Stella Motors Today's events

埼玉県川口市のStella Motorsです。 BMW M3 M5 ALPINAの販売やメンテナンスのショップです。
Stella Motors Today's events TOP  > 

PPE

DSCN0217_20170715195421136.jpg

K様のVWティグアンにPPEの取付です。


DSCN0216_20170715195512590.jpg

取り付けるのはこちら。


DSCN0218_20170715195545d21.jpg

エンジンルームのセンサーカプラーに割り込ませます。
中にはICが入っていて、エンジンのコンピューターに適宜疑似信号を送り、パワーアップを図るアイテムです。

馬力150psが178psに、トルクは240nmが292nmにアップし、必要なときに必要な力を取り出してくれます。



http://www.stella-motors.co.jp/
スポンサーサイト
[ 2017/07/15 19:59 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW335i CP BILSTEIN B16

DSCN0345.jpg

N様のBMW335iは、BILSTEIN B14の取付でご入庫でした。


DSCN0349.jpg

取り付けるのはこちら。
上がBILSTEIN B14です。
車高調整付きで減衰力調整付き。

セッティングの幅が広がります。


DSCN0351_2017071519314037c.jpg

アッパーマウントはかなりつぶれていました。
左が新品で右が旧品。


DSCN0352_2017071519321843f.jpg

フロントプルストラットプッシュも切れていました。
同時に交換作業を承りました。


DSCN0357.jpg

取付作業後はアライメント測定/調整。

すぐに調整するかというと、そうではありません。
足回りのボルトとナットを緩めて、1~2日ほどクルマを寝かせます。
ブッシュのヒステリシスを取り除いて、締め付けながらアライメント調整。


DSCN0075_2017071519382952b.jpg

その後、SDLでフットワーク診断。


img003_20170715193911de0.jpg

純正ショックアブソーバーの特性がこちら。
左右のバランスは、ほぼそろっていますが、リアのショックアブソーバーの16Hzあたりの落ち込みがイヤですね。
少しお疲れ気味です。


img006_20170715194229c30.jpg

こちらが、BILSTEIN B16に交換後。
減衰力調整ダイヤルは、前後とも中間位置。
フロントに微妙な左右差がありますが、少し運転すればそろうレベル。

リアは、純正装着状態と比較すると、16Hz付近の落ち込みは緩やかです。
路面の情報を適度に車体に伝える粘着率です。

あとは、走るステージに合わせて減衰力調整をすれば、さらに乗りやすいクルマになります。


img007_20170715194703c94.jpg

アライメントの結果はこちら。
左が調整前。
大きく数値が狂っているのは、ブッシュのヒステリシスを取り除く段階で、ブッシュがユルユル状態になったから。
構造がわかる人は納得できると思います。

右が調整後。
ピッタリと基準値に合わせるのではなく、可動範囲で左右バランスを重視して調整。
テスト走行で感触を見て再調整。
で、このような感じです。

足回り交換は、SDLとアライメント測定/調整をあわせて、約4~5日くらいの作業です。




http://www.stella-motors.co.jp/

BMW535i エンジンからカタカタ音

DSCN0263.jpg

T様のBMW535iは、アイドリング中にエンジンルームから「カタカタ」音が出るとのことでした。


DSCN0264.jpg

音源を探ると、ターボのプレッシャーバルブからの音です。


DSCN0281_20170715192055344.jpg

プレッシャーバルブを交換して完了。
特別な不具合はありませんが、どうも気になる音というのはありますね。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/07/15 19:21 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

BMW X6のエンジン

DSCN0175.jpg

O様のBMW X6がご入庫です。

お伺いした内容は、冷却水が減ることと、謎のオイル漏れ。


DSCN0181_20170714083522514.jpg

DSCN0184_2017071408354342e.jpg

謎のオイル漏れはこちら。

左フロントのフェンダーライナーには、ネバネバ系のオイルが大量に付着。
右フロントのフェンダーライナーは、サラサラ系の液体が付着。

車体のレイアウトを考えると、左はパワステフルードで右はウォッシャー液と考えたのですが・・・


DSCN0188_201707140838103f2.jpg

DSCN0189_201707140838318cf.jpg

DSCN0191_20170714083852d55.jpg

DSCN0192_20170714083915028.jpg

DSCN0194_20170714083935cae.jpg

油脂漏れの発生源を探しますが、濡れた跡があるだけで、直接何かが漏れている場所がありません。
何かを踏んだまま走ったのでは無いかと。


DSCN0187_20170714084056597.jpg

冷却水漏れは、ターボの冷却ホースを中心に、様々な場所から吹き出しています。
X6に搭載しているN63エンジンの冷却水漏れはかなりやっかい。
N62エンジンもやっかいですが・・・


DSCN0205_20170714084348c84.jpg

様々な場所にアクセスしますので、最初にミッションを下ろしてしまいます。


DSCN0201_20170714084434c01.jpg

エンジンの後側から、相応のオイル漏れがあります。


DSCN0203_2017071408451772e.jpg

スターターモーターにオイルが注がれています。
寿命が短くなりますね。


DSCN0210_201707140846016dd.jpg

DSCN0211_201707140846224d5.jpg

エンジンを車体から下ろして点検しながら修理。

エンジンを作るよりも、悪いところを探しながら修理する方が手間がかかります。
「なんでこんなに費用がかかるの」と言われますが、細かく部品を洗い出して調達の期間を考えると、1ヶ月くらいはすぐに経過してしまいます。
当然、一台に掛かりきりですね。


DSCN0225.jpg

ターボから排ガスが吹き出しています。
ターボハウジングの破損を疑いましたが、若干の修正でどうにかなりました。


DSCN0234_201707140850406aa.jpg

いろんな所で冷却水が漏れています。


DSCN0237_2017071408511675e.jpg

そして、いろんな所でオイルが漏れています。


DSCN0250_201707140851582d2.jpg

さらに冷却水漏れ。。。


DSCN0270.jpg

エンジンの下からもオイル漏れ。。。


DSCN0244_20170714085417f78.jpg

吸気バルブにはカーボンが溜まっています。


DSCN0253.jpg

カーボンを一気筒ずつ除去。
八気筒あります。


DSCN0273_20170714085536398.jpg

やってるうちにエンジンはこういう状態。


DSCN0279_20170714085619c09.jpg

もうバラバラ。。。


DSCN0276.jpg

DSCN0277_20170714085711868.jpg

エンジン内部がカーボンが何層にも重なって溜まっています。


DSCN0282.jpg

ピストンにも大量のカーボン。


DSCN0289_20170714085835843.jpg

手でクランクを回すと、カーボンがボロボロと崩れて剥がれ落ちます。
古い煉瓦が崩れるような感じ。
確実にエンジンブローしますね。


DSCN0297_2017071408595726b.jpg

DSCN0293.jpg

特殊洗浄液で、エンジンを傷めずにカーボンを除去。


DSCN0299_20170714090150f02.jpg

カーボンを落としたら、あとは順番にエンジンを組み付け。

使用部品は80点近く・・・
内容は割愛させていただきます。


DSCN0351_201707140903307da.jpg

組み付け完了後、エンジンを車体に乗せて、Injector Flushとかビルフラをやって完了。

エンジン完調を確認し、納車となりました。




http://www.stella-motors.co.jp/
[ 2017/07/14 09:05 ] エンジン | TB(0) | CM(0)

AMG CLA45 アライメント測定/調整

DSCN0322_20170714082843a84.jpg

M様のメルセデスベンツAMG CLA45がアライメント調整でご入庫です。
症状は、ステアリングを少し右に切らないとまっすぐ走らない。
ステアリングをセンターの位置にすると、クルマが左に寄っていく。

ベンツをはじめ、欧州車でよくある症状です。
アライメントにも原因がありますが、タイヤとクルマが合っていないとか、微妙な足回りパーツの劣化も考えられます。

今回は、若干のアライメントのズレが原因。
細かく調整をしてテスト走行を繰り返し、納得できるレベルまで改善できました。




http://www.stella-motors.co.jp/
プロフィール

Stella Motors

Author:Stella Motors
こんにちは Stella Motorsです