Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  車検・点検整備・メンテナンス

BMW E46 車検

P1030206.jpg

K様のBMW318iが車検でご入庫でした。
右ハンドルのマニュアルで、チョイ希少です。

点検後、そこそこ手を入れる場所がありました。


P1030210.jpg

定番のエンジンオイル漏れ。


P1030215.jpg

よくあるパターンのオイルパンから。


P1030218.jpg

オイルパンからのエンジンオイル漏れは、エンジンを吊って作業をします。


P1030221.jpg

ステアリングラックを取り外します。


P1030225.jpg

サブフレームも取り外して、オイルパンを脱着しやすいように作業スペースを作ります。


P1030231.jpg

そしてオイルパンを取り外し。
同時に各部を点検。


P1030263.jpg

そしてガスケットの交換。


P1030264.jpg

オイルパンを洗浄して組み付け。
ガスケットだけでは持ちが悪いので、液体ガスケットも使用して延命をはかります。


P1030219.jpg

バキュームポンプからもエンジンオイルが漏れていました。
直しても直してもオイルが漏れます。


P1030234.jpg

P1030265.jpg

分解清掃をしてシーリング。


P1030266.jpg

同時にエンジンマウントとミッションマウントも交換。
左が旧品で、20ミリくらいつぶれています。


P1030285.jpg

エンジンオイルが噴き出しているフィラーキャップも交換。
左が旧品で右が新品。
形状変更になっています。


P1030216.jpg

デフオイルも漏れ始めて、全体的にしっとりしていました。


P1030227.jpg

デフを下ろしてオイルを抜き、作業準備。


P1030276.jpg

分解してシールを交換。


P1030236.jpg

作業後はきれいにしておきます。


P1030228.jpg

ここにデフが収まっているわけですが。。。


P1030229.jpg

デフマウントが劣化で切れています。


P1030270.jpg

P1030271.jpg

マウントを三カ所交換。
三カ所でデフを吊っています。


P1030237.jpg

工具を使ってデフマウントを圧入。


P1030268.jpg

ファンベルトとテンショナー類も、劣化の為に交換。


P1030208.jpg

P1030209.jpg

ヘッドライトカバーが曇り始めていましたので、こちらは交換のご依頼。
E46はカバーだけ部品供給があるのでイイですね。


P1030212.jpg

冷却系統のメインパーツを取り外しましたのは、ロアホースから冷却水漏れが始まっていたのと、ラジエターサブタンクがそろそろっぽい感じでしたので、今後を考えて車検で一気に整備することになりました。


P1030217.jpg

ロアホースなど取り外した状態ですが、水漏れの跡が残っています。


P1030267.jpg

突然フランジが折れるウォーターポンプにつながるホース。


P1030283.jpg

こちらも突然フランジが折れるヘッドからアッパーホースにつながるパイプ。


P1030282.jpg

水漏れのロアホース。


P1030281.jpg

P1030284.jpg

よくあるトラブル発生源は、一気に手を入れました。


P1030279.jpg

経験された方も多いと思いますが、突然破裂するサブタンクはもちろん交換。


P1030280.jpg

サブタンクを交換するときは、ラジエターキャップも同時交換です。


その他、油脂類を交換して、無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト

ベンツ 車検とBSP

DSCN0012_20170514083053e38.jpg

T様のメルセデスベンツE280Tが車検でご入庫でした。
中古車でご購入後、間もないのですが、納車当初からいろいろと有ったそうで、何度かお預かりをして手を入れたりしていました。
今回の車検も、トラブルの予兆などを見逃さないようにキッチリと点検と診断を進め、コンディションの把握を重点的に診ていきました。
ご依頼は、コントロールユニットを徹底的に分析するBSP(BOSCH SERVICE PROGRAM)を中心に各部の診断。

トランスミッションで、少し心配な部分はありましたが、その他は良好。


DSCN0019_20170514083405cd2.jpg

BSPには、足回りの診断装置SDLが含まれていますので、ブレーキの実用的な効きやアライメント調整の必要性、ショックアブソーバーの機能診断なども具体的に解ってきます。

大きなトラブルは見られず、今後は不具合を感じたときに手を入れるという乗り方で問題なさそうです。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW320i(E46)車検

DSCN0041.jpg

S様のBMW320i(E46)が車検でご入庫でした。
かなりコンディションが良い個体です。

点検をして、大きな改善も必要なく、ご希望のメンテナンスメニューの実施となりました。


DSCN0042_20170508080936210.jpg

ATF交換をご希望で、排出したATFは色味は鉛色で怪しいのですが、プレチェックの結果は交換OK。


DSCN0044_20170508081034d05.jpg

オイルパンを取り外して。。。


DSCN0048_2017050808111262c.jpg

ストレーナーを交換。


DSCN0043_201705080811356dd.jpg

内部をきれいにしてATFを充填。


DSCN0050_2017050808121131f.jpg

その他、ロボコンのご依頼もいただきました。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW320i 12ヶ月点検

P1030418.jpg

T様のBMW320iが12ヶ月点検でご入庫でした。
12ヶ月点検は、実は非常に重要です。
電子部品や各装備が増え続ける現代のクルマを、常にトラブルを回避して安心して乗るためには欠かすことができません。
車検ごとの点検でも、クルマの全ての機能を見ることができればいいのですが、2年ごとでは消耗部品の劣化の程度を予測することは難しいことが多くあります。


P1030419.jpg

時々エンジンルームから通常とは異なる音が出るとの事でした。
再現しにくく、少し時間がかかりましたが、オルタネーターのベアリングに異常がありました。
こちらはオルタネーター交換で改善。


P1030420.jpg

エンジンの裏側に冷却水を止めるキャップがあります。
キャップのシール不良で、冷却水が漏れ始めていました。


P1030421.jpg

P1030422.jpg

冷却系統のホースにも劣化があり、少し冷却水がしみ出している状態でした。

車検点検時まで、部品が持つかと言われれば、もつかもしれないし、その前に冷却水漏れが発生するかもしれないという微妙なところですね。
出先でのオーバーヒートなどは避けたいものです。
お見積をして、作業OKをいただいてからの部品調達と修理です。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW M635CSi

P1020911.jpg

Y様のBMW635CSiがメンテナンスでご入庫でした。
ご来店時に様々な症状をお話しされていました。
かいつまんで、
・高速走行時にブレーキを踏むとエンジンとミッションに激しい振動が出て、シフトノブもガタガタ揺れる
・渋滞時にクラッチペダルの戻りが悪くなる
・冷間時のステアリング操作でガタがある
など、その他も関連する内容が盛りだくさん。

チェック項目とメンテナンスがイロイロですので、写真撮影順に書きます。
したがいまして、話しが前後します。


P1020913.jpg

冷間時のステアリング操作につきましては、激しいパワステフルード漏れがありまして、ほとんどフルードが入っていません。
冷間時は、ポンプがエア噛みしています。
暖まるとフルードが膨張してエア噛み解消となるために普通の操作ができています。


P1020914.jpg

ステアリングギアボックスも激しいフルード漏れ。


P1020915.jpg

トランスミッションもそこそこのオイル漏れ。


P1020916.jpg

マフラーマウントがちょん切れて、エンジン回転が上がるとマフラーが暴れています。


P1020917.jpg

フロントロアアームは、ボールジョイントブーツが裂けています。
交換して間もないそうです。


P1020918.jpg

デフオイルがシールからにじみ出していますが、今回の症状とは無関係。


P1020919.jpg

ブレーキフルードもマスターシリンダーから漏れています。
交換して間もないそうです。


P1020920.jpg

ブレーキフルードリザーブタンクのグロメットもそろそろ交換時期。


P1020991.jpg

ロアアームはブッシュが裂けています。


P1020993.jpg

走行安定性に問題がありますので、ブッシュ交換。


P1020994.jpg

本当はアームもボールジョイントのガタが出始めているので交換したいところですが、アーム交換をして間もないとの事ですので今回は見送りました。


P1020995.jpg

ブーツが裂けているのもそうですが、アームを手で下側に下げるとボールジョイントがコトコトと言います。


P1020998.jpg

プルストラットもブッシュに亀裂が発生しています。


P1030001.jpg

こちらも走行安定性に影響しますのでブッシュ交換。


P1030200.jpg

クラッチペダルの戻りは、マスターシリンダーとレリーズシリンダーが良い加減でシール不良になっていましたが、テンションスプリングのブラケットが破損して、ペダル位置がズレていました。


P1030203.jpg

クラッチレリーズの交換。


P1030204.jpg

加減ができなくなっているステアリングアキュームレーターを交換。
構造上、ブレーキにも影響があります。


P1030205.jpg

激しく漏れていたパワステフルードの高圧ホースを交換。


P2120039.jpg

また話しが飛びます。
エンジン上部からのオイル漏れを修理。


P2120040.jpg

デスビカバーのOリング劣化でエンジンオイル漏れ修理。


P2120043.jpg

話しが戻って、ちょん切れたマフラーマウントを交換。


P2120044.jpg

これもマフラーマウント。
劣化でユルユルです。


P2120045.jpg

話が飛んで、ファンベルト等を一式交換。


P2120046.jpg

劣化しすぎてコマが欠けています。


P2120047.jpg

この状態でベルト交換時期です。


P2170004.jpg

ステアリングギアボックスは、分解してオーバーホールしました。


P2180014.jpg

またまた話しが飛びます。
エンジンオイル漏れはエンジン上部だけでは無く、下部からも。。。


P2180022.jpg

エンジンオイルのデリバリーパイプから漏れていました。


P2180023.jpg

何かの修理で無理矢理突っ込んだと思います。
パイプが変形していました。
変形してオイルが漏れるので、シール剤が山盛りで塗られていました。


P2180021.jpg

話しが飛びます。
エンジンとミッションの振動の原因の一つ、エンジンオイル漏れでエンジンマウントがブヨブヨにふやけてコンニャク状態。


P2180018.jpg

ステアリングギアボックスオーバーホール時にわかったこと。。。


P2180020.jpg

サブフレームにギアボックスを装着するブラケットが破損していました。


P2180025.jpg

この部分が破損しています。


P2180028.jpg

細かい位置関係もありますので、近所の鉄工所で溶接を依頼。
こういう事はプロに任せるのが最適。


P2180030.jpg

サンダーでバリを取って水平にします。


P2180031.jpg

仕上げに錆止め塗装。


P2190032.jpg

話しを前後させて、ミッションオイル漏れの補修。


P2190033.jpg

原因はこの部品。
ミッション裏側のオイル流路のカバー。
ガスケット単体で部品が出ないため、部品を交換となりました。


P2190034.jpg

ミッションオイル漏れで、マウントが溶け始めています。


P2190036.jpg

溶けて変形している状態。


P2220037.jpg

ミッションオイルも同時に交換。


さてさて、写真があるのはここまでで、その他の関連作業が相当あります。

意外と部品が流通していますね。
ホースで絶版となっていたモノがありましたが、何とか複製をしたりして修理することができました。

作業終了後、お客様のご依頼事項が解消されている事を確認。
無事に納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです