FC2ブログ

Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAのメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  > 

車内の空間を浄化[消臭・抗菌・防かび]するWAKO'Sのエアーキャタライザー この際だから、新型コロナウィルス対策にならないか。

10001_20200329171238555.jpg

A様のレンジローバー イヴォークが、車検でご入庫です。
初回車検で、ほとんど手を入れるところはありません。
数点の不具合がありましたが、メーカー保証対応が可能で、弊社で作業は油脂類の定期交換程度。

ご入庫時の問診では、エアコン臭が気になると。
かなり効果が期待できるメニューで、WAKO'Sのエアキャタライザーをお勧めいたしました。
エアキャタライザーは、車内の空間を浄化し、消臭・抗菌・防かび・防汚の効果があります。


10002_20200329171600631.jpg

エアキャタライザーは、このようなセットとなっています。

右の太いスプレー缶は、「空間浄化スプレー」で、車内に噴霧します。
左の細いスプレーは、「フィルター強化スプレー」、エアコンフィルターの両面に噴霧し車内外からの空気を浄化します。
真ん中の「フィルター持続シート」は、エアコンフィルターに挟み込み、空間浄化スプレーとフィルター強化スプレーの効果を持続させるものです。

最初に、車内を綺麗に清掃します。
アクセサリーや電装品などで、取り外せるものは取り除き、ウィンドウと室内を吹き上げます。


10005_20200329172444181.jpg

エアコンフィルターは、必ず交換する必要があります。
左は旧品で、右は新しいエアコンフィルター。


10006_2020032917254062a.jpg

綺麗に見えるエアコンフィルターも、少し使用すると細かい塵などで汚れています。
防汚効果がありますが、汚れているフィルターを使用しても意味がありません。


10007_2020032917283605d.jpg

10008.jpg

フィルター強化スプレーを、エアコンフィルターの両面に満遍なく噴霧します。
フィルター強化スプレーは、主にエアコンフィルターの抗菌と消臭の効果があり、エアキャタライザーの効果を最大限に発揮します。


10009_20200329173016f84.jpg

10010_20200329173044356.jpg

10011_20200329173111da5.jpg

フィルター強化スプレーが乾燥したら、フィルター持続シートをエアコンフィルターに挟み込み、車内に設置します。
ペラッペラのシートですが、スプレーの効果を長期間にわたって持続させます。


10003_2020032917441925f.jpg

エアコンフィルターを戻したら、空間浄化スプレーを室内に噴霧。
噴霧時間は約30分で、その後60分ほど放置して、スプレーを安定させて換気。
全部で2時間くらいのお待ち時間です。

エアコン臭が気になる方にはお勧めです。


それと、WAKO'Sの営業さんがポロッと言っていたのですが、エアキャタライザーは、抗菌・防かび・防汚の効果だけでなく、抗ウィルスの効果もあるそうです。
すでにインフルエンザでは立証されているそうです。
ウィルスは、タンパク質でできていて、エアキャタライザーはタンパク質を分解する効果があるとのことでした。
新型コロナウィルスも、タンパク質でできているみたいですので、効果は期待できるかもしれないですね。
都内の大手タクシー会社がエアキャタライザーを知り、全ての車両に施工するために大人買いをして、現在品薄とのことです。

エアキャタライザーの施工時は、車内の荷物は最小限でお願いいたします。





 http://www.stella-motors.co.jp
スポンサーサイト



[ 2020/03/29 17:55 ] エアコン | TB(0) | CM(0)

BMWのDCTフルード交換です。最近は、フルード漏れからのDCTF交換が増えています。

DSCN1798_20200316151803721.jpg

M様が、BMW M3のDCTフルード交換でご来店でした。


DSCN1799_2020031615190271c.jpg

ATF交換と似ている作業で、DCTフルードを使用してトランスミッション内部の洗浄をします。
内部が綺麗になったところで、オイルパンを取り外してストレーナーの交換。


DSCN1800_20200316152006b51.jpg

ストレーナーを取り外した状態のトランスミッション。
奥の方に、ギアが見えています。


DSCN1803_2020031615212033b.jpg

ストレーナー交換と同時に、オイルパンも交換となります。
オイルパンガスケットが単品供給されていませんので、どうしてもオイルパンごとの交換となってしまいます。
再利用をすると、確実にオイル漏れが発生します。


DSCN1804_202003161522355fb.jpg

左側が旧油で、右側が新油。


DSCN1805.jpg

追加作業で、スパークプラグの交換ご依頼をいただきました。
BMWのスパークプラグは、ほとんどの車両用を在庫しております。


DSCN1806.jpg

左側の新品に対して、右側は旧品。
中心電極が摩耗し、台形になっています。
ギャップが開いて、点火しにくい状態になりつつあります。
この状態が進行すると、イグニッションコイルへの負荷が多くなり、イグニッションコイル故障へとつながることが多くあります。
M3のスパークプラグは、意外と寿命が短く、3万キロ前後で交換が必要な車両が多いです。




DSCN0802_20200316152718e94.jpg

N様のBMW M3が、DCTフルード漏れ修理でご入庫でした。
DCTフルード漏れは、DCTフルード交換作業プラスαで修理ができます。


DSCN0806_20200316152832864.jpg

トランスミッションは、オイルパンが湿った感じになっています。


DSCN0807_202003161529202f0.jpg

トランスミッション下部のオイル漏れに加えて、サイドオイルパンからも漏れ出していました。


DSCN0809_20200316153029c3d.jpg

作業は、DCTフルードを使用してフラッシング。
修理の場合もDCTF交換の場合も、同じ作業内容です。


DSCN0810_20200316153128645.jpg

排出したDCTFは、走行の汚れ方です。


DSCN0817_20200316153226130.jpg

DSCN0818_20200316153300f32.jpg

サイドオイルパンの漏れ修理は、ガスケット交換のみで対応可能です。


DSCN0819_20200316153342ad0.jpg

オイルパンを取り外して。


DSCN0820_20200316153413dfc.jpg

ストレーナーを取り外し。


DSCN0822_20200316153446e25.jpg

オイルパンのマグネットには、鉄粉が山盛りです。


DSCN0824_20200316153530e1c.jpg

オイルパン交換。
左が新品で右が旧品。


DSCN0825_20200316153604997.jpg

ストレーナー交換。
左が旧品で右が新品。


DSCN0829_2020031615365904a.jpg

ストレーナーとオイルパンを取り付け。


DSCN0830_2020031615372751d.jpg

DCTフルード、左が新油で右が旧油。

規定方法でDCTフルードを充填して完了です。
M3は、サイドオイルパンまでの作業を実施して、約3時間の所要時間です。




DSCN1014_20200316154139cfc.jpg

A様のBMW Z4が、DCTフルード漏れ修理でご入庫です。


DSCN1025.jpg

トランスミッション下部が、全体的にオイルで濡れています。


DSCN1027_20200316154332fdd.jpg

オイルパンからの漏れに加えて、サイドオイルパン、あとは上部にあるハーネススリーブのOリング不良による漏れと、ガスケットを使用している部分のほとんどの修理となりました。


DSCN1029.jpg

構造的に無理がある部分ですが、トランスミッションの上部に、通信ハーネスのカプラーがあります。
この部分に、フルード漏れ防止のOリングを使用しています。


DSCN1028_20200316154610bc1.jpg

Oリング。
左が新品で右が旧品です。


DSCN1030.jpg

サイドオイルパンは、ガスケット交換のみで修理対応が可能です。


DSCN1035_20200316154735b5b.jpg

DCTは、トランスミッション左側にも、オイルフィルターがあります。
M3は作業に時間がかかりますが、Z4は比較的早めに交換が可能です。


DSCN1034_20200316154837681.jpg

左が旧品のフィルターで、右が新品です。

フィルター交換後、DCTフルードを規定の方法で充填し、作業完了でした。



DCTフルード交換は、作業後にシフトのレスポンスで違いが出ます。
トランスミッションという機械自体が、オイルに頼って作動していますからね。




http://www.stella-motors.co.jp
[ 2020/03/16 15:50 ] ミッション | TB(0) | CM(0)

ATF交換で、変速ショックが低減することはもちろん、トランスミッションの寿命を延ばすことが重要。

ATF交換のご依頼、メチャクチャ多いです。
効果にご期待をされる方が多く、作業をさせていただくメカニックは、そのご期待にお応えすべく作業に当たらせていただいております。
「やっぱり、ATF交換して正解だった」と言われるのがうれしいですね。




DSCN1530_20200312164515b0d.jpg

K様が、BMW535iのATF交換でご来店されました。


DSCN1532_2020031216461363e.jpg

ほとんどの車両で同じですが、ATFを使用してフラッシングし、ストレーナーを交換して新油を充填。


DSCN1531_2020031217105862f.jpg

見にくいですが、左が新品のストレーナーで右が旧品です。
マグネットには鉄粉が山盛り付着しています。


DSCN1533_20200312171222fe5.jpg

左が排出したATFで、右が新油です。
鉄粉が混入して、黒く変色しています。飽和量ってありますので、ある程度使用したATFは交換した方が良いですね。




DSCN0572_20200312171408539.jpg

M様は、BMW525iで、ATF交換その他で御入庫です。


DSCN0574_202003121811564aa.jpg

オイルパンから、ATF漏れも発生していましたので、修理を兼ねて交換ということです。
ATF漏れを放置すると、トランスミッション不良につながることが非常に多いです。
多少の漏れでも、一気に進行することがありますので、気づいたときに修理をしておけばよろしいかと思います。


DSCN0575_20200312181539098.jpg

ATFを排出したらオイルパンを取り外す。
流れはほとんどの車両で同じです。


DSCN0580_20200312181935040.jpg

あと、BMWのこの形のトランスミッションは、オイルパンを取り外してハーネススリーブの交換をします。
オイルパンを取らないと、スリーブの脱着ができません。


DSCN0582_20200312182033554.jpg

交換するスリーブ。
左が旧品で右が新品。
旧品も対策パーツでしたが、取り外さないと確認ができません。
一度取り外すと、OリングがよれてしまうのでATF漏れの原因となります。
したがいまして、無条件で交換となりますが、こちらはATF交換のセット料金に含まれています。
ほぼ、スリーブ代は無料です。


DSCN0588_20200312182348dd7.jpg

オイルパンにストレーナーが組み込まれていますので、オイルパンまるごとの交換です。
左が新品で右が旧品。


DSCN0589_2020031218244003a.jpg

ATFは左が新油で右が旧油です。


DSCN0595_20200312182518f88.jpg

DSCN0596_20200312182616a46.jpg

こちらがメインの作業だったのですが、冷却ホースの至る所からLLCが漏れていました。
放置すると、劣化したホースからの冷却水漏れが進行し、オーバーヒートのリスクが高まります。


DSCN0597_202003121827329c6.jpg

悪い部分はひととおりの修理。


DSCN0598_2020031218280501c.jpg

最後に、追加ご依頼のロボコンでした。




DSCN1068.jpg

K様は、ポルシェカイエンのATF交換です。


DSCN1069_202003121833187db.jpg

古いATFを排出して、その後フラッシング。


DSCN1070_20200312183358bcf.jpg

オイルパンを取り外してストレーナー交換、ほとんどの車種で同じ流れの作業です。


DSCN1071.jpg

古いストレーナー。


DSCN1072.jpg

マグネットには、大量の鉄粉が付着していました。


DSCN1073.jpg

かなり鉄粉が出ていました。
墨汁状態ですね。
変速ショックが低減し、かなり乗りやすくなりました。




DSCN1980_20200312183702036.jpg

O様は、BMW E90のATF交換です。


DSCN1982.jpg

古いATFを排出し、フラッシングを繰り返して、トランスミッション内部を洗浄します。


DSCN1983.jpg

GM製トランスミッション搭載車両で、オイルパンとストレーナーは別体式です。


DSCN1985.jpg

ストレーナーとオイルパンガスケットの交換です。


DSCN1986_20200312183959b31.jpg

左が旧油で右が新油。
規定量のATFを充填し、テスト走行で異常が無いことを確認。
変速していることがわからないくらい、スルスルになります。




DSCN1723_202003121841149cc.jpg

M様は、BMW X5のATF交換です。


DSCN1728_20200312184200a42.jpg

こちらも、古いATFを排出してフラッシング。
流れは同じです。
クルマが新しくなって作業での違いは、適合するATFが違うことくらいですね。


DSCN1729_20200312184431758.jpg

SUVは、車重のこともあり、トランスミッションにかかる負荷が大きいです。
できれば、定期的にATF交換を実施すると、トランスミッションの寿命が延びるとおもいますよ。


DSCN1730_20200312184555bbb.jpg

古いオイルパン。


DSCN1731_2020031218462342b.jpg

新しいオイルパン。


DSCN1732_2020031218464785f.jpg

規定量のATFを充填して完了です。




DSCN2539_20200312184736063.jpg

K様は、BMW750LiのATF交換でした。


DSCN2542_20200312184817332.jpg

みんな作業は同じで、古いATFを排出して、新油でフラッシング。
コストから考えると、かなり贅沢な作業です。


DSCN2547.jpg

オイルパンを取り外して、ストレーナーを交換。


DSCN2550.jpg

左が新しいストレーナーで、右が古いストレーナー。
色が違うのは、古いストレーナーが鉄粉で汚れているからです。
元々は、同じ色です。


DSCN2546.jpg

汚れているオイルパンは、、、、


DSCN2552_20200312185204fd4.jpg

綺麗に洗浄します。


DSCN2553_20200312185232ff7.jpg

規定量のATFを入れて、テスト走行で正常確認。
完了でした。




DSCN2961.jpg

U様のBMW F20もATF交換です。


DSCN2963.jpg

旧油排出後、フラッシングをしてオイルパンを取り外し。


DSCN2965.jpg

新しいオイルパン(ストレーナー内臓)に交換。
規定量のATF充填で完了です。




DSCN3642.jpg

T様は、BMW F10のATF交換でした。


DSCN3646.jpg

くどいですが、旧油を排出して新油でフラッシング。


DSCN3658.jpg

オイルパンを取り外します。


DSCN3660.jpg

古いストレーナーは、鉄粉をためて真っ黒です。


DSCN3655.jpg

新しいストレーナーは、こういう色です。


DSCN3661.jpg

鉄粉はこんな感じでたまってます。


DSCN3651.jpg

規定量のATFを充填して完了でした。




ATF交換につきまして、随時お受けしております。




http://www.stella-motors.co.jp
[ 2020/03/12 19:00 ] ATF | TB(0) | CM(0)

KW DDC

1007_202002211658233e1.jpg

F様のBMW550i TR(F11)は、足回りのリフレッシュでご入庫でした。
チョイスしたのは、KWのDDCです。
車高調機能の他、減衰力調整機能があり、Iphoneのアプリで走行中も減衰力調整が可能です。
組み付けは、配線と追加ECUがあるので、それなりに時間がかかります。
きっちりと取り付けたいですし。


1001_20200221170110894.jpg

取り付け前の足回りの状態を、BOSCH製のフットワーク診断マシン"SDL"で記録します。


1004_20200221170220bdc.jpg

診断中の様子。
こちらの写真はブレーキテストです。
前輪から順番に、アライメント調整の必要性とサスペンションテスト、ブレーキのテストと続きます。


1005_20200221170330fc9.jpg

診断中の様子。
サスペンションテストです。


1006_20200221170436630.jpg

作業中は、モニターに診断状態が映り、作業の指示が出ます。


1-1.jpg

診断結果は、数値上ではブレーキの数値が悪かったです。


1-2.jpg

前後ブレーキで、若干のジャダーが出ています。
ただし、普通に運転している分には感じないレベルです。
しかし、このグラフを見るのは、ある程度の熟練が必要です。
全てがブレーキに原因がある訳ではありません。
ちなみに、測定時はスタッドレスタイヤを装着しています。
結果の理由は後ほど。
ハブベアリングは摩耗している様子はありません。
ブレーキの効きに関しましても、正常です。


1-3.jpg

サスペンションテストの結果です。
フロントとリア、両方とも、大きな劣化はありませんが、リアのショックアブソーバーはある速度域で機能が落ちています。
足回り交換後のグラフを後ほど出しますが、違いがわかります。
上から2番目のグラフ左右とも、てるてる坊主みたいな形になっているのを覚えておいてください。
下段右側のグラフは、リア足回りの状態です。
緑の線が左側、赤の線が右側。
左右でグラフの曲線に違いが出ていることがわかります。
減衰のバランスで、左右差が出ていると言うことです。


1008_20200221171202a71.jpg

取り付けるKW DDCです。
大変申し訳ありません。
他の写真を紛失して、背景が悪い写真しかありませんでした。


1011_20200221172325a2f.jpg

フロント取り付けの写真。


1012_20200221172358312.jpg

リア取り付けの写真。


1013_20200221172429770.jpg

足回り作業そのものは、特別に大変なものでは無いのですが、四輪の足回りから制御用の配線を取り回し、室内まで引き回すのに時間がかかります。
配線の取り回しで、注意したい部分は配線のねじれ。
たまに他店でDDCを取り付けた車両を拝見しますが、だいたいがねじれて断線しかけています。
断線すると、当然減衰力の操作はできなくなり、また、エラーが入力して車両の出力制限が起きたりすることも考えられます。


1014_20200221172751e2c.jpg

一通りの作業が完了。
車高は、全体のバランスを見ながらプリロードをゼロに近いところでそろえ、コーナーウェイトバランスもベストなところで調整です。


1017_202002211729160e4.jpg
1018_202002211729353f3.jpg

もともとはスタッドレスタイヤ&ホイールを装着していましたが、今年は雪が降らなそうなので夏タイヤに入れ替え。


1019_20200221174611bbb.jpg

そしてアライメント調整。


2-4.jpg

数値をドンピシャで合わせても良いのですが、走行テストを実施して、バランスが良いところで落ち着かせます。


1021_202002211748133df.jpg

仕上がったら、SDLで足回りの状態を診断。


2-1.jpg

これは数字ばっかりなので、理解しにくいと思います。
納車時には、数字とグラフの具体的なご説明をいたします。


2-2.jpg

ブレーキテストの結果。
ジャダーがほとんど消えています。
スタッドレスタイヤが、ブレーキテストに悪影響を及ぼしています。
どういうことかというと、フットワーク診断を実施するときは、まずタイヤの状態が正常であることが条件です。
結局のところは、クルマが路面と接しているのはタイヤだけで、足回りの構成部品はタイヤとボディをつなぐ補助ということになります。


2-3.jpg

てるてる坊主のようだった中段のグラフは、どの速度域でも均等にショックアブソーバーが機能している状態に改善しました。
また、下段右側のグラフの左右差があったものも、ほぼ均等になりました。

取り付けてすぐの状態で診断していますので、1000kmくらい乗ると、もう少しなじんでくるでしょう。


DDC、いいですよ。




http://www.stella-motors.co.jp

BMW MINI エンジン始動ができないときがある。エンジンオイルを毎月入れている。

01.jpg

T様のBMW MINIは、エンジン始動性に問題があり、冷間時にエンジンが始動しにくいそうです。
何度かキーボタンを押して、やっとエンジンがかかる状態です。
また、エンジンオイルの減りが早く、毎月のようにオイルを補充しているとも言っていました。

いろいろな角度から診断していく必要がありそうです。


DSCN1510.jpg

エンジンの始動性につきましては、診断結果は油圧が極端に低く、制御が入って始動できないようです。
油圧が低い原因を探っていくと、オイル量に問題があり、エンジンオイルが1Lくらいしか入っていません。
正常なオイル量は、4.5Lです。
確認のため、規定のオイル量にすると、エンジン始動性は回復しました。

始動しにくいというのは解決です。

では、なんでオイル量が1Lまで減ってしまうのか。
そして、なんで毎月のようにオイルを補充する必要があるのか。
ここらへんが問題ですね。

オイルが減る原因は、
・エンジンオイル漏れ
・エンジンがオイルを燃焼している
のどちらかで、誰かが飲んでいるというのは無いです。

点検をすると、エンジンオイル漏れはありません。
なので、オイルを燃焼しているが原因です。

「燃焼している」にも、いろいろとあります。
よく言われるのはオイル上がりとオイル下がり。
その他は、ブローバイガス過多で燃焼。

やりやすいところから再診断となります。


DSCN1503_2020021718162879b.jpg

吸気マニホールドを外すところが簡単なところ。


DSCN1504_20200217181734c1b.jpg

見たとおりで、エンジンオイルが残っています。
どのクルマも、ある程度はブローバイミストが残りますけど。
ちょっと多いですね。


DSCN1508_202002171819459d2.jpg

各部品を取り外したのと同時に、スモークテストをします。
よけいな空気を吸ったり、エア漏れしてないかなんて言うのを調べます。


DSCN1509.jpg

こういう煙を、密閉した各部に入れていきます。
穴が開いていたり、亀裂があると、そこから煙が出てきます。

スモークテストで、異常はありません。


DSCN1524.jpg

次のテストが、BOSCHのFSAを使用したテスト。
こちらの数値で、オイル下がりが原因と確定しました。
最初からこれをやっていれば早いのですが、考えられる原因は潰しておく必要があります。

オイル下がりの修理は、オイル上がりよりは少しは楽ですが、やや時間がかかります。
オイル下がりの方が、ユーザー様的にもフトコロに優しいです。


DSCN1527_202002171824587f8.jpg

写真のように、エンジンヘッドを分解していきます。


DSCN1532.jpg

このスプリングの分解が難儀します。


DSCN1533_202002171826196d3.jpg

スプリングとカムシャフトを取り外したぞの写真。


DSCN1534_20200217182700ca4.jpg

取り外した部品は、わかりやすく並べているぞの写真。


DSCN1620.jpg

オイル下がりの原因の部品は、奥の方にあって、バルブステムシールといいます。


DSCN1623.jpg


こういう部品です。
左が旧品で右が新品
旧品は穴の大きさが広がって、スカスカのゆるゆるになってます。


DSCN1627.jpg

新しいバルブステムシールを入れたところ。


DSCN1629.jpg

1個じゃないですよ。
このクルマは24個使ってます。


DSCN1628_20200217184240751.jpg

こんな工具を使って組み付けるわけです。


DSCN1632_202002171843132c7.jpg

組み付けには、このような工具も使います。


DSCN1633_20200217184344c32.jpg

こんな工具も使います。

工具が無いとできない作業というわけです。


DSCN1671.jpg

組み付けが終わって、試運転後に完成テスト。
数値がOKになってます。

今回は通常の半額くらいで直りました。。。




http://www.stella-motors.co.jp
[ 2020/02/17 18:45 ] エンジン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです

最新記事