脂類を交換して、WAKO'S RECSの施工をしました。


SM005.jpg

SM006.jpg

Injector flushとインテーククリーニングも施工完了です。


SM007.jpg

オイルパンからエンジンオイル漏れが始まっていました。


SM008.jpg

SM009.jpg

SM010.jpg

エンジンオイルを排出して、オイル漏れ修理です。
オイルパンガスケットの劣化が原因で、少しずつエンジンオイルがしみ出していました。


SM011.jpg

オイル漏れ修理が完了し、BILSTEIN R-2000 スラッジクリーン(ビルフラ)施工で、オイルラインをキッチリ洗浄します。


SM012.jpg

納車日が1週間ほどずれ込んでしまったのは、エアコンのガス漏れが原因でした。
コンプレッサーから、微量の漏れを確認してしまい、急遽コンプレッサーの手配をと考えました。
しかし、もうコンプレッサーは供給終了となっておりました、オーバーホールの手配となりました。
でも、オーバーホールの為のパーツも供給終了となっているそうです。
様々な方にご尽力頂き、無事にオーバーホールを完了することが出来ました。
安心して日本の夏を乗り越えることが出来ますね。


SM013.jpg

最後に、アライメントを測定・調整して納車準備が完了しました。

S様、M3を末永くかわいがってくださいね。


http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト
[ 2013/05/11 09:15 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

BMW M3 納車前整備 続き

千葉県に嫁ぐ事が決まりましたBMW M3。
一気に整備をしたいところですが、どうしても途切れ途切れとなってしまいます。

で、その後の続きです。


DSC04406.jpg

定番のパワステフルード漏れはありません。
不思議と、E46M3はパワステフルード漏れが少ないです。
ホースの材質は、通常モデルと変わらないと思うのですが・・・


DSC04411.jpg

リザーブタンクからパワステフルードを抜くと、ほとんど新油に近いきれいな状態でした。
パワステフルードの劣化が進むと、変質してホースを侵すケースもあると思います。

きれいな状態でも、納車前ですのでリセットの意味を含めて交換いたします。


DSC04407.jpg

ファンベルト・エアコンベルトの状態も良く、ベアリングやテンショナーのヘタリもありません。
5.6万キロですので、一度は交換しているのでしょう。


DSC04409.jpg

LLCは純正を使用していたようです。
純正は水色で、ネバネバしてツルツルすべります。
床にこぼすと、洗剤で洗ってもしばらくはヌルヌルしています。


DSC04410.jpg

交換するLLCはWAKO'SのLLCを使用します。
泡立ちが少なく、長期間安定した性能を発揮します。


DSC04413.jpg

エアコンフィルターは、BOSCHのアクティブカーボンに交換します。
アクティブカーボンは、活性炭が入っていまして、花粉やホコリの他に排気ガスの臭いなども吸収します。
上のフィルターが交換前の物でして、見たところはそんなに汚れていない印象です。
でも、ヒダの部分が膨らんでいるのは、それなりに細かいホコリを吸い込んでいます。



DSC04414.jpg

ブレーキフルードは、劣化すると変色します。


DSC04415.jpg

ストレーナーにも汚れが溜まります。


DSC04416.jpg

ブレーキフルードは、水分を吸収しやすい性質を持っていまして、年数を経ると変質してブレーキの効きが悪くなります。


DSC04417.jpg

ブレーキフルード交換機器を使用しまして、ABSポンプの中も含めてリフレッシュします。
ガツンと効くブレーキは、パットやローターだけではなくブレーキフルードの質も重要です。


DSC04418.jpg

四輪にブレンボを装着していますので、ブレーキフルードを交換する位置は8ヶ所になります。


DSC04419.jpg

交換後のブレーキフルードは、無色透明です。
一部、メーカーによっては黒色とか青色もあります。


DSC04422.jpg

ミッションオイルは相応の汚れ方でした。
金属同士が組み合いますので、スラッジの出方はエンジン以上です。


DSC04423.jpg

内部にスラッジを残したくないので、少しフラッシングをしてから注入します。


DSC04420.jpg

デフオイルはどのクルマもこのくらい汚れます。
オイルの中はかなりのスラッジですので、当然定期的なオイル交換が必要です。
最低車検ごとには手を入れたい部分です。


DSC04421.jpg

デフもフラッシングしてからオイルを注入します。


あとはコントロールユニットなどの点検を済ませて、今週末の納車となります。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/11/19 11:23 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

BMW M3 納車前整備

少しバタバタ気味で、ブログのアップもままならない状態でした。

当店在庫のE46M3は、千葉県H様のところへ嫁ぐ事になりました。
納車前には、エンジンの状態をリセットして、ベストなコンディションでお渡ししたいと考えております。

DSC04398.jpg



まだお知らせしていない溶剤がありまして、こちらはスロットルバルブのフラッシング用溶剤です。


DSC04401.jpg

Injector flushと同じ機材を使用して、M3の6連スロットルを洗浄します。


DSC04399.jpg

先端はこのようなノズル形状をしておりまして、溶剤を霧状に吹き出し、吸入空気と混合させてスロットルを洗浄します。


DSC04400.jpg

ノズルを挿入してアイドリングをし、溶剤が無くなるまで施工します。


DSC04402.jpg

スロットルバルブの洗浄が終わり、Injector flushをしてインジェクターから燃焼室のクリーニングです。


DSC04403.jpg

ひととおり作業が終了したら、エンジンオイルの交換です。
交換するエンジンオイルは、M3の場合はとりあえずはWAKO'S 4CT-S 5W-40です。
お客様の好みにもよりますが、まずはこのオイルを基準にして、もう少し固いオイルにしたいとか、次はトルクが感じられるオイルしたい、洗浄力が高いオイルにしたいなどを決める指標にしています。
普通の車両の場合は、WAKO'S Pro Stage Sを使用しています。
街乗りが多い方から高速走行を主体にした方まで、乗り方を選ばないオイルです。


DSC04404.jpg

オイル交換前には、お約束のビルフラ施工です。


DSC04405.jpg

黒いまだらになっている部分が、オイルラインに溜まったスラッジです。
このM3の走行距離は5.6万キロなのですが、どんなにメンテ状態を良くしても、スラッジは溜まってしまいます。

スラッジの程度の差により、エンジンに影響を与えることもありますので、定期的にきれいにしておきたいですね。


http://www.stella-motors.co.jp


[ 2012/11/17 09:24 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

一気に納車準備

岩手県へ嫁ぐM3C、少しずつ手を入れています。
写真が溜まってますので、一気に書き上げます。


DSC04174.jpg

ヘッドライトをはずしまして、いろいろと細工しました。
つっかえ棒?
ハイ、ダンパーがヘタってます。もちろん交換致しました。


DSC04176.jpg

はずしたヘッドライトは、中のレンズが曇っております。


DSC04205.jpg

分解清掃して、CCFLリングを取り付けました。
やっぱりBMWのライトは「リング」が似合いますね。


DSC04187.jpg

ブレーキフルード&クラッチフルードの交換です。
ブリーダーで圧送しますので、全量交換が可能です。


DSC04189.jpg

一応状態を把握しておりまして、問題ないのですが・・・
遠方への納車である事と、ワタクシが住む関東地方とは環境が違うという事を考えて、惜しみなくベルト類の交換をいたしました。


DSC04190.jpg

もちろんエアコンベルトも。


DSC04192.jpg

こちら、交換したベルト一式です。


DSC04193.jpg

パワステの高圧ホースがちょっと怪しげで、「ん~」な感じでした。


DSC04194.jpg

こんな場所についてます。
パワステポンプとギアボックスの間のホースです。
納車してからパワステフルードがタラタラだと、お互いにイヤな思いをしますよね。


DSC04196.jpg

ミッションオイルも交換です。
こちらの車両、マニュアルミッションですが、使用するオイルはATFです。
前オーナー様は当店でメンテをしておりまして、けっこう気を配られていたため、油脂類はあまり汚れていません。というよりも、汚れる間もなく交換をしておりました。


DSC04198.jpg

で、別途オーダーで、ミッションに進化剤をご用命いただきました。


DSC04200.jpg

ミッションの場合は、点滴注入ではなく、注射いたします。


DSC04201.jpg

デフオイルも交換です。


DSC04202.jpg

なんと、デフにも進化剤を・・・
でも、これは進化剤の正しい使い方のひとつです。


DSC04203.jpg

寒~い所へ納車ですので、LLCは50%の濃度にしました。
もちろん、冷却系統のフラッシングもバッチリやっております。


DSC04206.jpg

E36は、パワステフルードのリザーブタンクが、少し面倒な場所に付いております。
なので、手を抜く人が多いのですよ。
でも、きっちりとパワステフルードを定期交換していれば、大きいトラブルは避ける事が出来ます。


DSC04209.jpg

あとは、ナンバー灯をLEDに替えました。
閃光がまぶしいです。


あと、まだまだやる事はありますが、今日のところはここらへんで。。。


http://www.stella-motors.co.jp

[ 2012/10/21 20:27 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)

M3は岩手県に嫁ぎます

当店在庫のM3C、岩手県在住のK様が数週間前にご来店くださり、無事嫁ぐ事となりました。

最近、納車ネタを書いておりませんでしたので。。。
やはり、遠方にお住まいの方は、どのように手を入れて納車されるのか、気になりますよね。

昨日手を入れた場所のみ、書かせて頂きます。


DSC04124.jpg

とっかかりはWAKO'S RECSです。
3.2Lエンジンですので、480ccの液剤を使用します。
他店の1.5倍です。
ガッツリとカーボンを落としてくれます。


DSC04126.jpg

RECSが終わり、30分ほどアイドリングしたりレーシングしたりして、余分な汚れと液剤をはき出し、お約束のビルフラです。

エンジンが暖まった状態での施工ですので、さらに効果が上がります。


DSC04127.jpg

K様からリクエストがありました「進化剤」です。
特許申請中とのことで、詳しい成分はオープンになっておりませんが、ある物質が摩耗した金属に入り込み、減った部分を自己修復してしまうモノです。



DSC04128.jpg

点滴状態で、ゆっくりと注入していきます。
一気に入れると、効き過ぎてしまうのですよ。

続きは次の作業にて。。。


http://www.stella-motors.co.jp
[ 2012/10/13 09:11 ] 納車準備 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです