Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  >  エアコン

BMW E46 エアコン修理

DSCN0159_20170604081258a2b.jpg

K様のBMW330i(E46)が12ヶ月点検でご入庫でした。
点検他、以前からお困りのエアコンガス抜けを本格的に修理をすることになりました。

ほとんどガスが入っていない状態ですので、ロボコンでまずは規定量のガスを充填します。
今までも何度か点検をしていますが、抜けるガス量が微量だったため、はっきりとした原因がつかめず、ガス充填を続けていました。


DSCN0161_2017060408153038b.jpg

ガス充填後、点検をしてみましたところ、低圧ホースからガス漏れがありました。
緑色に光っている部分がガス漏れ発生箇所。

こういう簡単すぎる時は、トラップに引っかかってしまうことが多いですので、「ここはここ」と切り分けて、念入りに別の場所も点検します。

他に異常は見あたらず、低圧ホースを交換して再点検。
ガス量とガス圧が正常であることを確認して修理終了。


DSCN0160_20170604081820dd0.jpg

その他、パワステフルードがチビチビ漏れるので、Oリングを交換して完了でした。




http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト
[ 2017/06/04 08:19 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

ロボコン

例年通り、ロボコンのご依頼が多く、フル稼働をしております。




DSCN0088_201706010846453be.jpg

DSCN0089_20170601084729e5d.jpg

O様がアウディS6にロボコンでご来店でした。
ロボコンは、ガスを適正量にする他、キャンペーン時はWAKO'S パワーエアコンがおまけでついてきます。
かなりお得ですね。




DSCN0036.jpg

M様のメルセデスベンツE350にロボコンです。


DSCN0035_201706010849365fe.jpg

同時に、少し心配なクランクセンサーの交換も済ませました。




DSCN0187_201706010850193f6.jpg

DSCN0102_20170601085052305.jpg

K様のE36-M3もロボコンです。
ガスはほとんど入っていませんでした。




DSCN0059_20170601085127504.jpg

DSCN0060_20170601085144cf2.jpg

T様のアバルトもロボコンのご依頼です。




DSCN0008_20170601085225273.jpg

S様は、アルピナB3にロボコン。


DSCN0006_201706010852569a9.jpg

追加でInjector Flushのご依頼でした。




DSCN0104_20170601085349cc9.jpg

Y様のE90は車検でお預かり中にロボコン。


DSCN0102_20170601085426557.jpg

Injector Flushとインテーククリーニングもご依頼をいただきました。




DSCN0166_201706010854589aa.jpg

Y様はF82-M4にロボコン。




DSCN0165_2017060108554318a.jpg

同じくY様、X5にもロボコンです。




DSCN0111_20170601085617ddd.jpg

T様はE90にロボコンでした。




DSCN0043_20170601085701cb0.jpg

F様は、スバルレガシーにロボコン。


DSCN0116_201706010857322ed.jpg

その後で、Injector Flushとインテーククリーニングもご依頼頂きました。




DSCN0094_20170601085805963.jpg

M様は、トヨタVOXYにロボコン。




DSCN0114_20170601085843a86.jpg

N様はBMW-320iにロボコンです。




DSCN0056_20170601085926213.jpg

N様は、BMW M3にロボコンのご依頼でした。




DSCN0046_20170601090010923.jpg

N様は、BMW E46にロボコンです。




DSCN0096_2017060109014046d.jpg

DSCN0098_20170601090159149.jpg

N様のBMW F10は、車検と同時にロボコンです。




DSCN0051.jpg

N様のE90もロボコンのご依頼です。




DSCN0047_20170601090310579.jpg

T様はVWポロにロボコンでした。




DSCN0110_20170601090358f4c.jpg

K様はVWティグアンにロボコンです。




DSCN0160_20170601090433bb2.jpg

Y様はBMW E90にロボコン。




DSCN0204_2017060109050693d.jpg

W様のベンツは、12ヶ月点検と同時にロボコンのご依頼でした。




これからロボコンの需要がさらに高まります。
特に土日は混み合いますので、あらかじめ作業のご予約をいただけましたら幸いです。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/06/01 09:06 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW MINI エアコン

DSCN0094.jpg

F様のMINI COOPERが、エアコンが効かなくなって修理入庫でした。
4月上旬に、ロボコンでエアコンガスを適正化しましたが、その後半月くらいでエアコンが再び効かなくなりました。
調べてみましたら、エアコンガスはほとんど入っていない状態で、明らかに大きな漏れが発生しています。
光と音でガス漏れ部位を検知し、急いで修理です。


DSCN0095_201705190826033c4.jpg

室内をバラバラにして修理開始。
実は、一番時間がかかるのが室内分解。
それなりの時間と費用を要します。


DSCN0096.jpg

空調ユニットを取り外さないと修理ができない構造です。


DSCN0097_2017051908280210f.jpg

一番漏れているのはエバポレーター。
ラジエターのような構造の部品です。
左下が湿っているのが、ガス漏れの部分。

右上の部品は、エキスパンションバルブ。
エアコンガスを霧状にします。
配管をあけたときは、ほぼ同時交換部品です。


DSCN0098.jpg

ケースの中にエバポレーターが収まるようになっていて、グリーンの漏れ検知剤がたっぷりと残っています。
ロボコンの作業時に、ガスの充填と同時に検知剤を充填します。
エアコン修理の手助けとなってくれます。


DSCN0099.jpg

交換するエバポレーター。


DSCN0100_2017051908314239e.jpg

そしてエキスパンションバルブ。

組み付け作業は、逆の順序でひたすら内装部品を細かく取り付けていきます。


DSCN0101_20170519083234892.jpg

もうひとつ漏れていたのがコンプレッサー。
右が旧品ですが、シャフト周辺からガスとオイルが漏れて、コンプレッサー全体がベトベトに汚れています。

新品を組み付けてほぼ完了。
と言っても、コンプレッサーの脱着もそこそこ時間が必要です。


DSCN0147_20170519083406fcf.jpg

最後にロボコンで規定量のガスを充填して完成。

キンキンに冷えるエアコンが戻りました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/05/19 08:34 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW M3 エアコン

P1020127.jpg

S様のE30-M3がエアコンが効かずに修理ご入庫。

この年代のクルマは、隙間が多いので不具合を確認しやすいですね。


P1020128.jpg

不具合はエアコンコンプレッサーでした。
圧縮自体は問題ありませんが、マグネットクラッチの不良が確認できました。
マグネットクラッチ単体で供給はあったのですが、それは以前の話し。
どうがんばっても、コンプレッサー丸ごとの交換ということに。

でも、コンプレッサーは一時は供給終了となっていましたが、ラッキーなことにメーカーからリビルトコンプレッサーが少量ですが復活在庫となったそうです。


P1020129.jpg

ただし、形状が少し異なりますので、ステーを新しいコンプレッサーに合わせた物と交換する必要があります。


P1020130.jpg

コンプレッサーの取付が完了し、ロボコンでガスを充填。
実は、E30-M3のガスは12aですが、純正のレトロフィットキットを使用して134aになり、ロボコンの使用が可能となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2016/10/16 08:50 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMW135i エアコン修理

P1020049.jpg

O様のBMW135iがエアコン不調でご入庫。


P1020050.jpg

まずはロボコンを接続して、現在のエアコンガス量をチェックし、ガスを再充填。
再充填時に、UVダイ(漏れ検知剤)を同時に入れて、漏れている場所がわかりやすいように条件を整えます。


P1020056.jpg

一発で出ますな。。。

コンデンサ(高温になったエアコンガスを冷却する装置)からのガス漏れ。
緑色になっている部分からガスが漏れています。


P1020059.jpg

新しくご用意したコンデンサに交換。


P1020062.jpg

P1020063.jpg

ロボコンで規定量のエアコンガスを充填して完了。


エアコンガス漏れは、すぐに漏れている場所が分かる場合がありますが、ほとんどは奥まった部分で発見しにくい事が多くあります。
したがいまして、それなりに時間がかかる作業になる場合があります。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2016/10/16 08:42 ] エアコン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです